直通車が行く

上海・香港間での株式相互取引を通称「直通車」と呼んでいる。そのお預けになっていた直通車がいよいよ11月17日からスタートすることになった。日本ではあまり大きくは取り上げられていないし、聞いたことがないという人も多い。これは極めて大きな出来事であるのだ。直通車開通に伴ない、香港を含む海外の投資家は、香港証券取引所経由で上海A株に中国本土の投資家は上海証券取引所経由で香港株に今のところ上限はあるものの直接投資することが可能となる。これで本土資金の流れがどのように変化するのか非常に興味深いが、しばらく様子を見ないと何とも言えない。さて、どう出るかな。
関連記事
スポンサーサイト

トラックバック一覧

コメント一覧

#44302 【いまいましい・・】
REAL GOLD MINING 0246.HK で、少額ながら新株発行詐欺
みたいな粉飾につかまって取引長期停止のウキメに合いました。
当時の経営陣は株を売り逃げしてドロン、諸外国で悠々自適の
生活をしているはずです。サギ師共め!!

確かHK指数にも採用されていた銘柄で、信用していたのですが
そんなもの屁のツッパリにもなりませんでした。お金返して~

後から知ったことですが、こんな事は本土株では日常茶飯事で、
香港株はまだマシだとのこと。だいたい本土株の決算内容など
ウソで塗り固めてあるかもワカリマセン。中共幹部のつながり
もあります。なんせ、実質的に半官半民企業ですから。

中国から見ての外国人にとっては、今回の乗り入れはあまり
魅力のあるものには思えないのですが、本土の中国人ギャンブ
ラーにとって香港株に妙味があればやって来るでしょう。大勢
来れば需給で香港株が上がりそう。と思っていたら大した反応
は見られませんでした。

中共のホンネは、スローダウンしてバブルが崩壊しつつある
本土株のサギまがいの企業に外国資本を注入させようとして
いるのでは?それは、外国人投資家に見透かされて、マーケ
ットでも反応薄という、資本主義の力に負けたように見えま
す。


#44303 中国の不動産は高いです
こんばんわ。
直接の株の話ではありませんが、中国での不動産は高すぎます。
だいたい売買価格に対する家賃収入は2%とか3%、それに対して、金利が7%前後と聞きます。すると、これはもう投資とは言えません。お金がくるくると回っているに過ぎないとも言えます。
それに対し、東京の不動産の場合、少なくとも家賃収入>金利ですから、いい物件を買えば安定収入となります。今後は、諸外国のお金持ちが日本の不動産を買いあさることでしょう。円安だから、尚更外国からすると安いです。

遠くて空室率が高い物件まで売れ出すと終わりですが、23区内に廃業した工場や倉庫跡地などがたくさんあります。埼玉や千葉から都内に通う学生や勤労者ならば、23区内の新規物件に移ってくるでしょうから、実需はあります。
また、日銀が国債を買い占めるので、銀行などお堅い機関投資家がリートを必ず買います。
以上からすると、しばし日本で不動産バブルが起きる気がします。これが2年程度とすると、この期間は消費増税延期の期間に重なります。

そんな訳で、直通車よりも日本への投資がブームとなるかもしれません。



#44305 No title
アホンダラさん、大河の一滴さん、おはようございます。

アホンダラさん、そいつがカントリーリスクというやつです。私も似たような経験がありますよ。

大河の一滴さん、私は不動産をよくわからないから手を出す気になりません。人口減少と空き家問題を考えると尚更です。
#44307 majorと侍
利回り計算で
日銀当座預金1%が突破されると円安加速してしまう。

円安で借りてドル安で返す…
を知っておいてほしいシナリオ

これもある意味カントリーリスクだったりして(笑)

それにしても日米野球は爽快ですね。

#44311 No title
モモさん、こんばんは。

上手いこと言うね。カントリーリスクか。

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する