なぜ1200ドルにまとわりつくのか?

押していたゴールドも気が付けばまた1200ドル近辺でうろついていますね。やっぱり1200ドルには意味があるのかな?と思ってしまいます。個人的には下げる理由もなければ戻してくる理由も希薄だったように思います。経済指標や通貨の動きに翻弄されながらも最後は自分の立ち位置に帰るといったところでしょうか。最近の中国系金鉱株の動きを見ていると金価格は底打ちしているという感じを受けます。早期に目覚めることを願ってやみません。
関連記事
スポンサーサイト

トラックバック一覧

コメント一覧

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する