まだ確信はできないが・・・

gold_convert_20150110092703.gif

するするとゴールドは上昇してきた。なぜだろう?米雇用統計はもう一つすっきりしたものではない。この状態はいつまで続くのか。雇用統計は一般には好感されてはいるが、逆の見方も存在する。ゴールドの反応は賃金の予想外の低下による利上げの後退を示唆しているようだ。つまり米国企業は賃金カットによる利益増により好決算を手に入れているに過ぎず、やがて息切れが見えてくることを連想させる。失業率の低下もパート社員増によるものであれば購買力は低いと言わざるを得ない。やがて転げ落ちる日が来るのだろうか?
関連記事
スポンサーサイト

トラックバック一覧

コメント一覧

#45073
皆様こんにちはです。最近流れは、変わった感じがしますが?問題はアメリカの利上げなんですよねぇ(^^;個人的には、利上げは、出来ないと見てます。日銀は、大規模な緩和をすると思ってます。その副作用は凄いと思ってます。ゴジラさんが、言われる様な秘策が、あるかもですが?それが徳政令なのか世界通貨なのか自分には、わかりませんけど(^^;それまで、金銀は上がると思ってますよ(^^;
#45074 管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
#45075 No title
クロノさん、○○さん、こんばんは。

クロノさん、やっぱり明確に突き抜けないと確信できませんよね。通常の選択肢では現状は打破できないと見てますので何をやらかすのかが気になります。

○○さん、まだ常識的な判断で良いレベルだと思います。そうでなくなったら怖いが・・・。
#45076 承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
#45090
ゴールドは、他の要因と連動しなくなって来てますね。

本来の、孤高の存在に戻ると思ってます。

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する