国債リスクの評価方法が変わったら・・・

バーゼル銀行監督委員会は銀行に保有資産のリスクを低く申告できないようにする措置を検討しているらしい。全ての国債を一括して「リスクなし」とする従来の慣行は明らかに問題がある。一部の国債リスクは中央銀行のお陰で暴落を免れている側面がある。実態のリスクがマスクされているとも言える。つまり中央銀行の信用力によって国債の価値が保たれているのである。これが正当に評価されることになったら大きな問題である。まず銀行は数十億ドル単位の資本増強に迫られる恐れがあるようだ。と言うか保持できなくなるものも出てこよう。ギリシャクラスは間違いなく消滅する。本当にやるのかね?

http://jp.wsj.com/news/articles/SB10001424052702304188504580015413192817710
関連記事
スポンサーサイト

トラックバック一覧

コメント一覧

#42671 米国債と日本国債を持つ我が国日本
リスクの算定の基準と方法が問題となりますね。まずは30日のアルゼンチンのデフォルト。赤信号、みんなで渡れば怖くないでしょうかね。シナリオ通りの羊毛刈りですわな。
#42672 No title
ドイツ、フランス、イタリア、アメリカすべて株が下がっているぞ。これは来るかも。こんどこそ。
#42674 No title
マザーアースさん、銀河さん、こんばんは。

本当にやる気なのか疑わしいが、やるのであれば大事ですよね。

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する