難しい経営判断だが・・・

バリックのCEOが2~3年で金価格は2000ドルに向けて上昇するという予想だが、極めて難しい経営判断である。外れると命取りになるからだ。もしそうであるのならコスト高の鉱山を閉める必要もないし、資産の切り売りをする必要もないはずだからである。むしろ積極的なM&Aに乗り出すべきだろう。しかし、バリックはむしろ逆の動きをしてきた。言ってる事とやってることが噛み合わないとも言える。どちらかと言えば中国がそういった行動を取っているわけだが、正しいかどうかは先々に行ってみて初めて分かるものである。
関連記事
スポンサーサイト

トラックバック一覧

コメント一覧

#41129 【リンゴも同じくそうです】
リンゴ社も会社の数字については、控え目というか低過ぎの数値
を出してきて、最後には「アレ?いい数字が出ちゃったよ!」と
シレっとしています。(投機家もリンゴの低い予算には慣れっこ)

バリックも、良くも悪くもカタイ経営です。ここ数年のGOLD上昇
局面でも遅くまでヘッジの為のショートポジを持ったままでした
し・・今回もリップ・サービスとして言ったのが本当では?裏を
返せば、「$2000なら大儲けだけど、そうじゃなくても安心よ」
というメッセージだと想像する、もとい!そうに違いない。

ABXとNEMを目下ホールドしてますが、相変わらず利が載って
いかず底にたむろすボウフラ状態ですわ。2014年もダウなど
主要株は、ここのコメント人の破滅願望を無視してイッちゃい
そうな気配。

昨日「プーチン頑張れ!」なんて言ってたら、まわりの人達が
引いていきましたわ。冗談半分なのにね~。


#41130 No title
アホンダラさん、おはようございます。

上手い表現ですね。近いところをついているかもしれません。

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する