見た目には厳しいが・・・

米金融政策は金相場に大きな影響を与えると思われるが、目先下落は起こらなかった。米景気回復が本物であるという前提で初めて将来的な利上げの可能性が正当化される。結局、米経済状態に依存するわけだが、その見方で予想は大きく分かれる。ポルトガルの銀行トラブルもあるが、ゴールドが下げずにとどまっている理由はリスクが完全に払拭出来ていないことが理由の一つであろう。それがQ3ではっきりするのかどうかが焦点ではあるが、グズグズした状態でここまで来てしまった。
関連記事
スポンサーサイト

トラックバック一覧

コメント一覧

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する