米国がどう動くかだな

どうも株は下がっていくことがはっきりしてきそうな感じですね。中国がきっかけになった形になっているが、もともと下げるための理屈を待っていた。そうなると最も重要度の高い米株にたいしての米国の対応がどうなるのかが最大の関心事になる。今月の利上げはなく、QE4復活の可能性があるのかもしれない。このタイミングで利上げを行うと一瞬で暴落する可能性があるように思う。まさかとは思うが、FRBの動き一つで世界が変わりそうである。無難なのは現状維持でお茶を濁すだが、どういう選択をするだろうかね。
関連記事
スポンサーサイト

トラックバック一覧

コメント一覧

#47080 No title
 これまでのアメリカ勉強ではkenjiはするとみているがいろいろな素人経済知識では無理ではないかと思うが、先を考えると利上げが必要になる。このような時アメリカはどのような行動をするか?連中とにかく、大国で、多少しまったことをしても、回復は可能と見ているから、困ったことですよ。
 現在の金利は国債の消化ができるかが問題に過ぎない。これを考えると中共の経済危機は利上げの方向へと進むから、いがおうでも利上げとなるのでは。
 それと、国際社会は一種の殺し合いだから(これは相手の経済を持ち上げるのは、持ち上げると自国に有利になるというときにするに過ぎない)が、アメリカはここが少し異なる。この説明はちょっと困るがとにかくアメリカという国は少なくとも相手の言うことを聴くがその他の国はきかない。アメリカは必ず結果として条約という行動をする。
 戦争事案としての利上げとなると、これはするでしょう。すでに第三次世界大戦へと突入したkenbjiは判断しているから、この要素から見ると利上げでしょう。
 国内は金の値上がりではカバーしきれない状態が来ると見ている。オリンピック騒動は何かヒントがあるのではとおもって、いろいろ見ている。
 デザインの変更は要するに当初予算を超えることを意味するから、オリンピックに関する予算は工事その他すべて、当初予算を超えるという現象が生じるのではないか?
 これで大地震がきたら、すぐに中止ができるようしておくことですなあ?直前に起きても、中止ができるように腹を決めておくことです。 
 今度はドナルドレーガン号は救助には多分来れない。
知人が金を借りるそうだが銀行は信用のある人には固定金利、ない人には変動金利を勧めるということだそうです。しかし基本的には30年ローンなんて貸し出しではない。要するに金融ではない。これらは政府の金融公庫ですることだが聞けばそれらはないということでしたが本当でしょうか?
貸し出しは個人へは10年が限度でそれ以上は経済行為とはならないというのが、両親の教えでした。
#47081
ゴジラ様皆様おはようございます。今の様なシステムを無理して維持するんですかねぇ?
もう限界を超えてるでしょう(^^;今までの常識とは違う世の中になって行くと思ってるのですが(^^;
#47082 No title
kenjiさん、クロノさん、おはようございます。

今月はボラティリティが大きいまま過ぎていくと思っています。FOMCは重要な局面になりますね。個人的には現状維持で利上げを示唆してお茶を濁すパターンが続くと見ています。大崩れするようならQE再開もあるかも。

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する