FC2ブログ

上海株暴落は・・・

上海株暴落は何が原因だったのだろうか?突然の動きで正確にはわからない。しかし、大量保有株主に半年間の売却禁止措置を取るとは驚いた。要するに株式の大量保有者が上海株バブルの頃合を見てそろそろ潮時だとみなし、またぞろ売却し始めていたということか。それが原因であれよあれよという間に大暴落を演じた。少なくとも当局はそう判断したのだろうか?ちょうど良いガス抜きになったとは思うが、やり方が市場原理導入の方針に疑問を投げかけることとなった。振り出しに戻ったかな?
関連記事
スポンサーサイト



トラックバック一覧

コメント一覧

#46578 嘘の霧が晴れたら見えるものとは?
ドル防衛のための手段としての、上海株暴落だったのか、分からないですね。

金地金の価格操作に関してはここのブログでは、何年にも渡って
議論されてきましたが、金の価格操作に関しては信じる人が増えてきたと思います。

お札の始まりも金地金の預り証が根源ですから、最近の金地金への回帰も原点に立ち返っているという現象でしょうか。

嘘の信用と架空のお金の経済的暴発と炎上も、幌コーストの嘘と根本は同じであると思います。嘘によって富を築く、嘘によって歴史を捏造する。富の捏造ですよね。最近はコール元首相の幌コーストは疑わしい発言も一人のドイツ人の発言と言うよりはドイツ人の本音を代弁していると思います。

科学的に嘘を検証しているレポートです。参考までに嘘を告発する事は科学的であっても、欧州では逮捕される危険があるので、本当の事が言えない状況です。ここのブログでは場外の問題なので議論しませんが、良かったと思ったら。良かったと感想もらえれば幸いです。

http://revisionist.jp/rudolf_01.pdf#search='%E3%83%AB%E3%83%89%E3%83%AB%E3%83%95+%E7%A7%91%E5%AD%A6%E7%9A%84+%E8%80%83%E5%AF%9F'

金価格と嘘に関しては吉田繁治氏のブログの講演とpdfファイルのレジュメが参考になります。

スーさんお元気でしょうか?また近況をお願いします。
#46579 No title
#46580 No title
ギリシャがそろそろ危ないので上海バブルが飛ぶ前に金(ゴールド)にかねを移そうとしたせいでしょう。
上海バブルは前から騒がれてましたし、ギリシャが弾ける前は金が上げてました。

金がうろうろしているのは行き場を失った元がうろうろしているからです。
金の現物に投機資金が流れ込むといくらケイマン諸島やタックスヘイブンに何十京とか100京円の金を隠そうと(金)現物なので無意味ですしね。

全力で資本屋や国際金融資本は抵抗するでしょう。

しかし元はドルに逃げているようなので財務長官の利上げする強気の発言はそのせいでしょう。
完全に足元見られてますね。
ドルと違って一瞬で動かせず金融商品が普及しておらず
保証が怪しい(フランス・ドイツ・イギリス・中東が金の現物を返せと要求したら断った)のがネックです。
#46581 No title
Steinさん、お手並み拝見さん、こんばんは。

Steinさん、確かに上海株暴落はドル防衛のためだという意見は出てますが、証明するのは難しい。だが、この1件で人民元の自由化は遅れる。

お手並み拝見さん、ドルが上げている理由はほかにあるとの見方もあり、なかなか難しい。ドルは強いが問題はある。多くの人がドルの問題を認識するようになると回避が起こる。
#46582 もう一つ追加で
吉田さんのサイト 忘れていました

http://www.cool-knowledge.com/archive/20120309lecture/
#46583
6日働いて1日休む
#46584 No title
今晩はゴジラさん、みなさん、そしてSteinさん。
ご無沙汰しています。いつもゴジラさんのプログ
は、拝見しているのですが、今仕事を変わって忙しいので
なか投稿できなくてすみません。
今のアメリカの近況はお金のある人とない人に差が広がって
来たせいか、金融緩和でお金を持っ人は結構派手な生活していますが
そうでない人はぎりぎりの生活かそれ以下、生活保護の生活に
頼っています。仕事を変わったせいか最近はめっきり
前の裕福な階級の人達と話す機会がないのでどうか分かりませんが
たぶん金銀の現物保持者と一緒で今はイベント勃発までの待機期間
だと思っています。でもいろいろな人と話すと前よりもドル崩壊や
第3次世界大戦に対しての予想に同意する人は確かに前よりも
増えていると思いますが、何せ楽観的なアメリカ人!何とかなるわ!
と思っている人が多いのではないのでしょうか。
私自身はあまりそのようなことばかり話していると頭がおかしいと
思われるのであまり普通の人にはそのような話はしないようにしています〔特に今の仕事場では)。
最近はこの辺でも大麻の需要が物凄く増えて少し気になるのですが
これも政府が国民にあまり考えられないようにする、ひとつの手段では
ないかと思っています。前はもっと厳しかったですから。
私自身も今の世界状況を見て必ずTHE ENDが来ると思っていますがその時期もグローバルエリートの手に掛かっているんでしょうね。
私は、シェルターまでは持っていませんが、食糧、水、アルコール(
ウォッカ1,75リットルを200本)ライフル25丁、拳銃7丁、銃弾6万発と備蓄してイベントに備えていますがFEMAが来たらどうなることやら。アメリカ人のほとんどが何も考えていないからイベントが起こったらパニックになり食糧の奪い合いになると思うのでそれが一番心配ですね。日本を含めていろいろな国でもパニックになるでしょうが、拳銃のもてない国はアメリカに比べればまだ安心だと思います。でもできたら銃器類を使わないいい状態のまま過ごせることを祈っています。やはりこの7月からが経済崩壊のはじまりで本格的イベントは
9月から10月なんでしょうかね?
#46585 No title
みなさん、おはようございます。

スーさん、武器をそんなに備えているところに驚きを感じます。やっぱり米国は世界が違うと実感します。そんなものを使う必要がないことを祈るばかりです。
#46586 No title
スーさん ゴジラ様

いつもお世話になっています。アメリカの状況は日本で想像する以上に悲観的な状況ですね。チャカの準備も万端ですね。白兵戦に備えてスコップでも柄の長いのがあるといいかもしれません。砂利を掬うのに使用したスコップは一撃で首を撥ねる威力があります。相手がナイフでも勝てます。あとは近所知り合い同士で自警団が組織できればいいですね。

日本での対策は1万円札を5円玉、10円玉に変えておくのもいいかもしれません。紙くずの値段と非鉄金属の値段はハイパーインフレの時にどういう値動きをするか、過去の例を見てみると面白いかもしれません。1945年の終戦、第一次世界大戦の勃発時を比較したら面白いです。キーワードは鈴木商店です。
#46589 No title
Steinさん、こんばんは。

いつもながら驚かされるが、1万円札よりも5円玉、10円玉という発想は現代人にはなかなかない。そういう日が来ないことを祈るばかりです。
#46596 アメリカの備蓄は凄いんですね
こんばんは。
ICカードのみでしか買い物ができないということにすると、タンス預金さえも無効にできるという記事を読みました。最後の手段は物々交換ということなんでしょうが、それほど物を備蓄しておくのもなかなか難しいです。
#46598 No title
キングジョーさん、おはようございます。

恐ろしい世の中ですね。来て欲しくないと思うのは私だけではないよね。

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する