不法移民の取り締まり強化は・・・

米国では不法移民に対する取締が強化されているようだ。そのため強制送還が増えているらしい。これは何を意味するのか?間違いなく失業率対策である。不法移民の強制送還によってその分の職が確保されることになるからだ。考えたな。これは数字的には結構効くんじゃないだろうか。米国のやることはエグいね。

http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/40488
関連記事
スポンサーサイト

トラックバック一覧

コメント一覧

#41662 No title
数年前までは米国もそこまでしていなかった筈ですが、
背に腹はかえられない?
市民権・永住権がある家族親類の元に行けば
大体在留許可が今までは出ていたみたいです(自身の周りでも)。
今はかなり厳しくなっているようで、
許可が出ない話を一昨年位から聞き始めています。
ほんのちょっとした申請の不備でも
今までならOKのものが駄目をだされるようです。
大体、親類を頼って在留する人達の付ける職業というのは
学歴が無かったりスキルが無かったりする場合が多いので
季節労働者か単純労働が多いのも事実のようです。
底辺に近い職種が多いです。米国人がやりたがらない仕事です。
インカム自体は経済波及にどうかとは思います。
数字合わせだとすると酷い話しです。
因みにここ数年で日本には労働で入国し易くなっているようです。
勿論「技能研修生」としてですが。
米国の肩代わりかな?
#41663 No title
こんにちは、ゴジラさん。みなさん。

今アメリカでは不法移民の取り締まり強化と言うよりも、民主党主導による
不法移民に対しての合法化がこちらでは取り上げられています。
民主党はこの11月にある議員選挙にそなえていろいろと非合法的なことを合法的にしようと必死です。たとえて言えばゲイのカップルの結婚の
合法化、あとやはりオバマ大統領による不法移民に対しての権利の合法化(これは移民局とは反対ですが・・。)あと一番は大麻でしょうね!
これは薬よりはいい面もありますが社会全体に与える影響はマイナスではないでしょうか?あとアメリカの貧困層に対しての充実した福祉・・。これはアメリカ社会の癌とも言える問題だと私は思います。これは貧困層からの選挙での1票が欲しいがために民主党が力を入れている部門です。
でもアメリカの軍事費と生活保護費は日本の国家予算の何倍も大きいと
思うのですが、それがためにニクソン大統領時代から、金本位制を切らなければならなかったのではないのでしょうか?
先日もコメントで投稿しましたが、アメリカでは最近、食料品、エネルギー(ガソリン価格も含めて)が毎日変化するぐらい(上昇幅は毎日にしたらまだ少ないですが・・。)上昇しています。私自身は、やはり給料も減らされいろいろなものの価格上昇のため家計は月に10万円ほどマイナスです(恥ずかしいはなしですが。)。いまは貯金を崩したり手持ちの金銀を売りながら生活を立てています。でも5年前までは、こんな生活は考えられませんでした。年収は1千万ぐらいありましたから・・・。でも投資信託や株に投資していたお金が
あったのでリーマンショック後にあまりにもいろいろな面が不審に思い手持ちのものを全部売って金銀(私は豊田商事の時代を生きた者なので現物)を買いました。だからゴジラさんのプログに来る方々の意見を参考にしたりゴジラさんの意見に共感したりして自分自身をたしかめているのかもしれません・・・。
こちらでもいろいろな人と話しますが、何も感じていないのは、貧困層と若者(就職では困っているでしょうが、世界の情勢まではわかっていないのでは?)ぐらいでしょうか?
でも、私はこのウクライナの情勢が世界、いや人類の生活を変えると思っています。BRICの力がこれから増強され世界の主導権はアジアに移動し、アメリカは衰退する。でも一時期は世界中、大混乱するでしょうね(通貨崩壊のため)。
アメリカ政府機関の重武装化やネバダのハンディー家の一般市民による革命的な政府への反抗はこれからのアメリカを物語っていると思います。
日本はその点まだ平和です。こちらではいろいろな人が銃を持ち歩いていますから。私自身はサービス業なのでいろいろなお客さんと会うのですが
50%はみな持っていますね。だから、怖い面もたくさんあるので、もし金融崩壊、食糧不足などとなったら醜い争いでしょうね。だからいまでもしこたま弾丸、銃の買い付けに忙しいです。金銀や食糧も大事ですが、やはり生き残らないと・・・・。
#41665 No title
pontaさん、スーさん、こんばんは。

