fc2ブログ

後戻りは出来るのか?

金本位制の世界では量的緩和は不可能に近かった。金本位制を放棄した理由のひとつは金融政策の自由度が全くなかったところにある。しかし、現状を見るに金融政策の自由度がありすぎるのも問題であることがよくわかる。気が付けば世界中が札束だらけになっている。しかも大半はブタ積み状態で生きたお金ではない。金融工学なるものと金本位制は対局にあるシステムで絶対に相容れない。仮想世界と現実世界の比較になる。人は常に現実に生きるべきであり、仮想空間では生きられない。それが現実である。人は現実を理解して後戻りすることは出来るのだろうか?恐らく出来まいが、どこかでケリをつける必要が出てきたと思っている。
関連記事
スポンサーサイト



トラックバック一覧

コメント一覧

#46945 新札への切り替えが起こるのかk?
( ノ゚Д゚)こんばんは

いかのブログの翻訳記事を
紹介します。

http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/51966258.html

では($・・)))/
#46946 No title
picachu1234さん、こんばんは。

さらっと書いていますが、大変なことですよ。
#46947 No title
( ノ゚Д゚)こんばんは
以下の記事も紹介します。
http://jp.sputniknews.com/business/20150817/757608.html

では($・・)))/
#46948 私が考えている金本位制
バブルの末期(2017年〜2020年)に復活
この時期は株価が暴落したために失ったドルの信任を再度得るために
新紙幣の(100ドル紙幣)の20%をゴールドで補填する 。
(旧紙幣は紙くずに…借金の棒引き…ゴールドが5倍になるまで持ち出されることがない)
新紙幣の発行?(現在100ドル紙幣は発行を何故か停止。再開する時が注意か?)
新しい部分的金本位制は各国のお家事情により10〜30%の割合で金、銀、原油等)と固定されるのでは、通貨制度の変遷の歴史から鑑みて30年サイクル、2030年には統一された世界通貨制度が成立…
各国の通貨がゴールドと直に結びつくので米ドルの覇権は終わる。
しかし、ゴールドの保有量が多いアメリカの優位性は続く。
(アメリカ優位を崩すためにロシア、中国はゴールドを買い続けている。)

アメリカはゴールドが1500ドル或いは2000ドルになった時
20%の部分的金本位制を復活させれば7500ドル〜10000ドルへと上昇。
金が不足している国家はシルバー、原油等で代用………

もし日本が世界の流れに乗り遅れるならば、為替は300円に
日本が保有しているドル資産は棒引きれ、踏み倒される。
⇨⇨⇨このシナリオが実現すれば政府は
日本国債をデフォルトさせ、国民から資産を徴収し日本国の再起をはかる。(預金封鎖、財産税の徴収)国民は苦渋を舐める
私の個人的な予想だが2019年に ……東京オリンピックは中止に。
………このシナリオが実現しないように………
#46949 No title
何かのスイッチが入った・・・上海ショック以来。
何かが水面下で近づいている・・・。

大量のドルを財閥は持っている…。
大量の金貨と銀貨を金持ち達は買い漁っている。
儲けるにはどうすればいいだろうか・・・?
#46950 No title
みなさん、おはようございます。

picachu1234さん、一般に流れるものではありませんね。

mirainimukete2017さん、諸説流れてはいるが、まだ形が見えてきません。

お手並み拝見さん、買って忘れるですよ。
#46951 ドルの減価
お手並み拝見さん

新ドル発行で今までのドルと比較して3割以上の原価となれば、金銀だけでなく、銅や錫を買っても利益が上がるということではないでしょうか?

上記の事が起こるのであれば1万円を握り締めて5円玉、10円玉に変えるのも面白い手段かも知れません。
#46952 冷徹な観点から
さて冷徹な判断で金本位制の維持から金ドル兌換体制への変化を見てみましょう。

アメリカはベトナム戦争の長期化、各国が金地金を求める動きに耐えられず、ニクソンショックに至り、金ドル兌換体制が瓦解した。
その後は石油ドル体制へと移行ししばらくは安定したが、911以降、イラク戦争後は中東の不安定化とアメリカの中東安定が失敗したのを嘲笑うかのように金価格が上昇し一時は1900ドル台に達した。

石油ドル体制という基軸体制を堅持するのであれば中東の安定化が不可欠であり、世界最強の米軍の力で混乱する中東の秩序回復が望まれるが現段階ではそれすらも出来ず逆にイスラム国の台頭と拡大を許す有様である。

金の切れ目は縁の切れ目と世間では言われているが、イラク戦争以降の米ドルも凋落を続けている、それを見てか中国や新興国は金地金を集めている。アメリカが中東での威信を低下させ続ける限りは金地金は堅調ではなかろうか。

もしアメリカが強い強いというのであれば何故、中東で混乱が続くのか?説明していただきたいものである。
#46953 新札への切り替えは無いでしょう
米ドルが近い将来、切り下げられることになるのは確実です
ただ、新ドルを発行する必要はないと思います
為替相場で現在のドル札が暴落するだけです
30%どころか70%の暴落になるでしょう
何せ、ダメリカはドルを天文学的に刷り散らかしています
ドルが暴落していない方が不思議です
基軸通貨の地位が揺らげば、ドル紙幣は紙切れです
このサイトの読者は既に対策を講じていますよね





