原油の下落は誰を利するのか?

原油価格の下落は去年のゴールドを見るようだった。恐ろしい落ち方だが、原油の下落は誰を利するものだろう?原油の高止まりは石油メジャーにとっては言うことはない。中東産油国も同様だし、シェールガスにとってもそうであった。つまり原油が高止まって一番困るのは一般消費者である。現状価格は願ってもないことだが、不思議な感じがするのは私だけではないだろう。振り返ってみれば原油等の商品価格の下落の恩恵を受けるのは他でもなくドルであった。しかし、それでは失うものが多かろう。
関連記事
スポンサーサイト

トラックバック一覧

コメント一覧

#43864
アメリカの科学技術の蓄積は、
凄いですから軍事転用されている技術を民生利用すると他国とのアドバンテージは有りすぎますね。
特許権にこだわる理由もここにあるんでしょう。

創造できないちゃぶ台返しがありそうで怖いですな。
#43866 ISIS,イスラム国の資金源される
原油の輸出の闇価格が、原油市場と価格に少なからず影響を与えていると言われていますね。ステインさんが心配されるイスラム国のバクダットの攻略と占領は、この原油市場に更なる揺さぶりをかけ、価格の下落が進むと思われます。ロッキード・マーチン社のトラックに搭載が可能な核融合炉は、今後5年以内に試作機、10年以内に実用化が公表され、報道もされてもいます。今や、我々は世界の転換点に立ち会っているとも言えるかと思います。原油価格の下落は誰を利するとの問題提起は、バイブルのゴグとマゴグの世界観であり、コインの裏表でもあると考えます。
#43867 超小型核融合発電
前のスレに書きましたが、元ネタのURLを貼ります。

http://jp.reuters.com/article/businessNews/idJPKCN0I509K20141016
#43868 ナイジェリア帰りのロシア人親子
エボラ出血熱の疑い。国連幹部は人類のエボラとの勝敗は今後60日で決定すると発言をしている。
#43869 No title
みなさん、こんばんは。

小型核融合ね。強引に持っていかれるのもかなわんよね。出来れば日本は日本にあったものを選択したいものです。
#43870 ロッキード・マーチン社の核融合炉
トリュウムと三重水素等を利用にあるようで、核の廃棄物の問題は、まだ残るようです。日本はガスと水素エネルギーが当面ベターと思えます。
#43871
Unknown様

情報有り難うございます。

要するに既存の原発は古くなっていて、バージョンアップするときに大量の廃棄物が生まれる。
小泉純一朗がやっていた廃炉利権とも繋がってきますね。

日本は島国で悲しい使われ方をするのかと思うと複雑です。

911で貿易センタービル倒壊に利用されたのは、常温核融合爆弾ですから、粉塵を吸い込んだ消防士が同時期にガンになってなくなっております。
#43872 No title
>ロッキード・マーチン社の核融合炉
 いくらあがいても石油ですよ。
kenjiは妄想と見ている。アングロサクソンはよくやるよ、この手のことを。
 石油が下がるのは世界経済が下がること意味している。
多くの石油は移動に使われている。物資の移動が少なくなっている。
#43873
今晩はです。ある意味肉を切らして骨を断つじゃないでしょうか?それか基軸通貨の終わりが、近いのかと、思うのですが?かなり予想外の展開に、なると思うのですが?
#43874 No title
原油の値下がりはロシアにとって大きな痛手。しかもルーブルは値下がりしているし、プーチンは窮地に立っている。
#43875 No title
みなさん、こんばんは。

