fc2ブログ

FOMCを前に立ち止まったゴールドは・・・

じわじわと戻してきていたゴールドはFOMCを前に立ち止まってしまった。予定通りであればQEは終了する。しかし、供給されたドルを回収するのは大仕事である。膨らんだバランスシートはやっと膨張を停止するというだけのことだ。また、金利の正常化はかなり遠い話のように思うが、気ばかりが先走りする。状況によってはQEに逆戻りもあると見ているが、コンセンサスは真逆の展開を予想している。そろそろボロが出てきても良さそうなものだが、意外としぶとくここまで来てしまった。いかな気の長い人でも投げ出した人は多かろう。我慢してきた人が報われる状況を期待したいと思っている。
関連記事
スポンサーサイト



トラックバック一覧

コメント一覧

#43994 中国は流動性過剰の経済
アメリカは、中国よりはるかに経済基盤の厚い経済ではあるが流動性は過剰。即ち、リーマンショック以降の世界経済は、これらの流動性過剰に支えられて来た経済。FOMC以後の資金の後退が如何なる影響を世界経済に与えるかは火を見るよりも明かに思える。世界は破綻を企図して進んでいるように思える。予想をされるECBの流動性の供給は、線香花火に終わるだろう。ゴールドの短期の値動きは波状と揺らぎの様相にあろうが、中長期で報われると考える。
#43995 No title
今回も、ジャパンを利用して金融(FRBのバランスシート)の正常化をするのではないでしょうか。

前回とは真逆で。

ドイツ(ユーロ圏)を巻き込むのかな?

#43997 No title
マザーアースさん、運送業者さん、こんばんは。

良くないと思っている割に協調しているように見えないところに真の危機が存在する。それはそれぞれの思惑が異なるからでしょうが、米国だけは日本の存在が大きい。だが、その日本は・・・。
#43998 ユーロ圏ストレステスト
主要130行中、南欧諸国中心に25行不合格。資本不足10行、250億ユーロ、約3兆4000億円。最終判定に向けて討議を継続。
#44000 ユーロ圏ストレステストの結果は
甘くなりそうですね。ドイツ銀行はクリアしたようですが南欧諸国の銀行とのユーロ圏内の格差が進み、ユーロが再び軋みそう。ECB当局の金融の非日常的政策は不発に終わりそうですね。ますます、FRBのテーパリングの影響が大きくなりそう。
#44001 No title
マザーアースさん、こんばんは。

資本不足ということは何かの資産が劣化したために起こっているはずです。何が急速に劣化しているのか?想像は出来るけど、正確に知りたいよね。
#44002 何か変です安部政権
日本の経済産業大臣ポストには、地雷が付いているんですかね?
2連続スキャンダルとか出来すぎのような気がします。

日本のマスコミは誰の為に動いているのやら…?
#44003 No title
モモさん、こんばんは。

そうですね。まともな政策を取られたら困るということですかね。気のせいかもしれないが。
#44004 【コガネムシのジェノサイド】
空売りがあったにせよ、ココまで下がってきたのは、売りが
買いを上回っているからです。多くの者の「1180ドル付近の
産金コスト割れは断じてナ~イ」の思い込みの裏をかいて売り
崩してくるハズです。もちろん、自分達が底値で仕入れる為に。

2回の1180付近での跳ね返り、ありゃダマシと違いますかね?
まだセリングクライマックスを経てませんから。こちらのコメ
ント人の多くが「うぎゃー」「ふんぎゃー」と呻くような下げ
があった方が自然な相場と思います。

とは言っても、私も現物とABX玉持っていて上げを期待しては
いるのですが、大勢のトーシロの逆を行くのが相場の醍醐味で
もあります。ポジは控えめにして、トレンドを確認してからの
参戦がベターなような雰囲気のする今日このごろ。

