米景気に陰り?

米景気は順調に回復しているという前提ですべては進んでいる。QE停止しかり、ダウ上昇もしかり、ドル高もしかりである。そのシナリオが崩れる時、すべてが逆回転を始める。今、やっておくべきことは何なのか?裏で動いている奴はいないのだろうか?その動きは察知できるか?メッキが剥がれる時はいずれやって来る。
関連記事
スポンサーサイト

トラックバック一覧

コメント一覧

#44523 まあ、通貨システムがインチキですから・・・。
ノ゚Д゚)こんばんは

あくまで、前提ですよね。
就業率は発表されていませんが、
戦前の大不況と同一だそうです。
そしてマネネタリーベースは2008年の
http://hiddensecretsofmoney.com/blog/Eine-Mitteilung-an-das-Schweizer-Volk
7倍弱、で、貨幣乗数は統計を取り始めて
から一番低いようです。
札を印刷しないでどうやって公務員の
給料を払うのか教えて欲しいですネ。
札を刷らないと国債が購入できないでしょう。

で、貨幣乗数が今度少し良くなれば
アメリカはハイパーインフレでしょう。

第一、仕事があれば、強盗黒人を撃つ必要は
なかっただろうし、だいいち仕事が
あるやつが暴動などしないでしょう。

アメリカの防衛大臣が更迭されて
指名してもなり手がないようです。
どこかと似ていませんか?

そう韓国のクネクネちゃんです。
で韓国の景気ですか?
小生に聞かないでくださいネ。
三橋先生が詳しく教えてくれるので
先生に聞いてください。

では($・・)))/

#44524 巷では既にメッキ剥がれ落ちてる
今晩は。日本も日経平均株価が何故高くなるのか不思議。どう考えてもおかしいです。
軽トラ運転中見るのですが、外食チェーン店の客入り物凄く悪化してるなぁと感じますね。飲食店は相当経営が厳しいんじゃないかなぁ。景気のいい話なんか全く聞きません。
#44525 QE
実は影で続けてるんじゃなかろうか?
ベルギー経由で。
そして、有るタイミングで止めて、株価は底なしの暴落。
そして、何時ものように、空売りで儲けた金で、底値で拾いまくる。。
#44526 やっぱり~
今は嵐の前の静けさだが、来年(2015)は円破産開始で、そのどさくさまぎれにドル破産をリンクさせて、(2016)次期大統領(クリントン?)でデフォルトか?
ポイントはやっぱりプーチン、私だったらこれをきっかけにブリックス体制をゴールドにリンクさせ、完全にドル体制から離脱するが。
いずれにせよ、日本は政府の破産処理のため、まず預貯金は一世帯5000万~1000万以下から再スタート。
でも、若い者は若さがあるから何とかなるよ。
カネのない年寄りは、フードスタンプで死なない程度に生きてください。

でも、これだけのことを理解しそれなりに備えようとしている人は、ごく一握りだろう。
円の海外逃避が財務省により妨害されている、この事実だけでも十分なはずなのに。

とにかく逃げれた人には、私ともども神の祝福があらんことを。
それとともに、三年後が楽しみだ。
#44527
皆様おはようございます。個人的には、崩れるのは、近いと、思います。現に何処の国も、アメリカから、放れて来てます。あのイギリスでさえも?それでも、まだお金に洗脳されてる方が、ほとんどです。これが、崩れた時ショックは、大きいでしょうねぇ?で何をすれば、良いのか?自分は、最低限の現物と自然と調和して、生きるのが、ベストと思うのですが、今の生活に、慣れてますからねぇ(^^;地球の環境も変わって来てるので、何が、主食に、なるかですねぇ?そこが、大きなポイントかと?後今の日本人ですが、免疫力が、ないので、風邪など引いたら大変僕もですけど、自分は、ルミンaを保存してます。内容的には、値段も安いです。
#44528 No title
みなさん、おはようございます。

原油の落ち方は半端じゃないですね。まだ下がっている。今はここが一番気になってます。
#44529 No title
ゴジラさん、みなさん、おはようございます。

ゴジラさん

自分も、原油の下落が気になります。

#44530
皆様おはようございます。原油の下げ酷いですねぇ!50ドル辺りいくんでしょうか?金の場合は、色々な国が、持ってるので、底がたい気もしますけど、アメリカの金庫には金が、無ければ下げようとするかも?でも他国が、黙ってない様な気が、します。新興国の秘策は、あるのでしょうかねぇ?
#44531 ペンタゴンは既に通貨戦争の
詳細なシュミレ-ションを実施済み。イギリスのオズボ-ン財務大臣は金融危機に対する様相の世界的深刻化を表明。債券のメルトダウンは最早回避できない。
#44532 中国の反日工作資金が1兆円と判明
政府も把握。こんな国と真っ当な外交はできない。
#44533 お食事~
問い
人は何をいつどのくらい食べれば健康に生きていけるのか?、

