喘ぐ金鉱山会社

池水さんのとこでゴールド生産コストについてまとめてくれているようなので下記にリンクを貼っておきます。ちょっと驚きましたが金生産コストは1年ごとに驚くほど上がっています。現実問題としてこのままだと大半の金鉱山会社が消えてゆくことになります。裏返すと生き残れば凄いんですがね。だが、そこに到達するまでにはいろんなシナリオが待っていそうです。しかし、金生産コストから考えた金価格は2000ドル以上を正当化するだけに理由は存在する。

http://goldnews.jp/column/ikemizu/entry-2694.html
関連記事
スポンサーサイト

トラックバック一覧

コメント一覧

#43067 2002年から既に金価格は上昇に入っているそうです。
( ノ゚Д゚)こんにちは。

アデン姉妹のチャートの長期分析の説明です。
意訳しました。

お楽しみください。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
金: 長期トレンドーもっとも重要なことです。

アデン姉妹

http://goldsilver.com/news/gold-the-big-picture-most-important-mary-anne-aden-and-pamela-aden/?utm_medium=email&utm_campaign=8+28+14+GoldSilver+Weekly&utm_content=8+28+14+GoldSilver+Weekly+CID_4063a447ea2a085c879191739c2a8717&utm_source=GoldSilver%20Email%20Marketing&utm_term=read%20more

ゴールドの相場は今、下降傾向にあります。
そうゆうときは長期ではどうなのだろうかとゆう
事をみてみましょう。

このような市場の過熱を抑える発言、特に
ゴールドマン・サックスが市場で行って
いるときは、特に注意が必要です。

同じ事はパラジウムと銀にも同様に言えます。

ゴールド: 今後また良くなるでしょう。

1968年からの金相場の動きを見ますと
どうゆう状況かわかるでしょう。
チャートA をご覧ください。
ここ数年の下落トレンドは大きな上昇トレンドの
枠のなかでの下落トレンドだとゆうことが
わかります。

1968年と 2000年にゴールドには大きな
上昇トレンドがありました。
70年代の上昇トレンドは2つの大きな上昇トレンド
があり、1981年のピークまでそれが続きました。

2001年から始まった上昇トレンドはいまだに
そのおおきな流れの中にあり、継続中です。
この大きな流れを知ることは非常に重要です。

ゴールドの価格が去年の1210ドルをしたまわること
がなければ、この傾向は固いとゆうことが判ります。

長期の解析チャートB によると、ゴールドは非常に
低い価格帯です。

過去の金相場の状況と照らし合わせると、
このような状況は上昇期前の踊り場で、
ゴールド価格の爆発のまえふりと思われます。

これらからみると、2015年は上昇トレンドに
点火される年になるといえるでしょう。

銀:銀のチャートは金のそれと同様です。

2002年からは明らかな上昇トレンドです。
その上昇は、一旦上昇しはじめると、銀は
いままでの遅れをとりもどすような時期に
はいります。

パラジウム: 独自の動きです。

パラジウムはことし21%の上昇です。
花形の投資品目だったといえるでしょう。
パラジウムは主にロシアと南アフリカで生産されています。
ロシアでの生産状況が見通せないのと南アフリカでの
長期のストライキがこの上昇を下支えしています。

パラジウムの長期トレンドはブルです。
チャート上もパラジウムは2001年から強い上昇トレンドを
示しました。
 
これらは44年間の上昇トレンドの中にあります。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

とてつもなく単純化された説明で、あっけにとられるほどです。
それが本来の西欧文明の優れた部分です。

それだけに感銘をうけます。
そして事実を積み重ねた単純な原理をベースの予測で
それはかなり確かなことではないでしょうか。

では($・・)))/・・・。
#43068 No title
picachu1234さん、こんばんは。

この姉妹は有名ですね。わざわざありがとうございます。
#43069 とりあえず1180ドル
鉱山会社の生産コストは確かに長期(もしくは超長期)的には金価格をサポートしてくれますが、相場の短期・中期の動きは必ずしもファンダの中身には従ってくれませんから(笑)何とも言えないところです。

個人的には1180ドルが底だろうとは考えてますが(今のところ)、多くのゴールド投資家がそう考えているでしょうし、それだけにもし1180を割れるようなことになればETFなどで一斉に投げが出て、大きく下落する可能性も残っています。そうなった場合は下値は1000ドルまでは覚悟する必要がありそう。もしそこまでいってしまうなら、我々の冬眠の期間は結構ながくなってしまいそうです(笑)。

でも鉱山会社の生産コストの件などファンダの動きは長期では必ず相場に効いてきますから、その場合でもただひたすら待てばよろしいかと。投資効率はかなり悪くなってしまいますが、まあそれは仕方がないです。己の不徳の致すところですから(笑)。
#43070 No title
abramovichさん、こんばんは。

そう思ってはいますが、ここまで下がってきたのも不徳の致すところです。そしてすでに投資効率は悪くなっていますし、冬眠期間が長くなったのも仕方がありません。さらに長くならないことを祈っております。
#43071 No title
ゴジラさん、こんばんは。

しかし、2000年から始まった金の上昇トレンドが44年続くって?

ここにいる人殆ど死んでるんじゃないですか?

#43072 No title
kawaさん、こんばんは。

1年先のことさえ予測が難しいわけですからね。44年後のことなんてそれほど正確に見通せるものではありません。あくまでも理論上ということですよ。

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する