年内利上げとイエレンは言うが・・・

イエレンは年内に利上げ予定と言っているが、なぜ今回は見送ったのか?利上げするつもりであったのなら、ここでやっておくべきだったと思う。やらなかった理由には中国等の経済情勢もあった。今回、習近平は米国に来ているが、何らかの密約があるやも知れぬ。お互いが納得できる妥協点を取る。ありえないことではない。
関連記事
スポンサーサイト

トラックバック一覧

コメント一覧

#47166 No title
私には「言えれん女史」が口先だけで動いている気がしてなりません
利上げすると言うと、株価が少し上がる気配の時には利上げを口にして
もちろん利上げなんてする気はないので、平素は「そのうちに利上げする」と言う そんな調子です
もちろん彼女は「ダメリカの失業率なんて嘘っぱち」だと知っています
すべて虚構の上に成り立っているのですから、演技するのも大変です
#47167 No title
ガラガラ蛇さん、こんばんは。

今回ははっきりと期限を切っている。最終段階ということなのかね。
#47168 No title
どうせ為替と株価みて調整してるだけですよ。
チャイナカードの中国が持っているので「従うか」「戦うか」「妥協するか」は中国が決めることですね。
おそらく、習近平もアメリカもダラダラやるのは目に見えてるし、それが今は一番ベター。
#47169 No title
イエレン議長の話を普通に理解すれば
利上げはやりたいが……
1.物価の下方修正
2.中国の危機の影響にい景気悪化
要するに景気が良くなって、物価上昇が軌道に乗れば利上げだと。
多くの人はイエレン議長の発言を良心的に考えれば利上げは無理だと………
利上げは絶対にやりたいわけだからFRBが取る政策は
株価と原油を無理やり上昇させるのでは……
ゴジラさん、どう思いますか?

#47170 No title
実情をよく知るから、逆に困る。その実情も彼女の理解できる範囲内でのもので、現代経済についての理解は誰もしていないというのがこの頃kenjiが思うことです。そう誰もね。しかし今の知識では十分理解しており、問題も把握しているから、おそらく寝られない。
 それに尽きる。大失敗をしたイエレンさんでしょうね。
現在問題となっているのは債権でつまりか金利です。
 これに尽きる。金利がなくなるということは何を意味しているか。?
 源氏の資金供給はこれまでの資金供給とは質がまったく異なる。この差を認識しないと合理性が生じず、不合理な混乱が生じる。合理性のある混乱は菜なら問題はない。
 とにかく金利が問題で金利差は為替に影響する。
恐怖に立ち竦んだというのが実情でしょう。あげるべきでした。
#47171 No title
みなさん、おはようございます。

景気がのは原油が安いおかげでもある。株価は落ちると困るが、原油が上がると生活に影響が大きい。難しいところではある。動けないが正しく思える。すでに市場は迷いが出てきており、FRBが動いた時点で大きく振れる可能性が出てきた。利上げするのならやっておくべきだった。

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する