密輸で押収されたゴールドは500キロを超える

iStock_000009314096XSmall-resize-300x236.jpg

依然として続くインドの金輸入制限。実際の経済活動を阻害するおかしな制度だが、金密輸は後を絶たない。もちろんいろんなルートがあるわけだが、今年の4月から7月の間でムンバイ国際空港で押収されたゴールドの量は500キロを超えるらしい。前年同期比で7倍になる。空輸での密輸は発覚しやすいし大量に運べない。やっぱりベスト海路だろう。発見されていない密輸は桁違いだろうと思われる。カウント出来ないゴールドがここにある。
関連記事
スポンサーサイト

トラックバック一覧

コメント一覧

#43062 No title
インドの金だけではないが、金に対する意味がそれぞれの文化圏においてことなるから、その要素を考えると、インドの金は西側における、金とは違うものだが、その経済的価値は一応ドルでされる。したがってその取引はドルだが、いったん金がインドへ入れば、西側で金が果たしている意味と、異なる意味をインドではもつ。しかしその価格への影響は、西側の市場での取引で生じるが、インドではまた別でしょう。
 このあたりのことは、わからないでしょう。
わが国はすでに、江戸時代に末期において、銀を使った金本位制が作動しており、幕末における通貨交渉を見れば十分です。
 あの時わが国の幕府側の交渉者もしている人はいたが正確に知っていたのは長崎奉行でしょう。あの時、軍事力があれば、鎖国ができただろうが、それ以上に、逆にわが国の経済の仕組みを理解させて、それを輸出できたでしょう。
 わが国は、いよいよ金がものを言う時代が着たが、そのわけは、富を集められるものが国内にはなくなったことが主だと私は見ている。
 その視点で見ると、株と現金もその要素がある。
したがって、これからは株(これは特殊な株でナイト無理)、現金(これはドルと円)、そして金でしょう。
 しかしいやな時代が来ましたね。
大体年金など原資はその制度上から見るとはじめからないもののだが、一応帳簿上に乗っているに過ぎない。その名目(仕訳帳)がいろいろ変化しているに過ぎない。
 どうすんでしょうか。年金は、貯金で作るものではないなあ。これがkenjiの結論で、それを社会制度として、どのように作るか。そもそも作ることが可能か?できないものならするのは馬鹿でしょう。数学で言う存在の証明というやつ、ないし不存在の証明というやつです。
#43064 No title
kenjiさん、おはようございます。

面白い考察です。同じゴールドでも国によっても価値観と意味合いは異なる。先物の扱いは非常にチープです。同じ人物で考察の質が大きく変わるのは不思議だが。
#43065 現金?
ゴールドの時代がくるまでの話だね。
2020年ごろ→米軍撤退が決定?、東京オリンピック(まやかしの景気対策)あり、年金と医療費の政府破綻(これはほぼ決まり)とかからして、今のところは、ユダ金さんらの日本政府計画破産の開始の年とみております。
アメリカを見ていると、どうもこの年までずるずると、日米同時破産を引き延ばしたいんじゃないかな、という気がしています。
ユダ金アメリカも、今じゃ政府破産したくないがもう走り出した矢は戻らないといったところか。
プーチンも、もはや敵は自滅するアメリカではなく、ユダ金の居城~BIS体制そのものを崩壊させることを狙っていると思っております。
#43066 No title
うーんさん、こんにちは。

随分と先ですね。6年は長いぞ。

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する