#46954 No title
 部分金本位制は自己矛盾があるから、意味を成さないと思う。
 国債本位制でもいいがこれは非常なモラルが必要とされる。
 では金属本位制は?これは金現送点という問題が生じる。要するに金貨としてつかうか金として使うかノ分岐点が生じる。
 いずれにしても簡単ではない。必ず矛盾が出てくるものが通貨制度に過ぎない。
 おそらくすべての経済学者はそのように思っているのではと推測している。経済学者などうそつきにお集まりか無知の集団化、妄想信者とkenjiは達観した。
 それにしても日銀は大本営と同じメンタルな人々の集まりですね。瀬島龍三と同じということです。
 政府など信じるな。
#46955
こんばんは。今回のコメント欄は大変参考になる引用が多く勉強になりました。
日本デフォルトや、米国中国が我先に争っている金本位制の導入後の日本への波及前には何か兆候はあるでしょうから、とにかく金を積み立てて保有して、目を常にそらさないことですね。
#46956 No title
みなさん、こんばんは。

部分金本位制は面白いと思うけど、実現の可能性がどれぐらいあるのかわからない。新ドル切り替えの方が簡単かも知れない。さらに簡単なのはドル切り下げ、もしくは金平価切り下げです。しかし、いろんな可能性を推理するのは興味が尽きないね。
#46957 追加
石油の暴落が生じると思うが、その先の世界は?

第三次世界大戦の準備をすることです。安保法制は経済的に無理だという問題ではない。生き残るかノ選択に過ぎない。 最初に戦艦大和を使えばいいものを、大切にしていた。それと同じ精神が蔓延する。恐ろしいことです。
リニアーについて計算したがあれは耐用年数などを考えると黒字になることはない。これもやめて、ほかに使うことでしょう。戦艦大和を作るのではなく、別な方法で国防を考えよということで、物理や数学の未解決問題を考えるようなもので、学校の生徒の試験で通るものではない。
 日本人が本気になって大東亜戦争を考え始めたのは東京大空襲からです、したがって現在、巷間言われている戦争の過酷さや物不足、学徒動員などはそれ以後で、たったの6っ月、まあ戦争を国民全体がしたと思ったほうがいい。ではそれまではどのような人がしていたか?これを考えるといい。
 アメリカは意外と正直なところがある。オバマ大統領が<もはやアメリカは世界の警察官ではない>と述べている。この点日本人は違う。朝鮮人や支那人はもっと違う。
どちらにしてもデフレは進むがそれは国内要因が大きい。それは貯金の食いつぶし、資産食い潰しの世界です。
難しいことではなく、定式化すると
売り上げが減っていくとき、商売をしている人がとることのできる行動はなにか
 これだけです。あとは資金提供の仕組みが問題ですが、それは上記の設問の系にすぎない。
 日銀のできることは系の問題に過ぎない。系の問題から定理を構成することはできない。
 鉄腕アトムで<耳を澄ませ、目を見はれ>ですよ。
#46958 No title
kenjiさん、こんばんは。

原油はこれ以上下げると産油国の造反が起こるでしょう。ドルにとっても大きな問題のはずですけどね。先の見通しがつきににくくなってきます。混沌の時代です。
#46959 No title
新ドル切り替えの話は前にもコメント欄に書いたが
アメリカだけでは意味がない。
アメリカ連合(同盟国)で新基軸通貨(連合通貨)の発行になるだろう。北半球連合国などか。
これならユーロにも勝てるだろう。
TPPのブロック経済圏がその前段階と前は予想した。
しかし肝心の資源(石油)がない。

原油価格が下がってる理由はいくつかあるが
単純に需要がない、というのも一つの理由である。
景気の悪化がそれを狙ってかはわからない。
卵と鶏のどちらが先かという話でもある。

しかしこれだけドルと金を金持ち達が集めてる状況で
果たしてそのまま暴騰させるだろうか・・・?
何ともソワソワ感が抜けない・・・。

刷り過ぎたドルも円も既に回収が始まっている。
増税もその一つだが、株や土地の高騰も一つだ。
またインフレも価値そのものが下がるので価値の回収と言えなくもない。

基軸通貨は石油の代わりに元や円がベックすることで支えてきた。
でも中国は抜けたがっているし、ユーロは露骨に対立している。
サウジが受取を拒否すれば米は沈む…ありえないだろが。

私はドル回収の為に戦争に振ると予想していた。
有事ならば金も回収できるし制限もできる。
金は換金できなければ意味がない。
コインが売れているのはこっそり物々交換に使う為だろう・・・。

しかしもっとやばいものかもしれない・・・若干嫌な予感がするのだ・・・。

>>Steinさん
じつは自分も硬貨の方が金属的価値があることに昔気づいて銅貨(⑩玉)1万枚に変えたことがありますが(銅貨が一番高くて造幣局には実は赤字)、結局、利便性がなくてそのときは保存に困ってやめました。でも今ならやる価値がありますね!

#46961 No title
お手並み拝見さん、おはようございます。

いい勘してるかもね。確かに変な感じがする。

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する