答え
内容物とその量は、麦入り分づき米を一日三膳程度、あとはおかずとして各膳ごとに、わかめと煮干し入り味噌汁、卵一個、最後にたくあんかキムチを適量にとればこれで→OK。
食べる度合いは、実は二日で一食でも可、ただし、二日単位で、総量としては適量をとること。
なお、腹が減りゃその分余計に食えばいいし、まあ、喰う目安はあるもののおバカなカロリー計算などまったく不要。
たったこれだけの食材とはいえ必要な栄養のみがしっかり取られているから、腹がすぐにふくれてくるよ。

たぶん、これを毎日続けるのがベストだと思っている。
逆にいうと、いかに毎日余計なものをたくさん食ってるか、そのおかげでいろんな病気になっている。
禅僧の精進料理に近いが、多分これが食事における真実なのだろう。
それが証拠に、禅僧の精進料理は精神的なものとしてとらえられ、科学的にとらえた本、報道は極端に少ない。
食品メーカーが現実をよく知っている(本当はこれだけで十分)とともに、マスコミや出版会社に圧力をかけているせいだろう。

要は、自己の欲望?ではなく、体が求めるものを求める分だけ摂取すればよいということか。
そりゃ、不思議なもので、上記の食い物にしてから少ない食事で満足できるようになった。

みなさんも、週に二日は和食の粗食デーを実践したらどうですか?


#44534 間違いと思う
>#44533 お食事~
 精進料理というが、お寺の裏にどれだけの若い僧のお墓があるか、あんた知っているということがあったな。
 長生きした坊主は裏で肉を食べていたのと思う。
日本人は塩を取る必要があるとその昔読んだことがある。
正しいかどうかはしらないが、米という食物は食べ物のなかで、例外と思われるほど塩がない食べ物だ。だから米を主食とする人は塩を取る必要があり、その適量はという思考となる。
 和食なんていうがねえ。これも河野談話と似たような要素があると思うね。
 しかし、みょうなうごきをしているなあ。
白金のことですが。
 
#44535 No title
皆様こんばんは。
原油の下げは米国の対プーチン戦略なので、米国対プーチンの対立に決着が着くまで続き、決着が着けば上昇するだけでしょう。米国はサウジや市場操作などを駆使して無理やり原油を下落させているだけ。今回の事象ではやや米国有利と見ています。
#44536 何かおかしい・・・
米国債券の利回り注視ですね・・・
ゴールドリースレートも発狂寸前の様子・・・

株式市場も・・・いっぱい・いっぱいなのかもしれませんね。
#44537
皆様今晩はです。原油安=デフレこれから、冬に原油安とは、嬉しい円安が、加速しなければ良いのですが?選挙後円安が、進めば、債券安が、あるのでしょうかねぇ?今年は、早いうちから、インフルエンザが、流行って来てます。鳥も人間もです。パニックに、ならなかったら、良いのですが?
#44538 No title
みなさん、こんばんは。

原油の下落の大きさのわりにはガソリンの下げが小さいのが気に入らない。円安の影響の大きさもあろうが、上手く儲けている。原油の下落がプーチン戦略だとしてもあまりにも周りに対する影響が大きすぎる。こんなことをやっていたらみんな米国から離反し始める。もう昔とは違うことを知るべきではないのかな。しかも市場はいろんなリスクをはらんでいる。ロシアにちょっかいを出している場合ではないよ。
#44539 精進料理について~
私は実践済みですなので、kenjiさんも理屈をこねくり回すより、二週間ほど実践してありのままの結果を報告されたし。
議論はそれからですな~。
できれば10人くらい一緒にテストして結果を比較すれば、ほぼ妥当な答えが出そうだね。
にしても、本当、スカみたいな食事だけれど、人ってこれだけ食えば十分とは感動ものだね。
食品メーカーさんもよく知ってるでしょ?
知られちゃ困る事実でしょ?

