低金利長期化を保障?

バーナンキ氏は金融緩和と金利が過去の平均的水準を下回る状態が今後も長く続くとの見通しを在任中よりも明確に語っているらしい。現在の方が言いたいことは言いやすいとは思うが、どういうことだろうか?世の中に絶対はない。はっきりものが言える背景には理由が必ずある。つまり裏QEは存在するということなのか?ならば低金利がかなり長期に続くといっても嘘にはならないだろう。インチキにはなるかもしれないが・・・。

http://jp.reuters.com/article/JPshiten/idJPKBN0DZ07F20140519
関連記事
スポンサーサイト

トラックバック一覧

コメント一覧

#41902 No title
ゴジラ様、皆さま、ありがとうございます。
10年を超えて毎日欠かさず楽しく拝見いたしております。
米ドルの天敵であるゴールドを先物市場の売りで抑え込み、ベルギー等で、刷り放題の米ドルで裏QEを画策してドルの価値を維持する。
米国債の利率が3%を超えてくれば、市中に貸出しないで日本の銀行が抱え込んでいる円も晴れて米国債の買いに出動です。
よって米ドル帝国は永遠に維持できるとの思惑ですね。
しかし、事の本質は古のローマ帝国が銀貨の鉛含有量を増やさざるを得なくなり、遂に実質は鉛貨となり果てて破局を迎えたのと全く同じことではないでしょうか。
ローマ帝国は何百年かを要しましたが電子金融取引が過剰に発達した今日ではどういう経過を辿るのか。
古希を過ぎている私の目の黒いうちに見届けて冥土への土産にしたいものだと思っております。
(10年以上もこのサイトを拝見し、ゴジラ様や常連の方々の述べておいでのことから、全く知らなかった世界の真相を知ってしまいました。知らぬが仏とは言いますが、やはり、真実は知っておいたほうがいいと思っています。)
今後ともよろしくお願いいたします。
貴ブログの堅実なご発展を祈念いたしております。

#41903 バーゼル銀行監督委員会に
国債を安全資産と見なさない動きがあると原田武夫氏が昨日のメルマガで述べている。低金利の長期化の話はバーナンキ氏の在任中からの話とすれば既に金利の低い状態は随分と長い間続いていると思えるが・・・・その間、ゴルールドはドルベースで高値を試し、そして、取った。原田氏は2020年に(金融の世界も)世界的転換点に立つとしている。昨今の我が国の財政の事情や世界の金融、社会情勢から考えても安穏とはしている当節とはならぬだろうv-16
#41904 No title
taiyalさん、マザーアースさん、こんばんは。

taiyalさん、恐縮です。お互いに最後まで見届けましょう。

マザーアースさん、それは重大な問題を孕んでいます。唯一の安全資産の劣化は膨大な資金移動を示す。
#41905 管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
#41906 No title
○○さん、こんばんは。

私にとっては未知の話ですね。

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する