原因はなんだと思うかね?

gold20140312_convert_20140312225420.gif

金価格は今までの感覚で行くと横ばいがいいところだったと思うが、意外と健闘している。まだ、じわじわと競り上がる状況が続いている。私はクリミアが原因だとは思っていないが、そろそろ真の原因が知りたいところではある。ファニーメイとフレディマックの暴落は非常に興味深い現象であるが、欧州の5行が提訴されていることも影響しているのではなかろうか?つまり露骨な介入がやりにくくなっているのではないか?
関連記事
スポンサーサイト

トラックバック一覧

コメント一覧

#41179 やっぱり気分いいもんですね
今晩は。
そうですね。露骨な価格操作を手控えてるからなのかもしれませんね。キトコのグラフを眺めていると、凧上げしてる気分になります。まだ天まで上がらなくてもいいよってとこ。
#41180 再度の不動産バブルの崩壊ですか?
介入ができれば露骨でもやるでしょう。

金現物がなくなりつつあるので、先物での市場操作が
できなくなった。のかな?
あとはこれですかネ。
2014年1月バンクーバーでの投資セミナーでの様子です。

http://www.youtube.com/watch?v=GV3mWW9EnEA#t=75

アメリカは不動産バブル2.0です。
アメリカでは不動産バブルがあり、ベン・バーナンキが
以前の状況に戻しました。

これはアメリカの平均的収入と平均的家屋の価格を
比較したグラフです。
これらは4.5倍くらいでしたが今は6.5倍以上です。

これらは維持可能なレベルではありません。
(単に価格が高くなりすぎて購入できる人はわずかと言いたい)

カナダでのデータはありませんが、私はカナダも
アメリカと同じと考えています。
ですのでカナダでもアメリカであったような
巨大な不動産の崩壊があるものと思われます。

(大変大まかな意訳で、数字もおおよそな聞き取れる範囲のものです。)

ーーーーーーーーーーーーーー
フレディーとファニーメイの株が暴落したとゆうことは
不動産バブルが再び弾けたのでしょうか?
#41181 No title
例年、インドの春の祭りアクシャヤトゥリティーヤ(黄金の吉日)で4月~5月はGoldの需要が増えます。 インドではGoldの関税がこの1年足らずで0%だったのが15%?まで上げられ、しかも輸入量の20%は宝飾品として輸出しなければならない義務が課せられました。 でもこれは不評で、経済失策も重なり4月7日から始まる総選挙では与党が相当苦戦すると予想されており、これを打開するため政府が今月中にGoldの規制を緩和するのではないか、と。 それによるインドのGold需要回復期待もGold価格の底堅い動きの1つの原因かも?
#41182 No title
結局、テーパリングだと強気を言っているが、経済指標が低くなればQE4,5と泥縄式にやらざるを得ないだろうし、量的緩和によってドルの希釈に拍車がかかり金価格の更なる上昇ということになるにではないでしょうかね。
#41184 No title
みなさん、おはようございます。

金利の上昇は住宅部門に影響を与えると思いますが、今のレベルでもこたえるのでしょうかね?いずれにしてもゴールドの上昇はいろんな憶測を呼びます。
#41186 You TuBeでも
Russia shoots Down Two US Drones? 出てますね
#41187 活況呈する金市場、ペーパーマネー・バブル崩壊の予兆か
#41188 No title
こんにちわ。コメントは久しぶりです。
中国の不動産バブル崩壊や企業の債務不履行など信用収縮が原因だと思います。
アメリカはNYの高級不動産は値上がりしているようです。
中国の富裕層はアメリカやカナダに移民する人が多いですが、最近カナダが投資移民制度を止めると言っていますから申請していた富裕層が金を買っているのかも。
中国の富裕層は中共を信用していないですし、国民の不満も溜まっていてテロや暴動なども、多国間でも問題山積ですね。
#41189 コピペいたします。
ウクライナ緊張を受けて金上昇!

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆☆★☆☆★☆☆★
  ドットコモディティ マーケット情報(3/12)
  NY金4月限   終値  1370.5ドル ( 23.8ドル高)
シカゴ小麦5月限   終値 683.75セント (24.75セント高)
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆☆★☆☆★☆☆★

12日のNY金は、続伸です。
ウクライナ情勢に対する根強い警戒感を背景に逃避買いされ、
年初来の高値を更新しました。

事態の打開に向け、米国とロシアで協議がなされたものの進展は見られず、
クリミア半島をめぐるウクライナとロシア間の緊張が一層高まっています。
また、為替面においてもロシア・ルーブルが欧米主要国・地域の通貨に対し
下落基調を強めています。

依然、不安定な動きを見せる為替相場が懸念され、金の「代替資産」として
の一面が注目され、買いが進んでいる模様です。

そのような中、16日に行われるクリミア自治共和国の住民投票に注目です。

一方、中国の景気減速懸念などを背景に米株式相場が軟調に推移し、
リスク回避姿勢が強まっていることも、金価格上昇の追い風になったよう
です。


また、農産物においては、昨夜、12日のシカゴ小麦が大幅続伸です。
米国グレートプレーンズ(中西部の大平原地帯)南部の干ばつによる冬小麦
の作柄悪化不安やウクライナからの穀物輸出減少観測が背景となっているよ
うです。

また、米国小麦の期末在庫が予想を下回る5.58億ブッシェルで据え置かれた
ことも、価格上昇の一因となりました。
(*単位:小麦1ブッシェルは、約27.2kg)

その他、国際穀物理事会(IGC)の2月27日の発表によると、14年6月-15年5月
の世界の小麦生産高は6億9600万トンとなり、前年の推計7億800万トンから減少
すると見込まれています。


今後の小麦の動きにも注目です。

なお、東京金は、本日13日の午前9時から始まっている日中取引において、
昨年9月以来の高値を更新しています。
13日、午前11時時点の高値は、先限2015年2月限では、4,537円/gをつけて
います。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━PR(広告)━
       【世界の金融情報サイトADVFN】
     http://jp.advfn.com/ct.php?ct=NzM3NDM=
ADVFNでは個人投資家向けの様々な市場データやツールを扱っています!
国内外の株価/為替/先物の情報や、それらを分析する高度なチャート
分析を使おう!
サイトはこちらから → http://jp.advfn.com/ct.php?ct=NzM3NDM=
━PR(広告)━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

今週の主なイベントは以下です。

☆米新規失業保険申請件数 (日本時間3月13日21:30)
☆米小売売上高  (日本時間3月13日21:30)
☆米農務省週間輸出成約高  (日本時間3月13日21:30)
☆米生産者物価指数    (日本時間3月14日21:30)


*****<キャンペーン>********************************************

#41190 No title
みなさん、こんばんは。

フラクタルさんの引用が真の理由のようですね。中国のデフォルトは金需要の増加をもたらすでしょうからそれも理由の一つですね。

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する