この夏は沈黙か?

金価格は相変わらず小動きです。つばぜり合いはあるようですが、大きく動きませんね。1300ドルというのはゴールドにとって重要な価格なのか?正直、底打ち反転と声を大きくして言いたいんですが、一歩手前で必ずしぼむのも恒例ですね。雰囲気的にはこの夏はこのまま大人しくしている感じがします。まあ、お盆は気楽に過ごせる方が良いのかもしれませんが、面白くないのも事実。今後はブローカーの数が減っていきそうです。どうなるんでしょうね。さらに操作しやすくなってしまうが、見え見えなやり方は為難くなっていると思います。また、ネガティブなニュースにも耐性が出来つつあり、底堅くなっていると見ています。上昇のきっかけが何なのかそのへんが気になります。
関連記事
スポンサーサイト

トラックバック一覧

コメント一覧

#42647 No title
先物市場が壊れる気がしますが、機能として壊れるということです。市場参加者が少なくなればその仕組みを維持できなくなる。その結果、先物市場が経済的に維持できなくなるのではということです。市場は二重構造になっているからです。
 現状の経済に対して、理解して、有効な対策を持っている人はいるのか?そりゃいるでしょう。
 素人のkenjiが見て日銀がおよそ250兆でしょうか、持った国債を売りに出すにしても、それは短期国債だから、それを吸収する民間があればいいがなければ、売りに出すことはできない。
 するとその分はロールオーバーすることになるから、これは国債の日銀引き受けと同じことになる。
 日銀は自由に市場で国債を売り買いできる状態にしておくのが義務だと思う。
 あるお客が<私は一社に売り上げの三割以上は依存しない。どれだけ儲かっても、してくれといわれても売り上げの三割以上にはしない>と夜、話してくれた。その会社は息子の代になったが、今でも生きている。250兆とはわが国のgdpの半分です。限界は150兆だと見ているが、どうなるんですかねえ。
 供給余力があるから、これですんでいるがこれが壊れるとあっという間ではないか?
 その後の経済は動物的要素で動き始めるから、怖いですね。
程度もあるが悲惨状態を経験していない人が上層部にいると、またはどんでん返しを知らない人がいると、困るね。
 国内で、<ありがたい>と思う人がすくなくなった。
えらそうに書くけどね。多くの人が自身を見失っている。

 親なく、妻なく、子なく、版木なし、金もなければ、されど死にたくもなし といった江戸時代の人、それは大恐慌までの人と基本的には同じ世界の人ですが今回は世界が違う。
 簡単なシミュをすると、怖いですね。
我が家もとうとう、金がないと生きられない世界へと進んだ。
この世界の怖さは驚くべきものがある。本家がつぶれなければなあ。
#42648 秋を待て!
全くの勘ですけど9月・10月に大きく動きそうな感じ。

ドル円、2月からずっと101-104円の狭いレンジで推移してます。つまりこのレンジを上でも下でも抜ければその時は大きな動きになります。米国長期国債の金利が低下傾向にあることを考えれば、常識的にはこの大きな動きは円高方向でしょう。そうなれば日経225も当然連れ安です。

もう既に5年4ヵ月続いている米国株の強気相場ですが、バブルの天井を当てることが極めて難しいことを考えるとどこまで行くのかよく分からないところです。もうロスタイムに入っているような気がしますが、強気相場ではこのロスタイムが30分も1時間も続くことが珍しくないので(笑)。でも季節要因からすればやはり9月・10月あたりが怪しいかなと・・。

そこら辺のタイミングでゴールドの本格上昇開始!・・になりそうな気がします。

勿論、全て何となくそう思うという程度の話ですが(笑)。
#42649 国家と投資銀行、銀行は、CDSと信用創造、デリバティブ、米国債、とゆう強い絆で結ばれています。
( ノ゚Д゚)こんにちは

まあ、どうなりますことやら、ポルトガルの銀行の破綻
アルゼンチンのデフォルト再燃問題、ウクライナの内戦による
アメリカとロシアの通貨経済戦争、オフ・ショアー・マネーの
統括センターのイギリスのバブルが弾ける、
中国のバブル崩壊、NYのユダヤ系住民が支持するイスラエルと
ハマスの戦闘、ざっと見渡しただけでこれほどヤバイことが
起きています。

そして、これらのニュースはメインのメディアには触り程度しか
報道されていません。

いつこれらの事件に関係する銀行や投資銀行が、自分の保身に
走るか? ですかね?
いまのところ取り繕っていますが、どこかで限界が来るのは
明らかです。

ポルトガルとヨーロッパの銀行はCDSと信用創造とデリバティブで
ウォール街とつながっています。 アルゼンチンもウォール街の
ハゲタカとどろ試合です。 アメリカはロシアに経済戦争を
仕掛けていますが、実行するのはNYです。そしてオフ・ショアー・マネーは
ウォール街とつながっています。 イスラエルはNYの金融と
つながっています。 中国は米国債でNYとつながっています。

ヤッホーー、パチパチパチ、もうすぐNYの金融ステノザウルスの死ですか?
いままではみんな逃げ回っていましたがぁ・・・・・。
日本もバブル崩壊の時は本当にそうでした。

リーマンショックを当てた賢者たちは、突然訪れるといっていました。

キプロス危機やメキシコ通貨危機のようにある日突然に、だそうです。
嬉しいニュースかどうかは別にして起こることは既定路線か?

あとはいつになるか? 紙のみぞ知る。 ですかね。

では($・・)))/

#42651 No title
みなさん、おはようございます。

何となく見えかけてるようなコメントが出てきました。漠然と夏はないなと思ってしまいました。ドル円も確かに動かなくなってますよね。
#42652 追加
以下、追加:

ゴールドのアノマリーとして、夏は安くて秋から冬にかけて高くなる・・というのもあります。
#42653 No title
紫金鉱業が動き始めた。ダウの暴落もあり得る。
#42654 No title
abramovichさん、銀河さん、こんばんは。

金鉱株はまだ出来高を伴っていませんし、ショートはそれほど減っていないと思います。まだ、もうちょっとですね。
#42655 株式指数との関連性の方が・・
紫金の最近の動きはゴールドというよりはハンセン指数などの中国株の動きと関連していると思います。

ハンセン指数はリーマンショック以降、ずっと24000あたりが強力なレジスタンスになってましたが、最近またここを試す動きになってます。ここを上抜ければグッと上昇する可能性があります。それを期待して個別でも最近動意づいているH株は多いです。単に紫金もその一つではないかと。
#42657 No title
abramovichさん、おはようございます。

抜けると良いですけどね。

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する