生き残りを考えなければならない社会なんて想像もつかない。日本はまだ平和なんでしょうね。しかし、見た目の数字のためになりふり構わない米国は鬼気迫るものを感じる。
#41666 No title
 父親と戦前の話をしたが、それを聞くと巷間、言われているようなことは皆嘘だと思う。田舎の生活はほぼ毎日食うだけの為にいろいろなことをしている。今は多分麦の収穫まえで、その次の田植えと、人数分の野菜の植え付けかな。
 戦前、父親は実業中学の教育を受けて、アメリカ系の会社に東京で勤めていた。その就職指導は今と変わらない。最近は違うようですが、先生の勧めでいったに過ぎない。
 時は史那事変から大東亜戦争へとすすむ時だったが、東京の生活は楽しかったようで、その当時の写真を見ると、皆笑っている。十代だったが、私が見ると30代の感じだった。
 当時の雇用は社員と従業員の二つに分かれており、社員は会社が直接雇い、従業員は間に請負の会社があって、そこが雇用して、会社に派遣していた。
 連合の親玉を見ると、それすら知らないで、能書きをこいているが、話にならないでしょう。
 その生活をきくと、戦時下でありながら、今でいう、都市近郊のサラリーマンの生活だった。
 戦争がなければそのまま、東京にいただろうが、戦後帰ってきた。労働時間はアメリカ系だったので、8時から4時までだった。この四時までということは生活がまったく異なる。会社が終わった後、別の世界が作られるから、生活に余裕ができた。
タダ当時の農村は厳しい生活をしていた。
 わが国を大東亜戦争へと進めたのは確かに軍部もだったが、張本人は新聞社でしょう。そのほかにもあるがそれは文化的な問題で、歴史的さかのぼらないとわからない。
 今問題になっているものの元は新聞種がおおい。
 情報の落差は当時も今も大きいが不思議なことに、当時の新聞を今読むと、明らかに実態が分かる報道をしているが、それは読む人の位置による。見方をかえれば負けた負けたと新聞は報道しているから、大日本帝国は亜米利加に敗北して別の世界が来ると考えることは可能でしたが、それがなぜかできなかった。
 小保方女史の報道を今から追っていくと何を元にして小保方女史をマスコミ其の他が追及したか?又その意図は何だったかがよく分かる。非常に短時間に展開したから、資料として調べるといろいろ得るものが在るでしょう。
 彼女の論文に驚愕した勢力がいた、その手先として動いた日本人がいたということです。成りすましの人だったかもしれない。個人的には池田信夫氏には意外感が生じた。

 我国の外国に関する知識は基本的には話しにならないものだと見ることです。ウクライナについてのいろいろな報道は結局は我国のマスコミ其の他は何も知らないことを示しているに過ぎない。kenjiもしっている部類ではない。

 同じように、史那朝鮮についても基本的に今、知っているような事は幻想に過ぎないと思う。史那専門家朝鮮専門家というが彼等は自身が持っていることとそれを外に出すこととの落差があるが、その専門的に知っていることについてもあやしい。それほど外国を理解することはむずかしい。

 外国を理解するにはその国へいって、商売をすることです、これが一番確かなことで、その意味で政府職員より民間人のほうがはるかに外国について知っている。
 大東亜戦争のときはその民間人の情報を逆に利用した。しかし多くの民間人の情報は戦争には否定的だった。

 さて金銀だが、ここへきて、ビットコインというものができて、意外と多くの人が金に抱いているものをそれが担うのではと思うようになった、今だ詳しくは理解していないが、ビットコインの偽を作ろうとすると、計算をしなければならず、その計算は時間と電気を使用するから、その計算開始から最初に成功した人が次のビットコインをすべて構成するような仕組みで、それをまた追いかけるとなるとコンピュウターの計算速度が物を言うから、追いつくことができず、従って偽が作れないというようなことのようです。 
 しかもぶつがなく、コンピュウター上のもので、誰でも自由に資格さえあればでき、また無限に分割できて、しかも自由に他人に与えることができる。
 その上、他の通貨によって評価されてもかまわず、ビットコイン自体の機能は変わらない。
 貿易金本位制における金現送点に相当するものが、ビットコインにはない。なぜなら瞬時に決済ができるからです。LCも必要ない。ビットコイン市場ですればいいから。
 ビットコインについてはきちんと理解する必要がある。
一番は瞬時に決済ができて、決済における経費がまったく必要が無いことです。
 
#41667 No title
kenjiさん、こんばんは。

この手のコメントが一番返すのに困る。だらだらといくつもの内容を散りばめてどれに回答して良いのか分らない。出来れば一つに絞ってコメントは入れてください。
#41668 スーさんの投稿に対する感想
途上国→新興国→先進国に推移することによって

一時的に工業化を成し遂げて高付加価値商品を製造し輸出して潤うのですが、イノベーションが停滞し、新たな付加価値訴求ができない場合、後発新興国との技術差が縮まり人件費などによるコスト競争に入っていきます。
(移民の合法化)
今般の世界企業の投資活動は、国境を越えほぼ自由になりつつありますから、アメリカと言えども国内製造業の空洞化にさらされる部門も多くあるように思います。
輸出製造業が国内から減ってくると国内雇用に占めるサービス業の比率が高くなってきますから、
雇用者数も増えていき国内が不景気になれば供給過剰な状態となり賃金は下落します。