やっと本題に戻ってきましたね。ロシアが標的の一つであるのならダウングレードされたのと一致しますね。ロシアが絡んでいる可能性はあるかもしれない。邪魔なんでしょうね。
#43876 ロシアはガスでウクライナと合意
ISIS、イスラム国ではアメリカと連携を合意。邪魔なのはロシア国内のスノーデンの持つアメリカの情報。ウクライナの件ではドイツとフランスとも同席にありますので大局を俯瞰すれば雪解けとなるかと思います。心配なのは米国と英国との同盟関係にヒビが入った模様。オバマ大統領が一方的に同盟の関係を切ったとの噂。アメリカの一部の勢力は、原油とルーブルの下落で博打をし掛け、レーガン大統領の時代にルーブルを売りを図り、ソ連邦を崩壊に導き、ワンタ資金と呼ばれる莫大な富を稼いだような攻撃を、今も仕掛けているかも知れませんよ。
#43877 No title
バルチック海運指数をみるかぎり、物流の底だけど、原油価格と連動はしていないので、「ロシア叩き」の気がします。石油利権は米国にあるので。 だけど80ドルを割るとシェール革命が終わるという記事もどこかでみたよ。冬が近づいたから下げたとも思える。EUが凍死するのを防ぐために原油価格を抑えたというのもありそう。
#43878 歴史
ロシアとハザール王国(ユダヤ王国)の歴史を調べると
■■8~9世紀、ロシア人はハザール王国と戦った
6世紀後半、中央アジアのヴォルガ川流域に強力な民族が台頭しはじめた。のちにハザール(カザール)王国を形成するハザール民族である。一方、当時はロシアもまだ帝国としては存在していなかったが、ロシア人はすでにキエフなどに定着していた。
6世紀から8世紀にかけて、ハザール民族はカスピ海の北方に進出すると、ロシア人とたびたび衝突するようになった。ハザール人はロシア人を支配下におき、奴隷にして、カスピ海の北にあるイティルというハザール人たちの首都に連れて行った。イティルでは当時、ロシア人の奴隷がいとも安価で売買されていたという。
「ハザール王国」は7世紀にハザール人によって
カスピ海から黒海沿岸にかけて築かれた巨大国家である。
9世紀初めにユダヤ教に改宗して、世界史上、類を見ない
ユダヤ人以外のユダヤ教国家となった。
8世紀になり、ビザンチン・キリスト教とイスラムの圧迫を受けたハザール民族は、王から奴隷にいたるまで国を挙げてユダヤ教に改宗し、ハザールはユダヤ国家になった。そして彼らは自らをユダヤ人と名乗るようになったのである。現在、世界のユダヤ人の大半を占めるアシュケナジー・ユダヤ人は、このハザール人の子孫である。
8世紀から9世紀にかけて、ロシア人とハザール王国は数回にわたって戦争をしたが、965年、ついにロシア人がハザール王国を占領した。そして、首都イティルをほとんど壊滅させてしまった。それ以来、ハザール国家は再びかつてのような強国となることはなかった。
13世紀に入ると、タタール(モンゴル)がハザール王国を完全に滅亡させた。ユダヤ教徒ハザール人、すなわちアシュケナジー・ユダヤ人たちはロシアが近かったので、その多くがロシア領内に逃げ込んだ。
ロシアのユダヤ教徒ハザール人たちは、すでに12世紀に、ロシア国家の中でロシアに対する陰謀を画策するようになっていた。そして1174年、彼らはロシアの最も有名な皇帝、アンドレイ・ボゴリュプスキー皇帝を暗殺したのである。
当時のロシアは多くの国々の集合体だったので、それぞれの国の皇帝が集まり会議が行なわれた。その結果、彼らはロシアにいるユダヤ教徒ハザール人を弾圧することに決定した。そして、多数のユダヤ教徒ハザール人が殺されることになったのである
#43879 No title
マザーアースさん、ケニーさん、おはようございます。

やっぱりロシア叩きで落ち着きますかね。でもこの価格は長くは続かないとは思うんだけど。
#43881 ロシアを単に叩く政策では無いと考えます
広範な産油国叩きにあると思われます。背景は、世界の裏側で動く資金を広範に断つ政策だと思われます。今般の原油価格の下降トレンドは、金融緩和縮小を警戒する構造的コモディティ全般の下落傾向を伴なっています。新興国、資源国景気の世界的後退は、世界の先進国経済においても多大な影響を及ぼしてもいます。明白に、意図を伴なって世界経済の破壊と構造転換を進め、ショックを利用して通貨のリセットの持ち込もうとする企図が見え隠れしていると思えます。私は、単なるロシアたたきであるとは考えていません。ロシアのプーチン大統領が最近フリメーソンに加入の報も噂の段階ではありますがネット上に流れてもいます。
#43885 No title
マザーアースさん、こんばんは。

産油国はこのままだと手も足も出ない。政情も不安定な国が多いし、泣きっ面にハチだ。
#43892 No title
サウジ陣営のシェイルオイル・ガス潰しではないでしょうか?
#43894 No title
ゴジラさん、こんばんは。

資源しかない国は大変ですね。我々は逆だが。
#43895 No title
中東産油国は、1バレル 20ドルで十分採算があうので全く困っていないと思う。困っているのは、後から参入した、高コスト体質の油田、ガス田を開発した連中。 
サウジアラビアは、米国の傀儡政権なので、シェール潰しはできない。 エネルギー総量の減少を嫌うドイツ=EUも同じ・
#43898 No title
ケニーさん、おはようございます。

ある程度限定できるということか。
#43908 ケニー 様
中東産油国は、国民のバラマキ福祉政策を維持するにはバレル100ドルの価格を維持ができなければ体制維持が困難とされています。バレル20ドルの価格はオイルメメジャーの採算価格だと思います。1989年のバブルの時代でも19ドルでやって行けるとのことでしたよ。

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する