#44540 >うーんさんへ
金さん銀さんについてはご存知でしょう。彼女らは肉が大好きだった。つまりたんぱく質を食べていた。
 栄養価というものは重要です。kenjiはそれらは知らないが、普通に食事をしていればいいと思っている。
 、米と大豆と魚と肉と野菜です。野菜も多くとればいいものではない。
 ここで講釈を。
 ずいぶんまえにアルお客と話しているとき食品添加物の話になった。扱う材料が石膏だった。この石膏がビスケットにも入っているというので、それから添加物の話になった。
 食品添加物ないし着色剤は、それを作る過程が人工で、出来上がるものは天然にあるものです。
 人間が長く食べてきたもののなかから 新しい化学式の物質が見つかり、それに、仮に防腐効果があったする。そのときその食品におけるその化学式の物質の重量パーセンテージを計算して、ほかの食品に対して、どのくらい入れていいかを計算して、実験をして、その重量の上限を決める。
そしてそれ以降防腐剤として他の食品にも入れる。着色剤も同じ考えです。
 ただなんでも量を多く食べる(つまり毎日同じものをばかすかすか食べること)はしてはいけない。
 放射線の許容量におけるクリアランスレベルという考えがあるが、それの元となる考えでしょう。
kwnjiは放射線の専門家ではないが色々調べて、まあ年間20ミリまでは大丈夫と見ている。
ただ一度に20みりあびて、後はまったくないという状態を想定していない。100ミリまで大丈夫ではないかとおもうが、書きにくいが福島の事故は人類という視点で見ると、一種の実験となってしまった。ここを思うと複雑です。
 我々の安全という考えを考察する必要があるが、原発に反対する人は、当然わが国の軍事力増強に賛成するのが論理的結論だがこれが違う。彼らの主張の根拠を、変換してみればね。
 貴金属については世界で何か大きな絵図があると見ているが、わからない。
 金一グラム5万円となった世界の経済を考えると非常に無理がある。kenjiはビットコインが何か大きな役目をすると思う。
 今銀行口座の仕組みを考えているが、これは何かしら変です。ある種の口座システムを考えると、銀行は必要ではなく、その口座システムのみでいい。
 たとえて言うと電力会社ですが、送配電システムのみ構成すれば、発電と売電と受電は誰でもできるようにすることができる。それと同じことが、できる。すると銀行はいらなくなる。貸し出し機能は、立とえば、トヨタが直接すればいい。または政府貸し出しでもいい。
 とにかく銀行が必要なくなるのでは?
 
#44541 還流
オバマ米大統領が11月4日に「海外利益の本国送還を含む税制改革」に言及したこともあり、共和党勝利を受けて、米国への資金還流を促す企業減税に対する期待が浮上している。

ブッシュ政権下で実施された本国投資法(HIA)は、海外留保利益の本国送還時の法人税率を1年間に限り35%から5.25%に引き下げるもので、2005年を中心に3000億ドル程度の資金還流を誘発し、ドル高を引き起こしたとされる(ドル円は04年末102.68円から05年末117.88円へ上昇)。今回も本国投資法第2弾によるドル高への期待がある。

確かに、米国への資金還流が増えればドル高要因になる。ただし、2005年と同様にドル高が進むと考えるのは早計であろう。第一に、税制改革の一環として恒久減税となるかわりに、減税は小幅となる可能性が高い。本国送還時の税率35%を20―27%に引き下げる案が有力とも言われる。時限減税で減税幅が大きいと駆け込み需要が発生し、その間の資金還流とドル高の効果が高まりやすいが、恒久減税で減税幅が小さいとそうはならない。


>自国通貨高は輸出に不利だと思っていたけど、米国内産業空洞化という構造変化は自明で対策を打っているわけか。

アメリカに工場があるわけではないけど利益は還流してもらいたい旨くいくかな?
#44542 No title
みなさん、こんばんは。

本国投資法ですか。面白いですね。世の中ってお金だけで回るものなか疑問がある。経済構造がスカスカになっていたらお金を呼び込もうがどうしようもなくなる時が来るような気がする。
#44546 逆ドミノ
皆さん、こんにちは。
今の円安は、日本が円をドルに替えて米国債を数十兆円規模で購入していることに起因しています。原資は我々の年金です。アベノミクスで日本の景気がよくなれば、国庫の税収が増えるという理屈ですが、非常に厳しい状況です。これからも日本は米国債を買い支えるでしょう、だから、5〜6年後、日本国債の破綻から逆ドミノ現象で米国債に伝播する可能性が大いにありで、金価格のクライマックスはまだ先の話しになると考えています。
#44547 No title
ハッチーさん、おはようございます。

もう少し早い気がするが・・・。

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する