金ドル最後の戦い

ゴールドとドルは逆相関だと言われてきた。ニクソンショックから40年以上が立つ。その間に通貨発行量は激増し、それに相対するように金価格は上昇してきた。常に上昇していたわけではなく、非常に歪な動きだったようにも見える。ここ最近の動きで不可思議だったのはQE3開始と同時に金価格が下げに転換したことだった。そこから金ドル最後の戦いが始まったのだと理解している。それも終盤に差し掛かって来たのではないかと思うようになった。GSは1000ドル割れの可能性があるといえば、今度はMSが800ドルに沈むと言い出した。いよいよ最終局面が近づいていると実感した。さて、どういう世界が見えてくるのだろう?
関連記事
スポンサーサイト

トラックバック一覧

コメント一覧

#46713 No title
まだ嫌な予感がする・・・余裕のにやついた笑みが・・・
#46714 No title
お手並みさん、こんばんは。

まだ来ると思うかね?
#46715 No title
思います。ただ皆下がると思っているので、フェイントをかけて来ると思います。

#46716 【短期では・・】
でかいエクスポージャー抱かえていて、退却したいのにコガネムシ
の意地が邪魔する方は、大日本帝国陸軍を見習って「転進」という
事で一時避難されたらどうでしょうか?

ご存知のように相場は逃げません。将来にいくらでもチャンスは巡
ってきます。ただし、タネ銭あっての話ですから。どう見ても弱気
相場ですし、落ちるナイフ状態に見えて仕方ありません。
#46717 No title
来週はFOMCがある。利上げ観測が金にどう反応するか。
#46718 No title
みなさん、おはようございます。

案外逆に動くこともあり得るのかもね。
#46719 どちらが正義か
欧米ではホロコーストの否認や疑義をすれば犯罪であるという現状ですが、しかるべき勢力からすれば、ゴジラ様も我々もドルを否定しゴールドこそ最強だと主張しているので、ホロコーストでドイツは冤罪であると言っているのと同じなのでしょうし、基軸通貨ドルの価値毀損法案でも作りたいと思っているでしょう。笑

元禄赤穂事件でも主君の仇を討った大石内蔵助は日本では賛美されていますが、そこも冷静に考えて見ましょう。元禄の江戸時代は既に法治国家でした。その秩序を乱して四十七士が義侠などと賛美されている現在ですが、それはイスラム国を義侠と叫ぶに等しい行為ではないでしょうか?

仮に金地金がないのに先物取引で金地金があるように、架空の取引で仮想と現実を混同する事が経済的に倫理的に正義でしょうか?
虚実の世界を現実と混同させる行為は経済界におけるテロ行為ではないでしょうか?
#46720 No title
先物のげんげつごとの値の状態を見ると、何かしら整理が終わったような気がする、値の違いを見ると。
先物相場はあくまで先物つまりヘッジがその機能ですが、そこに投機資金が流入するとその機能が本来の機能とは異なる動きをする。投機資金が抜けたのではないか?
 それなら上昇するはずです。ただ次の資料を見ないと経験則は判断できないが7月14日時点では依然として下がると出ていた。
#46721 No title
自分は寸でで一旦ポジションを閉じましたが、いくら現物の金を持っていてもドル高が続くようでは日本(円)にいてはは意味がない。億単位で手数料無視できるならドルを持つのもありですが。

あと、中国がへなちょこ過ぎた・・・。

敵はまだピンピンしてます。
私は3分の2を覚悟してますが、元のラインまで戻さないとおそらくトレーダーは手放さないでしょう(というか「手放さざるを得なくなる」)。
金持ちはいくらでも(勝負)待てます。
#46722 No title
みなさん、こんばんは。

整理が終わったか。そうならいいんですけどね。ゴールドは未曾有の弱気ですが、突然扱いが変わるのだと思います。

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する