反転のその時まで生き残らないと、死んじゃナンにもならない。
市場から利益のすべてを取ろうとしないでホドホドに。勇者の
方々、武運長久をお祈りします。

#44005 シュミータの謎 古代ユダヤ教のサバス年
G20を中心とした金融監督当局でつくる金融安定理事会は10月10日、巨大銀行が経営危機に陥った祭にその取引相手が金融派生商品(デリバティブ)の契約を解約できないよう規制する方針を固めたが、これも金融資本の逃げ場を防ぐとともに金融市場の混乱をコントロールするのが目的と思われる。「国際テロリスト財産凍結法」案が臨時国会で成立し施行された後に、コペルニクス的転換が来るだろう。ただ、米英などの株式市場の暴落は、その前に起きる可能性がある。国際金融資本にとって最も大事なのは債券市場であり、彼らは債券市場を守る為に株式市場を暴落させて資金を債券市場に還流させる恐れがあるからだ(国際情勢の分析と予測より)

シュミータの謎 古代ユダヤ教の7年ごとの安息年

過去40年の米国の5大経済恐慌

1973年 景気後退開始
1980年 S&L危機
1987年 ブラックマンデー
1994年 ・・・・・・
2001年 ITバブル崩壊
2008年 リーマン・ショック
2015年

シュミータの期間 2014.9.25~2015.9.13
#44006 No title
アホンダラさん、マザーアースさん、おはようございます。

アホンダラさん、素直に跳ね返っていかないところを見るとその可能性は排除できない。

マザーアースさん、7年ごとですか。結構短いサイクルですね。そしてすでに入っているのか。
#44007 国別ストレステスト不合格行(EBA基準)
オーストリア 8行 ドイツ 1行 フランス 1行
ギリシャ 3行 アイルランド 1行 イタリア 9行
ポルトガル 4行

以上 EBA 欧州銀行監督機構 基準ストレステスト判定
#44008 ユーロ圏 対立激化
ストレステストを経て欧州、ユーロ圏でドイツとイタリア、フランスの対立がさらに激化。イタリア、フランスがドイツに対し財政出動を求めるも財政健全にあるドイツが反論。ユーロ圏の分離の軋み。
#44009
1234567∞12345……
#44010 さて次なる動きは・・・・?
( ノ゚Д゚)こんにちは

どうもヘッジファンドは調子良くないみたいです。
11月はヘッジファンドの決済月なのですね。

http://gold.mmc.co.jp/toshima_t/2014/10/1987.html

さてつぎなる相場の動きは・・・・・。
#44011 地獄の釜の蓋が
田中 宇氏が、ジム爺が、警告を始めた。11/4の中間選挙までは持つか?いや、消費税10%決定までは持つか?まだ株から逃げ出してない人は今週がラストチャンスかも。
◆揺らぐ金融市場
 【2014年10月21日】 先週の株価急落の際、投資家が株を買うための資金調達に困窮する流動性の危機が起きた。金あまりなはずなのに、資金調達に苦労するのは、投資家の間での相互不信や、金を貸す側が市場の先行きに懸念を持っているからだ。金あまりなのに借りられない事態が頻発するようになると、リーマン倒産の時に起きた金利上昇、市場の信用不安、バブル崩壊が現実になる。先週、バブル崩壊の地獄の割れ目が短期的に開いたことになる。
#44012 No title
みなさん、こんばんは。

ユーロ圏は内輪揉めをしている場合じゃない。QE停止をされたら影響はユーロ圏にも及ぶ。実は何も良くなってはいなかった。それは米国も同様ではないかと思うが・・・。
#44013 No title
ボぺスパ株が急落している。これはなんだ??
#44017 No title
ボベスパ急落はビジネス界で嫌われているルセフ現大統領の再選が決まったからですが(事前の世論調査のいくつかでは親ビジネスの対立候補の優勢が伝えられた時もあったため期待の剥落。)、
実はルセフ政権下では失業率は比較的マシという声もあるようです。長い目で見るとブラジルのような国ではこれが妥当な政策なのかも、という気もします。
相場総悲観の先に暴騰があるかも知れません。
#44019 No title
ガリンペイロ48さん、おはようございます。

なるほど、政治がらみだったんですね。

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する