スイスフランショックはゴールドの呪縛を解いたか

スイスフランショックは大きな衝撃ととなって伝わった。中央銀行に対する信認は低下し、また量的緩和の影響力の大きさと問題点を顕にした。今回のショックは再び投資家の目をゴールドへ向かせるきっかけになったか?先物市場で空売りをされるゴールドを解放する力があるのだろうか?今週の動きは重要となった。1300ドルはクリアしなければまだまだ停滞するな。との見方となってしまうだろう。
関連記事
スポンサーサイト

トラックバック一覧

コメント一覧

#45235
皆様今晩はです。あと3日ですねぇ?ECBが量的緩和発表した後どこかの国が追撃をするかですねぇ(^^;このまま行ったら、銀行や生保が運用出来なくなるかなぁ?お金を運用出来ない事態ですかねぇ?金は、どう動くか微妙ですねぇ(^^;日銀もどう出るんでしょうねぇ?
#45236 管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
#45237 No title
クロノさん、○○さん、こんばんは。

クロノさん、周辺国にとってはきつそうですね。量的緩和が実行されれば何らかの副作用はありそう。

○○さん、昨日は中国もふらふらしてましたが、かなりナイーブになっています。どこもそうなんですが。

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する