他国から需要を引き受け国内に
マネーの波及経路が増えないと
サービス業というのは、特別なものを除き国内でマネーを回しているだけですので、サービス業に従事する労働者比率が上がると実態経済グロスで回っているマネーの量は増えませんから貧困になる確率が上がります。

あと労働者の平均的な賃金が下がるとお金を借りることが出来なくなるのですが、サブプライムローンという抜け道を作って国内実態経済にマネーを供給していたのですが破綻しました。

マネーの波及経路は

①誰かがリスクをとって借金をする事(中間層の減少によるサブプライムローン)

②他国から需要を引き込み国内労働者が働く事(輸出拡大)

③②に似ているが他国の投資家が国内で事業をはじめて工場などの設備投資をし雇用する事
(シェールガス革命効果は?)
④効果は非常にないが一部の投資家が金融市場で儲ける事によるトリクルダウン

本来、民需による借金が減ってくれば国が借金をして需要を作るのですがアメリカの公共投資は、あまり増えていません。

あと戦後から日本とドイツが頑張っていた新帝国循環も壊れつつありますから債務上限問題アピールをするんでしょうね。
#41669 スーさんへ
こんばんは、ねこです。大変ですねアメリカは。私は2回の大戦がなければ、とっくに世界の主導権はアジアに来ていたと考えています。通貨崩壊はもう始まっていると思います。各国々、個人でどう対応するか、考えるところです。
日本でも消費税が上がり、年金は下がり年金生活者は苦労しています。
ウクライナの情勢は多分、アメリカに引導を渡すキッカケになるのでは推察しています。
日本でも移民を受け入れるそうですが、私は反対です。面倒が起きそうな予感がしています。
#41670 No title
LEAP2020の最新コメントが今日アップされました。(GEAB N84)
http://www.leap2020.eu/GEAB-N-84-is-available-Europe-dragged-into-a-division-of-the-world-between-debtors-and-creditors-the-United-States_a16039.html
ウクライナ危機で冷戦を演出しているのはやはり米、と見ているようです。 米は一人沈むのではなくEU(TTIP)や環太平洋諸国(TTP)を道連れにすることを企んでいる、と見ています。 EUもベルギーが米国債を異常に購入していることからして米に籠絡されている。 米はTTIPやTTPを締結することでドル決済貿易圏を何とか確保、これに対して、BRICSやそれらの衛星国家はドル離れしようと近々BRICS版のIMFや世界銀行を設立、独自の海底光ケーブル網を施設して元やルーブル等での決済を行おうとしている。 習近平がドイツを訪問するようですが、EUにどの程影響力を与えられるか? 中国やロシアの最後の切り札は世界があっと驚くようなGoldの保有量を発表する時か?


#41671 No title
モモさん、ねこ★さん、TANKOBUさん、おはようございます。

モモさん、今までは製造業の衰退から覇権国家は次の国へと継承される形となっており、継続できたケースはない。恐らく米国はシェールガスで覇権維持を成功させようとしているのではないか。そもそも米国が覇権国家たち得たのは莫大な製造業の存在は大きかった。それ以前の英国も同様でした。

ねこ★さん、重要な考察です。欧米は主導権が完全にアジアには渡らないように画策しています。

TANKOBUさん、面白い記事ですね。ドル高になりきらない背景はドル決済権の減少が絡んでいるのですかね。
#41672 No title
スーさん、ゴジラ様

お世話になります。鬼気迫る感じが伝わってきました。日本ですと
チャカ、small armsは用意はできないので戦国時代の知恵を生かすしかないでしょう。

オバカでは危機を乗り越えられるほどの指導力はないので、各々が連帯して脳漿を振り絞るしかないでしょうかね。通貨の危機は流通の危機ですから、物々交換、バーターでしょう。となれば戦時中貴重品であった砂糖などはアメリカでは価格は上昇しているでしょうか?であれば砂糖はいい現物投資かもしれませんね。

永井荷風の戦時中の日記なども参考になると思います。
#41673 No title
コジラさん、みなさん、こんにちは。

米ソ冷戦は、まだ終わっていないと言うこうでしょうか?

米国が崩壊して、初めて冷戦終結と言うことですか。

#41674 No title
Steinさん、運送業者さん、こんばんは。

コメントを繰り返していくとドンドン悪い方へ行きそうです。実質的に経済状況は悪化していると思うんですが、数値的にはそれほどでもないのがミソです。今のうちに一発逆転の策があるのかどうかが問題。

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する