資金需要がない中での株高

資金需要がない中での株高が続く。ある意味、他に資金の行き場がないことを示している。バブル期に似ているがあの時は特に不動産に流れた。今回は株である。そいつが世界的に起こっている。金融機関が資本主義の中で上手く機能しなくなっている。資金の有効需要がないためお金が集まってきても貸出に向かわない。そのお金が不動産に流れたのが日本のバブルである。米国の不動産バブルでは不動産担保証券に流れていった。すべての始まりはすべて金融機関である。銀行が正常に機能しなくなったことが発端である。現在の株高はいずれ失速する。何時なのかが問題であるが・・・。
関連記事
スポンサーサイト

トラックバック一覧

コメント一覧

#46176
皆様今晩はです。大きな天災と戦争がなければ、当分株高は続くと思ってます。円安の速度が早いので、そっちの方が心配です。大きな転換が近い気もしてます。
#46177 No title
クロノさん、こんばんは。

行くね。何が原因で潰れるのかな。
#46179 吉田繁治説~
郵貯と簡保の金がある間、たぶん年内は株高だがその後はね。
あーあ、年金が吹っ飛ぶな。
株高が当然?なのを演出としているユ ダ金、そうでしょう?
#46180 No title
うーんさん、おはようございます。

出来れば年金はちゃんと貰いたいものです。
#46181 No title
 相場がプログラムで動くから、ちょうど物を自動で生産するような状態だと私は見ている。
 しかもそれを切るスイッチが経済要因ではなく、システムに依存している。
 つまり相関関係はあるが、実物経済(?)と関係ない。
政府マネーを言う人がいるが、今が実際政府マネーです。
 そこで政府のバランスシートを考えると、理解できないことがある。それは国債の返済です。
 経済全体を考えると、利子の発生です。
利子の支払いはできない仕組みが今の経済です。またはそれが資金の集中をもたらす。要するに貧乏国または貧乏人(この定義は難しいが、まあ普通に貧乏人とかんがえればいい)はますます貧乏人になり、金持ちはますます金持ちになる、仕組みの元が利子の存在ですが、全体の経済を見るとこの集中がおき始めると、マネーがなくなると同じ現象が生じると勝てに思っている。
 このことは相場の下落を意味するが今回は相場の閉鎖が生じるのではと思う。
 プログラム売り買いには弱点があるから、個人はその弱点を狙うことです。これはシステムを構築した人であれば、相場のプログラムにおいて具体的に何かはふめいだが、どのようなものかはわかると思う。
 
#46182 No title
ゴジラさん、みなさん、おはようございます。

郵貯株上場までは、株高、円安が継続するのではないでしょうか。

1ドル135円?

#46183 No title
kenjiさん、ポラリスさん、こんばんは。

kenjiさん、利子の発明が現在の現状を導いた張本人ではある。だが、時間は巻き戻せない。

ポラリスさん、もう少し続くと思います。

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する