成長経済が終焉を迎える

現代社会は成長経済に終わりを告げようとしているように見える。成長率が低下し、資金需要も減少し、マネーは行き場を失う。まるで資本主義が終末を迎えるかのようだ。いくら量的緩和を行っても資金は投資に向かわず投機に向かう。それが市場を不安定にし、さらに経済を圧迫する。量的緩和には賞味期限があり、やりすぎると効かなくなる。また、時間の経過とともに副作用の恐れが出てくる。タイムアップが近づいているように思う。怖いことだが、何もしないほうが良かったと思える時が来ないことを祈る。
関連記事
スポンサーサイト

トラックバック一覧

コメント一覧

#47190 【まだまだ・・】
資本主義はエンドレス。将来に、命の次に大事なお金を賭ける。
当たれば大金持ち。ハズれれば一文無しで、レバ掛けていれば
ほぼ一生オワリ人生終了しますた、となる。なんてシンプル!

それが複雑怪奇になるのは、政治がカラんで、お仲間のうちで
賭けに手心を加えるから。イカサマともいう。大きな政府になれ
ばなるほど経済が不調になるのもこの為。実際の社会主義国家や
共産主義国家を見れば、イヤっちゅう程証明してくれている。

イカサマの結果は、不良債権として野積みされ、次にココではない
ドコカへ次から次へと「飛ば」されてしまう。実はとうの昔に毀損
した資本が、まだどこかにあるとした前提で経済行為が営われてい
るのが、ある日いきなり「実はね・・無いんだよ、スカンピンよ」
「エエッーーーーー大ーーーーー恐ーーーーー慌ーーーーー!?」

普段イジメ抜かれていようが、コガネムシである意味はココにある。
GOLDはただの黄色い石っコロでも、もう頼れるモノはGOLD様しか
無いようになるのだ。でも、それは一時的なものに過ぎない。
その時が来れば、素早く利確しましょう。

幽霊資本が駆除されれば、資本主義はまた成長を続ける。勉強し
て一流企業に入り定年まであくせく働いても、手取りだと生涯2
億円強が平均的な所得だ。家・子供・車に使うと、一生涯、お金
につっつかれる事になる。「イヤダァー、使用人身分でビンボー
生活なんて!男の夢は何処じゃらホイ!」というアントレプレナー
達は、いつの時代にも少なくないから。

ホンマモンの資本主義に戻すか、手遅れならリセットを早く!



#47192 No title
アホンダラさん、おはようございます。

人生を賭博場にはしたくないものですね。
#47193 No title
量的緩和とは何かはしている当人も理解していないのでは?事は負債への援助、ないし債権のジャンプに過ぎない。債権のジャンプは本業がよければ、やがてはものを言うが、普通は異なる。はじめからすることではないようだがしてもいいときがある。この判断を間違えなければいい。
 山一證券は日銀特融でまあ助かったがその後やっぱりつぶれた、あの特融を大仕掛けでしたのが、量的緩和でしょう。
 いろいろ調べると、この結果は、ああひどいことになるね。そのむかしは高橋是清がしたが、彼はそれを早い時期にやめる必要があると判断していたが殺されてしまった、非情に大きな能力と決断力のある人がするなら、まあできるでしょう。もっと言うと独裁的な力をもった人がいるなら、その経済原則に従ってするならできるでしょう。
 あの時は大きな戦争へと進んで、量的緩和はおわった。もっと日本人はなりふりを捨てて、人道も捨てて、自国を防衛することを考えて、即座にこうどうすることだ。また朝鮮が銭よこしと言ってくる。何故これまで時間が合ったのにその対策を採っておかないのだ、福島の事故と同じになるぞ。韓国は小国で、わが国は問題とするような国ではないと日本が思っているからおおじこになるのだ。東証の仕組みをいろいろ調べたり考えているが、一番は株券がないことです。これが調べ始めると輪からにことが多い。
#47194
量的緩和で生命維持装置の中で生きてきた経済はついに詰んだ感じがしますね。
リーマンショックでとうに終わっていたのに。
資本主義に代わる何かが出てくるとは思えませんが、次の金融危機のあとは今より少しマネーの価値が下がる世界になるかもしれません。ハイパーインフレで通貨は価値を失い、銀行システムはサイバーハッカーたちに壊されて。
人間より人工知能がマネーを稼いでしまう世の中かもしれません。
次のしくみでは、何が大事になるのでしょうね。人工知能が持てないもの、が貴重な資源になっていくのでしょう。
#47195 戦後の堕天使「戦後ドイツ」
今回のフォルクスワーゲンの不正問題も目先の利益を追求したという単純な問題ではなく、戦後ドイツが全てナチスのせいにして、戦後復興と世界におけるドイツの信用を回復しようとしたと言う戦後の責任回避をし続けた歪とも言えなくもない。

利益を得るには安易に不正をする、ドイツの戦後問題もナチスのせいにするという無責任体質がここに来て露呈している。ドイツの第二次世界大戦の大義は第一次世界大戦後ドイツを乞食にまで貶めた「ベルサイユ条約体制」に対する反旗であり、独ソ戦に関しては世界に蔓延しようとしていた共産主義に対する反旗であり、ドイツにはドイツの戦争の大義があった。

それを第二次大戦後にナチスが悪かった、意図的なユダヤ人虐殺と言う冤罪まで被り戦後のドイツを犯罪国家にしてしまった。

ナチスが悪いと言うならナチスに投票したドイツ国民が馬鹿だったという話にならないだろうか?しかし実際には乞食同然の生活から
海外旅行、マイカーまで持てる生活水準までにしたナチスの政策があったからこそドイツ国民はナチスを信頼したのである。ただ単にユダヤ人迫害を唱えていただけなら賢明で我侭なドイツ人はナチスを信頼しなかったであろう。

今回のフォルクスワーゲンの問題は戦後ドイツの問題点を浮き彫りにした出来事である。
#47196 No title
みなさん、こんばんは。

好調だったドイツの失墜には正直驚かされた。勝ち組がなくなりそうですね。そこにきて量的緩和の賞味期限まで切れてきたら大変です。

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する