fc2ブログ

PIMCOの資産縮小は・・・

PIMCOのビルグロス氏退社の報は大きな出来事であった。さらに驚いたのはPIMCOの資産が970億ドル(10兆5000億円)も縮小したことである。ビルグロスが運用していたトータル・リターン・ファンドからは235億ドルの流出らしい。PIMCOの運用資産総額は約200兆円と言われており、今回の流出はその約5%に当たる。債券運用残高では世界最大級の運用会社であることを考えると債券市場に与える影響は小さくはなかったはずである。だが、金利急騰といったニュースは流れていない。むしろ今回は株がおかしくなった。なんかへんだな?気のせいならいいけど・・・。
関連記事
スポンサーサイト



トラックバック一覧

コメント一覧

#43739 管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
#43740 ガウス平面
最近、自分の予想(ここにはあまり書いてない)がよく外れるので
量子医学の本を読んでいたのですが、

面白い事が書いてありました。

>人間が思考するとき必ず極性ができる

極性っていうのは+-左右みたいなものです。
そしてハートは統合し単極であり偏りがない。

頭脳は二元でハートは一元統合
感じること、直感もある意味ありなんでしょうね。

医師が脳と心は別だと断言しており、実の世界と虚の世界を肯定しているのが興味深く感じました。
#43741 No title
○○さん、モモさん、こんばんは。

○○さん、怪しくなってきたからね。しかし、QE中止したら火に油を注ぐね。

モモさん、外れるから間違っているとは限りません。正しいから間違えることもあります。管理相場で人の手が加わるから結末が異なってくるからです。
#43742 ビルグロス氏のジャナス移籍で
DAXとPIMCOの親会社アリアンツ株が急落、ジャナスには資金の大量流入。ビルグロス氏はアリアンツの幹部と衝突を繰り返して嫌気がさして規模拡大と成長を見込めるジャナスに移ったのでしょう。PIMCOと言えばビルグロス氏で象徴されるように、その象徴と言えるビルグロス氏の移籍で資金流出は免れないのでしょうね。今般言われるところの通貨戦争は第三次通貨戦争と言われ、金融制度とシステムの崩壊を内包する闘争であるとも言われていますね。どちらが将来的勝者となりえるかは不明ですが、投資にはいつ何時でも適正な規模があると言われています。勝ちを続ける投資はインサイダーでなければ存在し得ないと言うのが私の立場と意見です。この側面でジャナスとPIMCOを見比べるのは如何でしょう。
#43743 管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
#43744 SECがビル・グロス氏運用のETFを
調査の話もありますね。アリアンツ幹部はこの事がグロス氏との対立、退社の理由では無いとしてはいるが・・・・
#43745 No title
マザーアースさん、○○さん、おはようございます。

マザーアースさん、ビルグロスは債権の強気相場は終了したと言っていた。私もそう思うが、PIMCOのような巨大企業は小回りができない。恐竜は滅びる運命にあるのかもしれない。

○○さん、時期の特定は難しいが、私もそんな感じが強くなってきました。書きにくいから書かないけど。

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する