FOMC議事録に注目が集まる

FOMC議事録に注目が集まる。Q1の景気減速感は一時的なものなのだろうか?それとも実際に米景気は減速感を伴っているのか?ダウや金価格は予想の好転や悪化で右往左往している。だが、基本路線は株価の動きを見る限り、景気加速を期待したものであろうことが分かる。さて、内容は利上げに近づくのか、それとも遠ざかるのか、相場は揺れている。
関連記事
スポンサーサイト

トラックバック一覧

コメント一覧

#46113 どうなることやら?
◎2015年5月20日 豊島逸夫氏コメント。
http://channel.nikkei.co.jp/businessn/150520kinyu/
#46114 プンプンするぞ!!
( ノ゚Д゚)こんにちは

ジェームス・ターク氏の最新のyoutube
とジム・ウイリー氏の最新のyoutube
が著作権の訴えを理由に削除されていました。

どちらもドルの崩壊が間近に迫っている。
とゆうタイトルでした。

警告します。
注意してください。
金融の崩壊が迫っています。

起きてからでは打てる手は
限られます。

自分の虎の子は銀行から
金銀の現物にして自宅に
隠しもつようにしてください。

では($・・)))/
#46116 No title
moonさん、picachu1234さん、こんばんは。

moonさん、ちょっと今は見れないけど。利上げをする前提で語っているわけですね。ひどくなるとは思うけど。

picachu1234さん、表現がストレートですね。
#46117 もう、そこまで来ている。
2015年5月21日 関東や東北、甲信越の50の信用金庫で、ATMが一時利用できなくなるなどのトラブルが起きました。

はじめまして。僕は、これはトラブルではなく、意図的にやったと見ています。近い将来、そうなるということでしょう。食料の備蓄と、資産の防衛を万全にしておかないと全てを失うことになると思います。
#46121 ”金利上げる、上げる”をご覧いだだきます。
( ノ゚Д゚)ハイ、皆さんこんばんは

今日はあの”金利上げる上げる”を
FOMCでご覧いただきます。
今回はアメリカの消費は期待外れでした。
今回はアメリカの雇用は期待外れでした。
今回はアメリカの経済回復は期待外れでした。

今回は熟慮の末、金利を上げるのは一ヶ月以上は
またなくてはいけないようです。
これはFRBの金利上げる上げる詐欺です。
米国の住宅市場は2008年と同様にバブルです。
米国の株式市場も2008年と同様にバブルです。
そのようなニュースがあるにもかかわらず
金利上げる上げる詐欺のために
米国株式市場は夢の国になっています。
夢の国すごいですヨ。 デズニーランド
が出ずに、FRBがでてくるんですねぇーー。

Good job, FRB! Good job!!!

そして株式、住宅は2008年以上にバブルですが、
本当に怖い( ╬◣ 益◢)y━・~ものは
そこではないんですね、どこなんでしょう?
ニュースには出ない、( ╬◣ 益◢)y━・~
デスよ、怖い怖い、
誰も喋れないんですね、喋るとビルから
パラシュートなしで、降下訓練することに
なりますから、だれもなにも言わないんです。
怖い、怖ーい。
銀行員と金融関係しか知らない怖いこと、
それは米国債バブルとドルバブルで
それにCDSと金利スワップが絡んで
いるんですね。
あのLTCMの数十倍怖いものですね。
LTCMはソビエトを吹き飛ばしました。
もっと大きいですヨ。
本当に怖いんですねェーー。
怖い、(╬゚◥益◤゚) 、(╬゚◥益◤゚) deathねぇーー。
金融関係者は拷問されても喋ってはいけない
ものですね。
怖いですから。

ハイでは次回またお会いしましょう。
さいなら、さいなら、さいなら
#46122 No title
neoさん、picachu1234さん、こんばんは。

neoさん、はじめまして。そんなニュースはこっちでは流れてませんね。おっかない。

picachu1234さん、テンション高いね。近いということなのかな。

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する