先週の金価格

5月    London    NY(COMEX)
4日             1187.80
5日    1197.00    1193.00
6日    1194.25    1191.20
7日    1187.00    1184.20
8日    1186.00    1187.50

*どうも売り仕掛けて崩したいと思っている人がいるような感じがします。上手く下がりきらないというところですかね。金ETFは13トンちょっと減っています。大きく減りましたね。要注意です。

*金ETF残高1058.94トン(5/10現在) exchange-traded gold securities
関連記事
スポンサーサイト

トラックバック一覧

コメント一覧

#46038 No title
 なけなしの知識と経験でいろいろしてきたが、何か大きな重要なことを知らないのではと思うこのごろです。
 普通に生活をしていれば、量的緩和など知ることもない。たとえて言うなら、昭和20年の七月頃のような状態ではないかということで、何かしら金融関係において。ポツダム宣言や、ヤルタ会談のようなものがすでに行われており、その仕組みに従って、今準備をしているということです。それが正しいなら、それらについて何かしらもれてくるものがあるはずだが、カバーする範囲、特に英語が十分でないから、せまい。
 黒田総裁が量的緩和をすると何が起きるかは知らないはずはない。とにかく何かある。
 金が5000ドルになるとか言う話しは面白いが、経済現象としてみるなら、価格が一気に四倍になるということだが、それはおきることではないがおきたときは経済現象ではない。
 先物を売り一つかけたがさていかが展開するか。
長期で見れば、やはりアメリカで、円ドル相場は、円安と思われるがこれとても、現在いろいろ言われている経済理論で説明できるものではないきがする。
 国として(行政府ではない)対外資産が300兆くらいあるというから、仮に円安になると、この資産が膨れ上がるから、一概に円安圧力がかかるとは思われない。国全体としてはだめというわけではないのではと思う。
 とにかくわからんなあ。明日のことなど気にせずに遊べという格言があったが、これがただしいのかなあ。
#46039 No title
kenjiさん、こんばんは。

私の周りでも量的緩和の意味を理解している人はほとんどいない。誰も知らないところでことが動いている。すでに何かが起こっているのかもしれないが、実感することはない。良い発想ですよ。そろそろ実感が伴う頃かもしれませんよ。

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する