米国の景気に注目が集まるが

世界的に景況感がおかしくなってきたが、米国はなんとか踏みとどまろうとしている。ドイツまでもが変調をきたしてくるといよいよ米国に期待が集まってくる。出来高が細る中、ダウは持ち直してきた。ドルも再び持ち直して強含んでいる。だが、グローバル化した世界に一人勝ちはなかなかない。利上げの検討に入っているかのような報道が多いが、果たして本当にそのような状況なのだろうか?私の予想に反してQEは縮小されてきたが、未だに疑念は消えない。
関連記事
スポンサーサイト

トラックバック一覧

コメント一覧

#43007 米国最大の年金基金カルパース
コモディティやアクティブ型運用の株式、ヘッジファンドの投資から撤退、または運用の大幅削減に動く。来たるべき市場のリスク削減に対応。
#43009 No title
マザーアースさん、こんばんは。

買うものなくなるよ。

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する