推薦図書のご紹介

ドル消滅


「ドル消滅」 国際通貨制度の崩壊は始まっている! ジェームズ・リカーズ著 朝日新聞出版 2700円

物凄いタイトルに目が点になった。目先のドル高と米景気の先行き楽観論に慣らされていると冗談にしか思えない。しかし、世界は米国から離れ始めている。果たしてドルはどこへと向かっているのか?この本は以前推薦図書に上げたジェームズ・リカーズの「通貨戦争」の第2弾です。
関連記事
スポンサーサイト

トラックバック一覧

コメント一覧

#46343 【だんだん意地が悪くなって・・】
このタイミングで、赤日新聞社の舎弟企業から、原タイトルは
「ドル」だけが消滅するように記載されていない、という事から
意地悪く憶測すると、日本のシロート衆のドル売りの煽り本では
ないかと、読んでもいないクセに思ってしまいましたわ。

もちろん、出版社もそれなりに販売が伸びて儲かる公算があって
の出版ですから、マーケティング的には「ドルはそろそろ危ない
ぞ!売らなきゃ」と思っているシロート投資家が多くいて、彼等
が本を買うだろう、と皮算用しているハズです。

それに多くの日本人は、まず「円」の動向が「ドル」より優先
します。米国人はハードカレンシー「ドル」の結末が気にかかる
のでしょうが、ソフトな「円」はまず「ドル」より早く死ぬので、
「円」についてのリアルな結末を日本人の著作で読みたいとも思
います。まだリアルに書くには、情勢に余裕があるみたいなので
後日の迫真の著作を楽しみ?にしておきます。

ところで、この第2弾も推薦図書という事でよろしいですか?


と、言うワケで・・
先週末は、FXで「円」をレバ掛けて多く売りました。おかげで
ムシ暑い梅雨の日々がヒヤッとして過ごしやすく・・なりません。
やっぱり、「円」は活きてるなぁ。週明けにはLC大魔王になる
かも知れないなぁ。
#46344 No title
推薦図書ありがとう御座います、あとで拝読させて頂きます、
ちなみにドルどころか国家がもう限界かと。
ただ金はまだダラダラ上げてくと思います。
何故なら金が上がる時はアメリカが終わる時だからです。
その前に戦争に振る可能性もありますし。
ただ実際は数十年かけて衰退していくんだと思います。
#46345 No title
アホンダラさん、お手並み拝見さん、おはようございます。

アホンダラさん、ちょっと勘ぐりすぎです。もちろん、この本も推薦図書ですよ。

お手並み拝見さん、もしそうなったら本当に大変な時代が来ます。

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する