米GDP改定値

米商務省が発表した2015年第1QのGDP改定値は年率換算で前期比0.7%減となり、速報値の0.2%増から下方修正された。要因は様々だが、個人的にはドル高が響いたと思う。しかし、他国の金融緩和の影響もあり、ドル高が進む。このままではQ2も減速しそうに見えるが、依然として利上げ予想は強い。どうなっているのやら?
関連記事
スポンサーサイト

トラックバック一覧

コメント一覧

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する