fc2ブログ

SPDRは不可思議ではある

hra021614-1.jpg

当初SPDRはFRBのバランスシートの拡大に比例して増加していた。不思議なのはQE3を始めてから猛烈にマイナスに振れ始めたことだが極端すぎる。結局QE3は金価格のために何もしなかったことになる。少なくともQE1とQE2は金価格にとって正の相関があった。この違いはどこから来たのだろうか?こいつは大きな謎として残った。
関連記事
スポンサーサイト



トラックバック一覧

コメント一覧

#40878 成分が違う?
OE1QE2が同じ性質のものQE3が違う性質のものと考えるくらいしか解がないね?
#40879 代替通貨かコモディティか
QE1、QE2での時点ではゴールドの通貨としての側面から、QE3時点では通貨としての側面がピークアウト(相場の飽き)コモディティとして売られたと言うことかも知れない。更に相場の腰折れを招いたのはバーナンキ氏の緩和縮小の発言であったと考えている。今般、1300ドル超えをし始めたのは、新興国通貨とともに先進国諸国の経済と金融財政の諸般の事情から緩和政策の破綻が近いとの臭いを再度嗅ぎつけ、代替通貨の側面に見なおしの買いが入ったと考える。人間の感情と相場感覚の心理的起伏の要素が多分に非線形的にアドホックに絡み合っているのでしょうね。
#40880 No title
ゴジラさん、ももさん、こんばんは。

QE3が始まってからの各マーケットの動き、今後予想される動きより、株を上昇させ、消費を促し良い経済指標を作り出す。

それと同時に、金価格を下落させ、中央銀行グループ及び中国などに金現物を集めさせる。

その準備が整ったところで、QE3の縮小を進め、インフレを起こし、債務を縮小させると伴に金利を6%位に上げていく。

こんな感じかな。

#40881 No title
みなさん、こんばんは。

それぞれの見方には一理あるが、決定打となりきれていない難しさがある。でも、迫っているとは思います。それぐらい複雑怪奇な世の中ということ。
#40882 不気味なゴールドの上昇
ハゲタカファンドが投資先のイグジット、債権の回収を急いでいる様子。私も未回収債権の回収を急いでいる。市場では不気味な金価格の上昇とされている。米CFTC、商品先物取引協会、2月11日、ゴールドの取り組み公表。売り買い差引98990枚(307.8トン)の買い越し増加。
#40883 No title
以前も書きましたが、とある英文記事で、中国がSPDRを利用して金価格を操作している、と言っていました。 その時、ゴジラさんのコメントは中国がSPDRを買っている、というのは聞いたことがない、とのことでしたが、中国が前面に出てSPDRを買うことはなく、agentを利用して中国関係者が買っているとは判らない形で買っていると思います。 ここからは私の推測ですが、JPMがBank Partisipation Reportで唯一COMEXで取引している銀行の中でNet longになっていることから、中国はJPMと結託してSPDRを償還することで金価格を下げ、これを知っているJPMがそれに乗じてCOMEX
で唯一Net longになった、そして下がった金価格で中国はLMEで安くなった現物をしこたま仕込んでいる、のではないか? そうでないと説明がつかないような・・・・ そしてJPMがCOMEXでLongを現引きすれば金価格は暴騰して、中国は安く仕込んだ金の価値が上がって大喜び。 事実とすればJPMが先物金価格暴騰の引き金を握っており、売国奴ですね。
#40884 大寒波
米国

