東京に来てます

今日はJALで広島から東京に来たんですが、前便が欠航したため振替とかで私の乗った便までが大混乱して離陸は遅れるし、羽田では強風もあり到着がかなり遅れてしまった。でも、雪の影響がなかったことを良しとするか。

米雇用統計は良いと判断されたからか、米国債は4日続落と金利は上がってきた。だが、これでは良い金利上昇と見なされてしまう。私は基本的に当局が買っているものは売るべきだとするビル・グロス氏の意見が正しいと思っている。当局が操作することによって市場に歪みが生じて正しい判断がなされなくなるのは問題である。
関連記事
スポンサーサイト

トラックバック一覧

コメント一覧

#41143 No title
CTFCの白金のたて玉の変化において、今までと異なった現象が出た。継続して記録してみていたわけでは無いかがある種の法則性があった、帰納法によるものだが。
 まあ分からんが変化が動き出したかもしれない。
国内で先物の取引方法において新しい方法ができた。
 それは先物会社のメシの種を合法化したものだが、理屈を考えると、値動きが停滞しやすい。この停滞しやすいとは説明しにくいが、とにかく、停滞することが多くなると思う。
 取引の理屈を知人に説明したら、先物会社の飯の種になるとのご託宣だった。
 三月に入って、今までとなんとなく異なっているなあと思っている。とうとう損ギリをした。売りの損ギリをした。普段ならそのまま持っているけれども。

 ウクライナが内戦となると大事でしょう。ドイツとソ連の攻防戦と同じ現象が結果として起きると思う。
 背後に大きな絵図があるねえ。神の絵図かな?

湾岸諸国の動揺や内紛のようなものが起きているから、わが国にとっていいことは無い。100年単位の歴史で見れば、石油の争奪戦に過ぎないが、わが国はリスクを負って、石油を使っていることをわすれてはいけない。石油のリスクと原子力発電のリスクを計算して、この先を決断してすすまないと。その日暮らしでは、いけないが、日本人は突き詰めるとその日暮らしをする能力しかない。
 リースレートの何か変だ。
しばらく考えることにした。新しい取引方法の影響についてです。
 第三次世界大戦へと世界は向かっている。その勝利者がアメリカだとよいとkenjiは思っている。

 戦前、フランスの駐日公使、ポール・クローデルは<不思議なことに、日本人は周りをすべて敵国で囲まれているとおもっている。私が見るところ残念ながら、それはただしい>と書いているという。直接資料にあったわけではない。引用文にあった。
 あれほど日本文化を尊敬した彼が正しいと判断したその外国の日本観はどのようなものだっただろうか。

 沖縄の基地反対運動はまるで、大東亜戦争の玉砕戦のような展開をしているわけだが、そのやり方は、我国軍部が史那で戦線を拡大していった、やり方と同じで、自らの判断で現象を見て、やめるということができない人々ですね。

 当たり前か、よほどの壊滅的敗北をきさない限り、人や民族は生き方や、やり方を変えることはできない。
 その見本が南北朝鮮だが、ここに大きな宝がある。
2020年まで持たないと見ている。2015年にはWTOの関税撤廃が中共にも適用されるという。この影響は知り合いがいうにはきわめて大きいとのことです。何のことか、ワカラナイガさらにわが国が空洞化するとのことでした。
#41144 寒い関東へようこそ
週末しかも往路は散々な出張とはお疲れ様でした。
東京の空気はいかがでしょうか。関東は寒気に包まれて平年を下回る気温が続いていますので防寒はしっかりと。御自愛下さい。
米国雇用統計…いい加減とは申しませんが、雇用の実態との距離をますます感じます。それに「中央予想値」の予想も果たして意味あるのかな?と感じてしまう。
#41145 No title
kenjiさん、農民ですさん、こんばんは。

kenjiさん、何か変化が起こっていると感性で感じ取っているということですね。

農民ですさん、大丈夫です。広島の方が寒い。やっぱ人が多いね。指標は微妙です。まだ、どっちとも取れる感じで完全に判断が効く時は大きく振れる時。
#41146 No title
#41147 環境対策
かつて、東京も大気汚染等の環境汚染が酷かったが、中国は今後、経済成長を犠牲にしても環境対策に資金を投ずるそうだ。その額、84兆円。これって新たな経済成長の柱であるとは思うが、我が国の技術が活かせると良いですね。でも、また、中国が新幹線のようにパクリに出るのには注意が必要ですね。
#41148 No title
銀河さん、マザーアースさん、おはようございます。

中国に日本の環境技術があったら今の苦境を脱するのは難しいことではない。だが、間違いなく技術はコピーされますからね。これまた難しいところ。

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する