どこで反転が、どこまで下げるに

論点が変わってしまったね。今まではどこで反転するのかと言っていたんだが、知らないうちにどこまで下げるのかに置き換わってしまったね。さすがに少し怖い下げでしたね。香港時間に垂直に落ちているのを見たときは何が起こったんだと思いましたからね。冷静に考えればそれ以外は大して動いていません。メディアも煽るもんだからパニックが助長されて売っている人がいるような感じです。現物は下げても気にする必要はないと思います。問題は金鉱株の方でしょうね。ボラティリティが半端ではないので理性を失いそうなら持っているのもキツイでしょう。金鉱株の場合は金現物ほどの買い手はいないので辛い期間はどうしても長くなる。あとは個人の判断です。
関連記事
スポンサーサイト

トラックバック一覧

コメント一覧

#46695 No title
【7月25日前後まで】

前回の大爆発は金星の逆行(2013/12/22〜2014/1/31)
金星の逆行(7/25〜9/6)が始まる。
前回は金星の逆行中 ずっと上がり続けた。
25日前後まで売られてその後上昇のパターンか……メイン
FOMC終了後までか………サブ
私はFOMC終了後(来週末)は上昇トレンドに入る……と考えています。

#46697 No title
mirainimukete2017さん、おはようございます。

おっ、ポジティブな意見が出てきましたね。
#46699 KR
ここのブログは株価暴落、金暴騰を予想しています。
http://ajmdtgm.publog.jp/
#46700 No title
ゴジラさん、皆さん、いつもお世話になっています。
 さて、今年も半分過ぎましたが、年頭の私の金価格予想は平均$990と最安値でした。ここでギブアップです。
 金価格を抑えこんでくると予想しましたが、大したことはなかったですね。金現物強し!
 金鉱株は全て投げていましたが、そちらは大変ですね。
 引き続き、金銀現物を抱えて、この荒波から資産を守りたいと考えております。
 炎暑の頃、皆様、ご自愛ください。
 
#46701 幻を信じるか、手に取れるものを信じるか
興味の尽きない金地金の投資ですが、1年のスパンで見るか、10年のスパンで見るか、それ以上の長期的視野というスパンで見るかで
全く違ってきますよね。1年で見れば大損かもしれません、10年で見れば大勝利、それ以上のスパンではどうでしょうか?想像に任せるしかないですね。しかし金地金と言う普遍的な価値のある手に取れるものは非常な魅力を感じます。

全く違うような世界の話なようで本質がピタリと同じ事を論じます。

ドイツによるホロコーストはかつてユダヤ人の犠牲者は600万人、酷いものになると1千万人と言われていきました。アウシュヴィッツ記念碑に刻まれた犠牲者の数は400万人とありましたが、それが150万人になりました。権威のある歴史家や教師に犠牲者は600万人と言われれば思わず信じてしまうのは、ある意味無理からぬ事かもしれません。

人間石鹸やカチンの森事件の下手人はドイツとされましたが、冷戦後人間石鹸は嘘、カチンの森事件だってソ連による虐殺事件でした。ドイツは冤罪でした。

ホロコーストに関する科学的研究、ガス室の存在に関して調べると
欧州では逮捕される危険性があります。そういう法律の存在自体が
ドイツの冤罪を恐れている勢力がいる事の証左でしょう。もし、毒ガスによるホロコーストならば、ツィクロンBなど使わずに、効率のいいイペリットやソマンを使うだろと指摘するだけにしておきましょう。

金地金の保管に関してもフォートノックスに各国の地金が保管されている事になっています。アメリカ政府が保証しているからそう信じているに過ぎません。

ETFにしても今の金融システムに関しても実態に伴わない仮想現実を信用する事になっています。

金地金を重視するロス茶、ペトロダラーを重視するロック、ある程度のスパン、数年単位で見た場合、勝者はどちらでしょうかね。

ホロコーストの話も今の金融システムの話の比較したものは、手にとって見えるものではなく、幻を信用してきたという話です。


#46702 No title
 世界経済の変動でしょう。勝ち残るのはアメリカだと私は見ている。極東は支那朝鮮が混乱する。
 石油価格が半値だから、しかも100ドルが50ドルで、10ドルが5ドルではない。この衝撃はこれから更に続く。ことはエネルギー価格の下落ですが、問題はこれが実物経済にも影響するが、金融にも影響する。石油ショック後の下落とは意味合いが違う.
金では飯が食えない。必要なものはエネルギーでその一形態としての食料でしょう。いまだ事態を多くの人々は把握していない。
 現代経済のマネーは金本位制におけるマネーとは異なる。負債性の通貨は経済が成長するときは動くが逆転すると金融現象から崩壊していく。今それがおきている。
 貯蓄は意味を成さない。近在でとうとう土地をただで手に入れた人が出た。少し外れているけれどもね。手続きに25万いったが土地は200坪だったそうです。これと同じ構造の現象が起きる。
#46703 No title
みなさん、こんばんは。

名無しさん、真っ当なご意見です。

名無しCさん、押さえ込みきれていないと見ますか。そうですか。

Steinさん、デリバティブが活発になるとともにお金は数値化、指数化が進み実感の薄いものになってしまった。もう、大半の人は実物への感念は消えつつある。人類はしっぺ返しを受けるのかもしれない。

kenjiさん、私は勝者はいないのではと思っている。
#46704 時間軸、数字、地政学で簡単に見てみると
アメリカは強いか?もし強ければ金価格は35ドルのままであろう?と突っ込ませてください。

そう考えるとアメリカの衰退は歴史的な時間軸で見るとニクソンショックが一つの分水嶺だったのでしょう。

中東への影響力低下、イランの核兵器保有の可能性が強まってきた事を考えると、アメリカが強い、勝者はアメリカであろう論は違うのではと。

アメリカの弱点は水ですね。オガララ帯水帯の水位低下は結構深刻のようです。
#46711 No title
Steinさん、こんばんは。

この議論は好きですよ。米国は強い反面、弱点も大きいので両極端な側面を持っていると思います。紙一重ですね。

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する