FOMC前の神経質なところで

gold20150429_convert_20150429090725.gif

FOMC前の神経質な場面でせり上がってきたのには驚いた。4月の消費者信頼感指数が想像以上に悪くドルもガタガタと崩れた影響か。またFOMCの結果次第で上下するのは居心地が悪すぎる。しかし、利上げは遠のきつつあるように思える。
関連記事
スポンサーサイト

トラックバック一覧

コメント一覧

#45988 金銀そして米ドルの巨大な動き。 グレゴリー・マナリーノ
( ノ゚Д゚)こんにちは
以下のyoububeを意訳しました。
ご覧ください。

https://www.youtube.com/watch?v=GKNN3lrlJJI
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

==警報:金銀価格の転換点そして同様にドルも?==
    決断の時。

グレゴリー・マナリーノです。
2015年4月27日 月曜日です。

今からいくつかの事を言います。
あることに焦点を合わせていきます。
先週金曜日に私のブログ(シーキングアウトインスタ
ブログ)に記載したことで、私たちが巨大きな経済の
うねりを理解していたら、とても大切な事になります。
金銀価格とドル価格に関してですが、
特にここ2,3ヶ月にはいつ大底になるかの話を
重ねて来ました。
そして、いつが集中的な投資時期になるかをです。

より詳しく観測するためには、より過去にさかのぼり
過去の出来事を検証する必要があります。

シーキングアウトブログの中にいくつかの
私たちが見るべきチャートを紹介しています。
あなたがここのyoutubeの聴衆者で投資を
しているなら、そして米ドルに対して悲観的
ならば、必ず見なければならないものです。

==本当にマジで巨大な動きになり、
貴金属は急上昇して、その目撃者 になるでしょう。==
(1:50秒)
読むのに5分もかからないもので、短いものですので
必ず読んでください。
もう一度いいます。ブログを読んで理解して
ください。
このビデオの下にリンクを貼ってあります。

私は繰り返しこのことが起きると言ってきました。
あなたがブログを読んだあとどう思うかすごく
関心があります。

テクニカルアナリストやチャートの専門家で
ある必要はまったくありません。
一つのチャートがありそれと比べるもう一つ
のチャートが下に掲載されています。
それを見比べてもらうだけです。
米ドルと金銀の五年前からのチャートです。
そしていま私たちがどこにあるかがわかります。

それを見ると米ドルと金銀の転換点が
間近に迫っていることが十分分かります。
高い確率で金銀は大底で、米ドルは頂点にある事がです。
つまり転換点です。

その文章の中で、FRBについてのいろいろな金利に
ついての動きに私がいろいろ検証してきた事についても
いっています。
私のブログを見てくれている人はお分かりと
思いますが、FRBは金利をあげられません。
ですので、米ドルは頂点にあると言えます。
これはコモディティに大きな影響を起こします。

株式市場に関しては売りと退避です。
それでも前向きな行動ができます。
この大きなシナリオを前提にです。

その中で私のポジションは
’IWM September 124 puts' です。
(IWMの説明は理解不能)
今は株式の動きを細かく検討(´ε` )です。

アップル社の動きが・・・・がっかりさせる。
(理解不能)
アップル社が良い成績の時は・・・・
(理解不能)
ここでも儲けられます。

このビデオで最重要なことは、経済の激流が
理解出来る人であれば、金銀そして米ドルに
ついてブログを読んで、チャートを見て
もらい米ドルと貴金属との関係を再確認
していただくことです。

そしてコメントしてください。

またお会いしましょう。
#45991 No title
picachu1234さん、こんばんは。

いつもご苦労様です。金銀は底だという認識でいます。ドルには限界があると言ってきましたが、天井ですか。良い話です。

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する