暑さも喉元過ぎれば・・・

株が持ち直してきてますね。暑さも喉元過ぎればなんとかとは言うが、世の中の都合の悪いものはすべて大丈夫と言うことなのかな。ギリシャにしてもウクライナにしても問題解決はまだ先の話だ。日本は今年が正念場だろう。為替による増益ではなく実質的な景気回復が必要である。もし上手くいかなければ日本は沈む。米国だけが良さげに映るが、実は表裏一体。量的緩和の力で数字だけは合わせてきたが、実態が伴っていない。米国もまた金利正常化を前にして重大な局面を迎えるのである。今年はすんなりとは終わらない予感がしてきた。
関連記事
スポンサーサイト

トラックバック一覧

コメント一覧

#45542 黒田総裁のオフレコ発言
さきほどの報道ステーションで聞きました。最近の経済財政諮問委員会で黒田総裁がオフレコですがと前置きして、日本国債は(将来)リスキーである、現在はBIS規制等で内国際(自国通貨発行国債)はリスク0と評価しているが、この考え方が変わる可能性がある、もしそうなれば国内の銀行も国債保有高を減らすし、海外金融機関も日本国債を手放すだろう、財政健全化がとても重要、と言ったそうです。(内容は私の記憶なので正確性に欠けます。)。議事録には載っていないということでした。
#45543 【株高まだまだ続くかもよ】
日本株の大株主はGRIFとBOJになってて、今後も政府の経済絶
好調!と、アホ国民をダマすプロパガンダの材料に使われるで
しょう。もう、株高しかアベノミクスを正当化できなくなった。

もちろん、実体経済を表した株価ではないんだけど、未来の
税金をバラまく訳だから、キャッシュとそのレバ掛けた信用
マネーは、イマイチの実体経済(設備投資など)に向かう訳も
なく、賭場の資産(株・不動産など)購入へ向かう。

本屋さんでよく「株雑誌」を観察しています。雑誌の内容で
はなくて、表紙に踊る記事のヘッドラインと書店での取り扱
かわれ方を見るのです。まだまだバブルの熱狂は感じられな
いです。やたらと株主優待がもてはやされているだけです。
書店でも、大きなスペースを取っていることもありません。

バブルも加熱すると、レジ横にまで「日経4万円を超えて」
とか「退職金が2倍になった」とかの表紙の雑誌が並べら
れるのですが・・まだまだ、静かです。

で、新年明けくらいから日本株もボチボチ買い足しています。
本当は早くGOLD関連を全力ピラミッティングしたいのに~
(私のピラミッドは、チキンゆえに超鋭角で倒れそうですが)
#45544 No title
lineさん、アホンダラさん、おはようございます。

lineさん、BIS規制は地盤沈下を引き起こす。それは日本だけではないが、何を考えているのやら。

アホンダラさん、雰囲気的には株高は続くね。はしごがいつ外されてもいいようにしておく必要はあるが。
#45545 No title
日銀のお歴々も終われば<実はねえー>というに決まっているとkenjiは判断している。ただその昔佐々木日銀総裁が<変動相場制とはどのようなものか知らなかった>とテレビで言ったとわが気父親がはなしたが、少しわからないことがある。
 大東亜戦争で、ガダルカナルやニューギニア戦を指導した大本営の参謀たちと同じ可能性は大いにある。当時と異なることは貿易が開いており、それに従事する人々が情報をとり、それにもとづき行動しているから、当時と異なり日本軍ならぬわが国経済は持っているのではと推測する。
 わが町内でも、引き取り手がない、孤独死が生じた。民生委員と一度たずねたが、そのとき聞いた、状況は、それなりのものがあったが、手の施しようがなかった。ただ金があれば多少は何とかなりそうだととおもったが、考えると金があってもたぶんどうにもならかったでしょう。もっともそれは庶民が持つ金程度のかねだが。誰も同情はしなかった。それなりのものがあったからでしょう。
 やっぱり売りだったと後悔し切りだが、すぐに逃げて、昨晩底だとおもって、買いをした。どうにも相場が、あたる外れるにかかわらず、よめない。経済指標で読むのはなく、プログラム売買いの仕組みのことだが。組み合わせがおおく、それぞれに判断が難しいが少し特徴があることはわかったが、さらに知るには負ける必要があるが、しかしというところです。
 海外派兵を法律で認めても、国民的支持がないとそれは無理です。
武力を行使して(これは必要なときがあるがそれの判断は別)国益を守ることが可能かどうか、という視点を国民が持たないと無理です。世界情勢はわが国中心に動いているのではないから、この要素がわが国を引きづるでしょう。
 明治以降わが国の戦争はわが国が戦端をひらいたから、戦争はわが国が始めるという、奇妙な大国意識がある。アメリカが衰退するということは、戦争を亜米利加画はいじめるということはないということを意味すると思うが如何。
 ホルムズ海峡などわが国では軍事防衛はできない。
結局は韓国防衛に金と人を使うことにナリ、一銭のとくにならないが、明治の初めと同じ問題にわが国は直面したわけである。
 それが大東亜戦争への導火線だったが日本人はそれを知っているのかなあ。
#45549 No title
kenjiさん、こんばんは。

読めない。確かによく外れる。動きがデタラメになってきている。目先は捨てることですね。

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する