プラザ合意から30年・・・

プラザ合意から早30年が立つ。その当時も為替は不安定であり、米国は双子の赤字に喘いでいた。結局、ドイツと日本は大きく譲歩する形となり、ドル基軸体制を支えることとなった。そこから30年、再び世界の為替システムは混とんとしてきた。多極化の様相が強く人民元が台頭してきた。昔のように5ヵ国のみで話し合うなどと言うことは難しい。私は30年前と同じく大幅な為替調整が必要な時が近づいていると見ている。ひょっとすると米国と中国のみで大幅な調整がなされる可能性があるのではないかとも思える。
関連記事
スポンサーサイト

トラックバック一覧

コメント一覧

#47152 No title
なるほど…。興味深いですね。
しかし、中国は元安の姿勢をはっきり打ち出しているので
日本と違って兵器で脅すのは難しいかと存じます。

意外と中東かロシアかもしれませんよ
#47153 No title
名無しさん、おはようございます。

大きな駆け引きと取引が起こる可能性があるかもしれませんね。
#47154 通貨戦争??
なんだか、ドイツとロシアと中国vsアメリカ で通貨戦争がおきているような。
ロシアのクリミアの件では、原油価格を操作しているような気もしますし、ドイツ関連では、最近はVWの不正もアメリカが摘発してユーロが揺らいでいますね。
もしかして中国の爆発や暴落も?
アメリカは無理にでも金利を上げて新興国をわざと潰すかもAIIBを壊滅して中国の影響を弱めるため?
 
パワーバランスが微妙で何があってもおかしくないですね。



#47155 No title
るりんさん、こんばんは。

気が付けは米国の援護国は日本だけかな。ちょっと恐ろしいですね。

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する