ドルを支えるのは軍事力と原油だが・・・

ドルを支えているのは強大な軍事力と原油だと理解していたが、今や米軍は中東から引き下がろうとしている。そこにロシアが割って入ろうとしているが、これは何を意味するのだろうか?サウジアラビアを中心とした原油決済通貨のドル固定政策は揺らぎかねない。現在の原油価格の下落といい、それを放置する米国の態度といい不可思議ではある。なぜロシアと中国は金準備を増やしているのか?それは今後の米国の戦略の裏読みからきている可能性も否定できない。まさか原油から再び金回帰の動きを想定しているのだろうか?予断は許さない。
関連記事
スポンサーサイト

トラックバック一覧

コメント一覧

#47299 No title
 南支那海における米中の軍事衝突の可能性はあり、これは朝鮮半島へと波及すると見ている。
 中共にいる日本人は満州の悲劇をわすれてはならない。家族は即刻返すことで、更に中共にあるわが国の資産もなんらためらいもなく放棄することでしょう。いや実質放棄させられる。それが帰っていいことに長い目ではなる。
 そのとき円相場はいかが展開するか、株は?
中共が作った軍事基地はわが国にとって絶対に認められないものだ得ることが軍事常識から見れば当たり前で、それは実力で排除するしか道はない。
 中共の核攻撃恫喝にどれだけわが国が耐えられるか?
#47300 トルコ軍機がロシア軍機を撃墜
トルコ領内でロシアのミグ戦闘機が撃墜されているようですね。南シナ海ではアメリカ海軍の戦艦が中国が領海と主張する珊瑚礁の埋め立て基地12海里内に入る準備にあり、メディアで報道にありますね。一説では米中での軍事衝突が二週間以内にあると流されているようです。
#47301 No title
kenjiさん、マザーアースさん、おhさようございます。

緊迫感が増してきた。局地戦で済めばいいが。
#47303 人民元の動きと基軸通貨ドル
最近のEUや日本の高官発言による人民元国際通貨化び動きと原油決済のドルの価値は低下しつつあると思います。

以前から基軸通貨は鼻糞、英雄的指導者のいないアメリカは価値がないと申し上げてきましたが、最近はその動きが顕著になってきました。

ニクソンショック以降のドル対ゴールドの価値の推移を見てもらえれば分かりますが、概ね数十分の一でしょう。日本の通貨の例を申し上げますと慶長小判が金の含有量は86.8パーセント、万延小判が56.8パーセントです。

そう考えるとアメリカのドルも基軸通貨としての覇権も終わりつつあるのではないでしょうか。とちょっと真面目に書かないと仕事が本当に来ない。ちょっと脳漿を振りしぼってドンドン投稿していきたいです。

#47305 No title
Steinさん、こんばんは。

米国の必死さが伝わってきています。人民元は強引ですね。この調子でSDRに採用されるようだと凄い。
#47309 まあ
そろそろだね
変な話、まともな考えをしているのはプーチンだけだ
国家とって、これから10年50年100年後までも必要なものはなにか?
逆に言うと不要なもの何か?
事実上の紙切れドルに振り回されている米日のバカどもがもうすぐ没落する。
私たちも馬鹿者なんだよ。
何が大事か、もう一度ゆっくり考えよう。
#47311 No title
うーんさん、おはようございます。

不要なものが重要とは難しい世の中ですね。
#47314 管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する