やっぱりもう少し行くね

S&P500とナスダックが最高値を更新した。えっ!ナスダックが?って感じですね。懐かしい響きです。私はITバブル崩壊の時にナスダックでは酷い目に遭っています。ナスダックが高値更新することなんて永遠にないのではとさえ思っていました。これはやっぱりもう一山ありますね。きっかけ(QE)があったら暴発します。しかも世界的に波及する可能性がある。しかし、最後のバブルです。
関連記事
スポンサーサイト

トラックバック一覧

コメント一覧

#45953 私も最後のバブルあると思います。
ゴジラ様、こんにちは。

私も、最後のバブルがあると思います。
きっと、最後の燃焼ですよね。
完全に終わりを迎えるためのブースター的な
バブルになりますね。

ただ、仮に勝ち抜けたとしても、その後の
資産として残せるのか、疑問です。
(というより、本当はその後の世界での、預金通帳の
桁数に意味は無いだろうと思っています。)

開始からピークまでどの位の期間で上げるのでしょうかね?
#45954 Apple一社にささえられているようです。
ナスダックもS&P500も、たぶんDJIもアップル一社に救われているようです。
http://www.zerohedge.com/news/2015-04-24/fate-tech-bubble-hands-just-one-company

#45955 中国の電力消費と貨物輸送最新データです。
#45956 うーん、金保有量公開にどこまで意味があるのか・・・
中国のゴールド保有高公開に興味を持っていましたが、これを読むと全てがナンセンスに思えます。要は言ったものがちということです、納得します。
http://www.zerohedge.com/news/2015-04-24/rehypothecation-gold-and-why-it-matters

#45957 No title
new-farmさん、lineさん、こんばんは。

new-farmさん、最後のバブルは近づいているような気がしています。

lineさん、アップルは成長期のピークは越えたと思う。厳しいかな。この中国の電力データは実情を的確に表してそうですね。金準備に意味があるのかどうかは公表した時にわかるように思います。現在の扱われ方からすると形骸化されるのかもしれないが、中国の意図が違うところにあれば取り扱い方は変わってくるかもしれない。まあ、楽しみにしときましょう。
#45958 シェール・オイル債権が(゚д゚lll)( ╬◣ 益◢)y━・~ マジやば。
( ノ゚Д゚)こんばんは
原油安とアメリカ金融界と経済についての
発言がジム・ウイリー氏からありました。
意訳しました。
ご覧ください。

https://www.youtube.com/watch?v=biNaI-frR8A

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ラジャー氏:原油安についての金融経済情報が
      あるそうですが、教えてください。

ウィリー氏:ええ分かりました。

原油安はオイル・ビジネスの利益を直撃しています。
シェール・オイルの債権は利益が出なくなりました。
原油安はオイル・ビジネスで全く利益を出せなく
なりました。
これらの債権は危険な物になりました。
私は取りあえずなぜ原油安になったかを説明しませんが、
原油安が金融セクターにとってどうゆうものか
説明します。
原油安はおおくの問題を引き起こしています。
2008年以降生産原油の85%はシェール・セクターの
ものです。
目を見張る割合です。
これは原油安が起こると、これらの利益の上がる
商売が消え去る事を意味します。
原油安では利益が維持できません。

この原油安の嵐(ハリケーン)は
エネルギー・サブプライム債権を直撃しました。
つまり、破産を意味します。
これらの債権と破産は相関関係にあります。
サブ・プライム・セクターの直撃です。

小さい会社だけではなく、大きな石油企業も含まれます。
大企業は技術も人もあり、利益のあがるこのビジネスに
あとから参入しました。

9~10種類のサブプライム・オイル・ローンがデフォルト
します。
これら債権の他に商業貸付もデフォルトするでしょう。
商業貸付は主に大型銀行で行われています。
これら貸付にはガイド・ラインがあって、
原油価格がある価格を下回るとそのローンは
デフォルトします。
このような金融の状況下のなかにはいくつかの
ヘッジ・ファンドも含まれています。

次に起こるのは破産の続出とこれらローンの
デフォルトです。
そして商業貸付の焦げ付きです。

”シェールオイル債権と商業貸付の破綻の
巨大ハリケーンがあります。”

このことについては私(ジム)は去年12月と
今年1月に話ましたが、いまは4月です。
私は石油業界については詳しくはありませんが
私の読者に詳しい人がいまして、
連絡を頂きました。

石油業界では4月からが大切な季節で冬が終わり
春になると、銀行は一つ一つの案件を見直す季節に
なるのです。
4,5,6,月は個々の企業を閉めるか、どうするか
決める季節になるそうです。
この状況だと、企業が小さければ当然破産と
ゆうことになるでしょう。
これから何百とゆう企業が消えてなくなります。
<ここまで 5:40秒 >>

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

原油安でのシェールオイルプロジェクトの破綻。
住宅バブルの崩壊、これは今年中にアメリカ経済を
直撃します。
そしてドル高により、海外の資金はNY株へは流れません。
アメリカ市民の25%以上がフードスタンプ受給者です。

では($・・)))/

#45960 No title
picachu1234さん、こんばんは。

これもQEが必要になる要因の一つになりそうですね。

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する