ドル高の限界は?

どうも見渡すと利上げ目前のドルに対して対抗できる通貨が見当たらない。このままでは際限なくドルが上昇していくイメージが湧いてくる。だが、限界はある。とういうか米国経済が成り立たなくなるレベルの前で止まるはずだが、誰も騒ぎ出す人がいないのはなぜか?そろそろドル高は止まると思うんだがね。不思議なのは少し前だがドルにペッグされている香港は米国のQE実施時に住宅価格高騰やインフレに悩まされていた。人民元も同様だが中国国内も酷いことになっていた。中国や香港はインフレの制御に苦慮していた。資金流入等によりバブル化していたわけだが、ドルもそろそろ問題が生じてくるのではないか。逆流も怖いんだが・・・。
関連記事
スポンサーサイト

トラックバック一覧

コメント一覧

#45575 No title
 わからんけど、先物を見ていると経験上、下がる可能性が大となった。今週くらいに、指標がもう少し変わればありうると思う。
 国内は原発とそれにまつわるものと国債金利とそれにまつわるものが、一番の問題でしょう。
 原発は、漁業補償をたぶんもらっておりながら、またぞろ色々言い出すことがおきな問題でしょうね。外国から見ればどうでもいいことです。それは。
 町内の役をもらって、色々してきたが、これだけ大きな問題をそれぞれに抱えているとはおもいもよらなかった。役所との交渉もしたが、その能力のなさというか、仕組みの不合理いうか、無気力というか驚くべきものがあった。三分の二は遊んでいる。これだけの人の無駄をしていては持つわけがない。
 孤独死があった。それは民生委員が見つけたわけだが、民生委員も法的には権限が実質ない役だと思った。
 孤独死した人はその内実を見ると餓死だが、私以外は餓死というものを知らないと思った。ただ食べ物を食べられなくなって死ぬのが餓死ではない。
 株は下がると見ていたが別の要因で上昇すると判断を変えた、もちろん金も上昇するが、それは世界的な変動とセットで、現状の状態で金だけがあがるということはなく、その世界的変動は第二次世界大戦の結果の変更を意味する。ひとつはわが国の核武装。もうひとつは。貿易構造の変革で具体的にはTPPです。それと国連の敵国条項、国連はドイツ。日本を敵国とするという条項で、戦後の学校教育というよりわが国の教育と外務省の欺瞞性を如実に表していることの国内的な変革しょう。血と銭の負担を要求するものですね。
#45576 kenjiさんへ
だいぶ以前褒めていただいたことがあるので(?)返礼です。

地方行政はどこももたないと思います。

さてそれだけですむのか?というのが現状の悩みです。
外交については複雑すぎてよくわかりません。
#45577 No title
kenjiさん、いしさん、こんばんは。

先行きが暗くとも明るく生きたいものです。なんとかなると思いたい。

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する