景気は上向きとの見通しだが・・・

FOMCにサプライズはなかった。テーパリングも引き続き行われている。景気は上向きとの見方のようだ。指標はまちまちでまだ安心できる状況とは思えないが、金利の上昇は住宅市場に重くのしかかり始めている。全てにおいてバランスは重要であるが、こっちを立てればあっちが立たずとすべてを満たすのは難しい。結局、自律的な反発力がなければ景気は本格的に良くなってこないのだろう。金価格には厳しい状況ではあるが、下がりきらないと見ている。
関連記事
スポンサーサイト

トラックバック一覧

コメント一覧

#41761 上がりも下がりも
上がりきってもいないので下がりきれもしないのだと・・・・ふと思うこの頃・・・・
#41762 No title
マザーアースさん、おはようございます。

まさにその通りですね。
#41763 セールスがうちの商品はダメと言わないのと一緒? かな?
FRBにしても、証券会社にしても、日銀にしても
”もうすぐ恐慌です。株も暴落します。地価や不動産も下落します。”
とはどんなときも口が裂けても言えないし、言いません。
それはどこの国でも同様でしょう。

営業マンがうちの商品はダメです。と言わないのと一緒でしょうか?

リーマンショックの不良債権の処理ができたなら別だけど、
ただ帳簿を付け替えただけで、まるっ切り変わってないのでは
ないでしょうか?

だから小生、ないか起きると信じております。
尻でもボリボリかきながら気長にまちますか?
#41764 No title
picachu1234さん、こんばんは。

良い根性してますね。そういう人が生き残るんでしょうね。

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する