ユーロはどこまで落ちるか?

ドタバタ騒ぎのユーロはどこまで落ちるのだろうか?意外とドイツは喜んでいるのだろうか?しかし、このままでは収まるまい。先送り続きのギリシャ問題もやがては決断の時が来る。今のところ永遠に来ないかのように思えるが、その日はやってくる。だが、現状のふらついた状況が心地よいと考える輩は多いようである。はっきりと落としどころを決めないと危ない気がしてきた。
関連記事
スポンサーサイト

トラックバック一覧

コメント一覧

#45631 でドイツはいつ離脱するか? deathが・・・・。
( ノ゚Д゚)こんにちは

ユーロですか?

もちろんユーロも通貨戦争(通貨安戦争)を
しています。
困った事に、ECBとドイツは考えが全く逆です。
ECBは通貨を大量に発行したいのですが、
ドイツが反対しています。反対の理由は
ドイツでは通貨の大量発行は法律違反です。
そして、通貨発行では同時に国債を発行しなければ
ならずその負債は当然ドイツに降りかかる
からです。
前回の金融緩和でもするなとドイツがいっている
のにECBが無理やり発行しました。 ドイツは
かんかんに怒っています。

”なんでダメだって言っているのにお前やったのヨ”
状況だそうです。(ジム・ウイリー氏曰く)
そしてECB総裁は選挙で選ばれてはいないようです。
ヽ〔゚Д゚〕丿スゴイ権力はあります。
ドラギ総裁はゴールドマン出身なので
FRBやウォール街とつながりが強いのです。

ある時点でドイツがECBと袂を分かつのだそうです。
(ジム・ウイリー氏曰く)
ですので今回金融緩和を実行すればドイツは
ユーロを離脱しますが、時期はいつかです。
ドイツと行動を共にするのがオランダと
オーストリアだそうです。
つまり三国はブリックスにつくとゆうことです。
ブリックスは色々な立場の国が参加していて
思わくもいろいろですので、当然ドルのような
仕組みではありません。
貿易はバーター取引の様相です。
ですので色々な国に平等で、なをかつバーター
取引に近いやり取りとなると金または銀
本位制以外ありえない、とゆう結論に
いたります。

ECBが空中分解すればその影響は当然ドルに
及ぶと思われます。

ドルが崩壊するのは彼の中では決まっていて
それは疑っていない、関心はいつ起きるか
だそうです。

では($・・)))/
#45632 No title
picachu1234さん、おはようございます。

現状からは想像しがたいことです。一般にはそういう情報は流れませんしね。
#45633 管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する