金利の不思議は続く

債券投資は本当に良好なのだろうか。米金利は上がらないというか、上げられないと思っている。だが、GSは雇用が回復してくれば金利の正常化は早いと言う。金利は本当に買われて下がっているのか?それとも低くコントロールされているのかで実態は変わってくる。現在の金利水準が何を語ろうとしているのかは極めて重要なのである。しかし、退屈だね。
関連記事
スポンサーサイト

トラックバック一覧

コメント一覧

#42004 金利の不思議と言うよりも
v-39不可思議と言うべきか摩訶不思議な現状。ゴールドとシルバーの動きも然り・・・・悟り世代の境地v-8v-12v-7v-16v-15v-14v-17v-40
#42006 No title
マザーアースさん、こんばんは。

コメントの入れ方に摩訶不思議さが伝わってきます。
#42007 暫く金は休みではないですか
おはよう、ございます。

さて、昨日テレビで為替取引の番組をみておりました。
ユーロ/ドルではユーロが支持線としている移動平均線を既に下回っています。月曜日以降に多少のドラギマジックがあって、それは既に織り込み済みとのことでした。

1220ドル付近まで下がって、秋まで御休みの気がします。
資源は軟調ですが、ニッケルだけは別のようです。


#42008 No title
大河の一滴さん、おはようございます。

お休み論はあまり支持したくないが可能性はゼロではないですね。

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する