喉元過ぎればなんとかか?

中国で起こっていた金属在庫による担保取引の問題ですが、まだ解決してないようですね。港湾での在庫調査をしているみたいですが、いつはっきりするのやら。二重担保疑惑は恐ろしい問題だと思うが、不思議だなと思うのは現在でも銅在庫はガンガン減ってます。いったいどういう構造になっているのかさっぱりわからない。
関連記事
スポンサーサイト

トラックバック一覧

コメント一覧

#42205 No title
ゴジラ様

銅などの金属は軍閥か官僚かがネコババして隠匿してるんでは?
不足した際に沢山持っている方が有利ですからね。

中東での戦争が長引けば銅は必需品です。弾薬の薬莢にも使用されますし、砲弾の弾にも使用されますから。
#42206 結果
国際的信用の収縮を招く可能性。日本のGPIFの投資運用の拡大も状況と環境に注意をしなければね。FRBでは量的緩和の措置を更に100億ドル減額の350億ドル模様だが、先日のTANKOBUさんの御指摘にあるようの他国の名義を借りてアメリカが実質的に緩和を継続なんていうことも・・・・庶民は投資に関し、何を基軸とし、信じて良いのやら。市場の裏操作だけは無しにして貰いたいものです。裏帳簿が当たり前の社会だからねェ・・・・ため息。
#42207 No title
Steinさん、マザーアースさん、おはようございます。

まさに世界的に喉元すぎればなんとかという状況なんだろうか?
#42208 早く全部弾けてしまえ、 deathかねぇーー。
喉元をすぎれば・・・・。 ですか?

本当に喉元を過ぎているのでしょうか?
どこの数字を見ても数字だけは一見普段どうりですが、
既に中国の不動産バブルは弾け、大英帝国の不動産も
弾けたらしい、次はカナダとアメリカの不動産バブルが
弾けるのでしょうか?

不動産バブルが弾けた、どこかの国で昔起きて
大変でしたのぉーーーー。 覚えてますか?

ヨーロッパではECBがマイナス金利の金融緩和を
行い、これは緊急事態そのものでしょうし、
イラクでは戦闘が激化しています。

ブラジルではワールドカップの最中に開催やめろデモ
ですし、そこここに札刷り、(金融緩和)の悪い影響が
出てきていますかネぇーー。特に不動産、どこかの国で起きたことと一緒death。

一時的にドルと米国債は価格が上がることもあるでしょうが、
そのあとは・・・・・。

もうそろそろ人工的に作られたインデックスと
統計、それに市場介入でできた価格は混乱の
中に入りそうです。 まあ日本はメデア操作と
一時的な経済運営がうまくいっていますが、
どこまでそれが続くか、紙のみぞ知る deathかねぇ・・・・。

小生としては、早く混乱して金価格が高騰してくれれば
(*´∀`*)(*≧∀≦*)嬉しいdeath。

金は社会の混乱が(*´ω`*)だいすきdeath。から・・・・。

($・・)))/
#42209 No title
picachu1234さん、こんばんは。

メディアから流れるニュースはわりと良いものが多いですね。影の部分もけして小さくはないが、指標によってはよく見えるものもあるのでどっちに乗るかで行動は変わる。さあ、どっち。

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する