量的緩和で原油が下がる不思議

世界的に流行中のQEだが、インフレ目標にはなかなか届かない。ひたすらブタ積みが増えるばかりで一向にお金が世に出てこない国もある。世界的に金利は低下傾向にあり、人工的に金利は中央銀行によってコントロールされる時代となってしまった。何かがおかしい。そう思っていたら原油は恐ろしいスピードで下がってくるし、銅も同様だがちょっと心配になってくるレベルにいる。景気は本当に良くなる見通しが立っていると言えるのか?今年は量的緩和の限界がはっきりする年になるような気がしてきた。
関連記事
スポンサーサイト

トラックバック一覧

コメント一覧

#45294 銅鉱山、石炭株
私も判断に迷うところなんですが、COPX、KOLは底を過ぎたのでしょうか?うーん、悩みます。
炭鉱株<br>
<img alt="" src="http://chart.finance.yahoo.com/z?s=KOL&t=1y&q=c&l=on&z=l&p=v&a=m26-12-9&lang=en-US&region=US" style="width:100%"><br>
銅鉱山<br>
<img alt="" src="http://chart.finance.yahoo.com/z?s=COPX&t=1y&q=c&l=on&z=l&p=v&a=m26-12-9&lang=en-US&region=US" style="width:100%"><br>
どう思います?
#45295
皆様今晩はです。量的緩和=デフレにしないと駄目な理由があると思ってます。原油は危機が来るまで、下値のをウロチョロすると思ってます。もしインフレを確認出来ると量的緩和しなくても良いので、原油を下げて量的緩和をする理由を作ってるとしたら、どうなんでしょう?間違ってたら、ご免なさいです。ですので、量的緩和の限界までは、原油は安値ウロチョロしていくと思ってます。反対に危機を感じて金銀にシフトをして来たと思ってます。まだ確信がないですけど(^^;何処の国が引き金を引くんでしょうねぇ(^^;
#45296 景気は悪くなるばかり
今晩は。
景気が良くなる見通しは無いと考えて行動しないと、いよいよ痛い目にあいそうですね。
私事になりますが、野菜の売れ行きにもハッキリ見て取れるようになりました。昨年11月から農協直前所の来客数が前年同月比15%ダウンが続いてますし、周辺のスーパーもほぼ同様にダウンしてます。客単価も落ちてます。
今年の生産計画を再検討していますが、頭を悩ませています。私だけではなく、専業農家なら誰しも。
日銀が数回にわたり量的緩和策を実施し続けてもこの景況であれば、そしてゴジラさんが指摘する緩和策の限界点が見えてくる年となるのなら、最良な方法は見つけられないにしろ、何がしかの手を打ち努力する生産者でありたいと思う次第です。
私事ですけど。
#45299 No title
みなさん、こんばんは。

lineの倍さん、資源株は資産価値から考えると極めて割安になっているだろうと思いますが、そこかどうかの判断は難しい。十分割安ではあると思うが。

クロノさん、悪くない読みだと思いますよ。正しいかどうかはもう少ししないとわからないかもしれませんが。

農民ですさん、景気は想像以上に厳しい気がします。世界的にも。なかなか助け舟は出そうもないですね。
#45303 No title
 経済の基幹が1929年は株だったでしょう、石炭から石油への転換点でした。思うに現代は石油が基幹です。この暴落は株の暴落と同じ意味合いを持つのではないか?
 石油に依存するものがさがるわけだが、バランスシート上に資産勘定としてあるほうは打撃を受ける。わが国の石油備蓄は180日だがこの経済はどのようになっているか、色々調べたが、わからない。これまでは相当利益が出たはずだが、今回の下落はどのようなだろうか。
 個人的にはリセットが近いと見ているが、どのような形になるかわからない。
 これで円安政策を採っていなかったら、ガソリンは120円くらいのはずで、何か大きな魚をにがしたなあとおもうのはまちがいだろうか。日銀は国債引き受けをしている。
 もうひとつ思うことはこれだけ過剰消費でみなが飯を食っている。これが収縮するから、それを家庭内で一度してみると、空恐ろしいと思う。
 第三次世界大戦と思うことですよ。敵が明快でなく、降伏相手もいない戦争、それでいて当該国は内部崩壊して暴力が支配する国になる。曽野次の世界は必ず来るから、それを想像することです。
 わが国は北朝鮮と異なり経済だけで持っている国だから崩壊し始めるとたぶん北朝鮮より早いでしょう。
 この十月公務員共済と厚生年金が合併するという、共済はすでに破綻しているから、給付額を下げて合併なら経済的に理屈にかなっているが、違うようです。命取りになることは見えている。
 どのように調べても年金の出所がない。これがいずれ表に出るがそのときは近い。
 
#45304 石油
資源関係の仕事をしている関係上、いろんな方のご意見をお聞きします。問題は需給だと思います。石油の供給量に対し需要が少ない。中東の地政学的リスクを考えると石油価格は暴騰していてもおかしくないですが、それほど世界景気が冷え込んでいるということではないでしょうか。その点、金は通貨ですのでもちろん違った展開になります。
#45309 No title
kenjiさん、makiさん、こんばんは。

私も世界景気は想像以上に冷え込んでいるのではないかと思っています。そうなると米国の見た目の景気動向もやがて変調をきたすことになる。てことは次は株が危ないということか。
#45310 No title
makiさん はじめまして

需給ですか。例えばですが中東や大規模な戦争に発展した場合は何十万、何百万という兵力を使用した戦争になるでしょうから、その場合の需給のシュミレーションはされたことはありますか?

例えば1個師団を動かす場合の物資量、輸送量と輸送に伴う燃料消費量など。
#45313 No title
皆様こんにちは。久しぶりの投稿になります。
原油価格に関しては、いろんな説が飛び交ってますがやはり景気後代、シェールを含む世界的な増産によるたぶつきによる需給ギャップは大きいのでしょう。
他方、イスラム国は石油の闇取引で資金を得ていた訳ですから、今回の下落は彼らにとっては痛手でしょう。その関係から、今回の下落はサウジがイスラム国に対する思惑もあったのではという意見もあるようです。(佐藤優氏・・どうかな?)
農民ですさん初めまして。
野菜の直売所の売れ行きが悪いのですか・・
スーパーにも生産者直の商品が増えていて、てっきり直売関係はいいとばかり思っていました。食料品は全体の売れ行きを俯瞰しないといけませんが、米の直売は米価下落によっていっきに増えた感がありますよ。
#45315 No title
momoさん、こんばんは。

お米は安くなっている感じがしてます。野菜はそうでもないんですけどね。直売所の売れ行きが悪いとはどういうことかな。
#45320 No title
今後、サウジをはじめとする湾岸諸国の王政が危なくなってきます。それとゴジラさんのいわれる戦争。個人的には石油は暴騰するときがくると感じています。
#45326 No title
makiさん、こんばんは。

すべて世の中は紙一重のなかでバランスされているようですね。一つ間違えるとそういうことになりそうです。

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する