ドルに安心感が広がる

ドルが他通貨に対して強い。資源国通貨が厳しいのはコモディティ安の影響も大きい。米国景気は来週の雇用統計を控えて強気の見方が多い。それに対して新興国経済は今ひとつだ。気が付けば米国一人勝ちの様相が垣間見える。一節にはドルが最も安心感の持てる通貨であるとの見方がある。周りの状況から考えてそう見るのである。この状況をどうやってひっくり返すのかだが、これから何が起こるのか?
関連記事
スポンサーサイト

トラックバック一覧

コメント一覧

#46732
ゴジラ様皆様こんにちはです。
今米ドルが強いのは、EUROと円が、支えてるのでドルが良い様に見えるのでしょうから、もうそろそろお金に洗脳される生き方も変わるのかなぁって思ってます。化石燃料や資源に頼らない生き方が出て来たら、180°変わりますよぉ(^^;後5年は、大変かもですが、きっと今までの生活や価値観が変わってると思ってます。不安もありますけど何とかなるんかなぁって思ってます。今の世の中のシステムはとても貧弱と思ってます。
#46733 No title
金が思ってたより弱すぎる・・・
ドルがここまで強いとは・・・。
#46734 No title
クロノさん、お手並み拝見さん、こんばんは。

クロノさん、一般にはそうは思いませんからね。為替取引は単なる数値された取引でそこには価値もクソない。冷静に考えれば恐ろしい世界だ。

お手並み拝見さん、弱いのではなく、弱く見せられているが正しいのでしょうね。
#46735 強いと言う幻想
流石に夏は暑いですね。頭がボーっとして車の中にいても暑いくらいです。クーラーはそこそこ効いているのですが、日差しの強さはきついです。

さてプロレスと言えば今では流石に八百長だというのは暗黙の了解ですね。その証拠にスポーツのジャンルでニュースや番組でも扱いません。自分が高校生の頃はking os sportsと書かれたTシャツを着て学校に来るくらい「プロレスは真剣勝負である」と信奉するお馬鹿さんもいました。懐かしい思い出です。

うちの父親も小さい頃はプロレスと言えば力道山で夢中になって見ていたそうですが、祖父から「プロレスは八百長だ」と教えられるとプロレス熱は一気に冷めたそうです。

今現在、プロレスを真剣勝負だと思って観戦する人は流石にいないでしょう。歌舞伎や舞台を見て真剣勝負じゃないから金を返せとは言わないですよね!?

しかし、経済の世界が真剣勝負でなく、八百長であるとしたら、金を返せ!状態です。

ドルが国力の興隆を背景に高いとすればそれは健全ですが、しかし
それが虚実に基づくものであるなら許されざる行為です。ドルの強さは国力と言いましたが、アメリカが強ければなぜ中東で混乱が続きアメリカの外交力が低下しているのでしょうか?
なぜニクソンショック以降金価格に対してドルが脆弱なのか?答えられるでしょうか?

自分の見解に対してアメリカが未だなお強いとするなら、中東、金価格という観点からアンチテーゼを出して欲しいです。そして、その意見を見てみたいです。
#46738 No title
Steinさん、こんばんは。

ゴールドのくびきを外れたドルは通貨発行量が大きくなると同時にインフレが進行するようになった。それがドル建て金価格が上昇し始めた原因ですが、本当ならもっと上昇していなければならない。ここまでは上手くコントロール出来ていたのかもしれませんね。ドルはゴールドから分離されて指数化されることによって脆弱性が見えにくくなった。
#46740 No title
朝堂院さんの番組で、東芝の粉飾決算を記事にするなら、アメリカ政府の粉飾決算を記事にしろとベンジャミンさんが言っていますが、それは同感ですね。
#46744 No title
Steinさん、おはようございます。

大ごとになりますよ。

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する