2月19日 1月住宅着工件数
2月20日 新規失業保険申請件数
2月21日 1月中古住宅販売件数

我が国、日本では今般の南岸低気圧の影響による大雪が、物流網を寸断、物資補給がままならない状況を痛感させられた。首都圏直下型地震や金融変動による金融封鎖などが今後どのように生活圏に影響を及ぼすかを改めて学んだ。今後の教訓する。
#40885 No title
追加ですが、何故中国の投資会社がJPM本社地下にある世界最大の金保管庫を買ったのか? JPMの殺生与奪は既に中国に握られているのかも・・・・ 中国とJPMは特殊な関係になっていると思うのが自然ではないでしょうか。
#40886 JPMの本社ビル
JPMは事実上資金が枯渇、本社ビルが中国の手に渡ったと聞き及んでいます。HSBCも資金使途が不明確にあり、引き出し理由が文書等で証明ができない限り引き出しの規制と制限がかけられているようですね。米国は債務上限引き上げの議会合意にありますが、今月の28日の資金繰りができていないとの話が根強くあるようです。
#40887 気候変動は大量破壊兵器
16日、ケリー国務長官がジャカルタの講演で述べた。
#40888 No title
度々の投稿で申し訳ありません。 メールの配信情報を参考までに添付します。

2月14日に発表された1月の米鉱工業生産は前月比0.3%減と、市場予想の同0.2%増を大幅に下回る結果となった。もちろん、指標の悪化は主に寒波の影響によるものだが、市場はあとどのくらい「天候要因だから大丈夫」との説明に我慢できるだろうか。問題なのは悪天候が予想以上に長引いていることで、14日の段階でもニューヨークでは大雪により非常事態宣言が発令された。こうした事態は今後発表される経済指標にも響くし、さらに悪天候が長引けば米国の実態経済にも悪影響を及ぼす可能性がある。XXXは1-3月期のGDP成長率予測を、これまでの前期比年率1.5-2.0%から、同1%に下方修正した。4-6月期は天候要因がはく落すること、1-3月期の反動などにより高成長が期待できるとみているが、目先、経済指標の悪化が続けばドル相場の足かせとなろう。なお、足元で
米株高とドル安が同時に起きているが、ひょっとすると市場は量的緩和縮小のペースにブレーキがかかるのを期待しているのではないだろうか。その場合、今週19日に発表される米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨で、「緩和縮小のペースは変わらない」との姿勢が示されれば、失望感からいったんリスクオフとなる可能性もあるため注意したい。

私も最近の経済指標が悪いのに米株価が上昇するのに違和感を持っていました。 FOMC議事録内容によってはリスクオフで株価下落、金価格更なる上昇も有り得るか? もしも、「緩和縮小を止める」であったら株価は維持して、もっと金価格にはpositiveなるか?
#40889 No title
マザーアースさん、TANKOBUさん、こんばんは。

マザーアースさん、普通に考えればポジションを公開する意味はない。どういう意味があるのかが問題。

TANKOBUさん、中国とJPモルガンがグルになっているのであればすべての説明はつくのかもしれないが、それは米国と中国がグルになっていることを意味する。してその心は・・・。
#40891 日銀金融政策決定会合
日本でも本日の株価の上昇を、日銀による追加緩和の期待としていますね。米国でもFOMCに対するテーパリングの見直し期待があるかに思えます。
#40893 No title
マザーアースさん、こんばんは。

ぶり返す可能性は多いにある。
#40895 No title
ゴジラさん、お久しぶりです。
いつもROMばかりしています。

TANKOBUさん
> 中国は安く仕込んだ金の価値が上がって大喜び。 事実とすればJPMが先物金価格暴騰の引き金を握っており、売国奴ですね。
JPMは売国奴ではなく、莫大な富を得ることしか考えてないのではないでしょうか。アメリカは、利用するだけ利用した。って感じ。

> JPMの殺生与奪は既に中国に握られているのかも・・・・
JPMが中国に握られているのではなく、JPMが中国をそのように操っているのかも知れません。奴らは、国を持たない越境した投資家(金貸し屋)なのだから。

ゴジラさん
> それは米国と中国がグルになっていることを意味する。してその心は・・・。
米国と中国がグルになっているのではなく、現在アメリカに住む金貸し屋と中国がグルになっているのではないでしょうか?
やはり次の覇権国は、中国なのかも知れません。
#40897 No title
かずさん、おはようございます。

本当に久しぶりですね。覇権国になるとしても相当先の話でしょうけどね。

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する