ゴールドが上昇を始めたのは・・・

ゴールドが上昇を始めたのはいつの頃からだったか?もう10年以上も前になる。諸説いろいろあるが、通貨発行量、いわゆるマネタリーベースの膨張に連動してのものであるとか、債務の膨張に連動しているとか言われてきた。いずれも通貨に関する問題である。特にドルと結び付けられるのがゴールドの定めである。時を同じくしてその当時9.11事件が起こっている。その結果、米国はイラクへ侵攻することとなった。そもそもの発端となったのはイラクが原油の決済通貨をユーロに変えると言い出したことに始まるとも言われていた。ペトロダラーの再循環体制、それはドルが基軸通貨としての地位を維持するために原油の決済をドルのみで取引する体制の事を言う。その禁を破ったのがフセインであった。ゴールドの上昇はその頃とも一致する。ひょっとしたらゴールドウォーズはドル対ユーロの側面を持っているのかもしれない。現在、中国を除いてゴールドを買っている国は通貨安に苦しめられている。これは偶然だろうか?原油とゴールドは戦略物資なのだ。間違いなく両方とも重要な鍵を握っていると言える。
関連記事
スポンサーサイト

トラックバック一覧

コメント一覧

#40238 ゴールドウォーズの側面
ドル対ユーロ、ロックフェラーとロートシルト、スコティュシュライト、ヨークライト対グラントリアン等々の複雑な側面はあると思う。EU・ユーロ諸国は準備金の総量も相当のものだ。
#40239 管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
#40240 No title
ゴジラ様

アメリカの衰退とゴールドの上昇は案外符合しているように思います。二次大戦後のアメリカは記憶が正しければ3万トンくらいのゴールドを保有していたと思いますが、今では公称8000トンでしたか、それすら本当にあるでしょうかね。

イスラエルとサウジに冷たくなったオバマ率いるアメリカですからね。特にサウジがドルを裏切るようになったらゴールドの存在感は更に増すのではないでしょうか。

あと金の切れ目が縁の切れ目ですよね。払底した財政状況下でのアメリカ軍ですからね。軍事行動も制約されることも考慮しないといけないですね。もし北朝鮮と韓国が戦争になっても米軍は関与しないかもしれません。国内世論がオバマに圧力をかければ米軍は傍観するかもしれないですね。オバマはチキンですからね。そうなればゴールドは強い、軍事力のないアメリカには存在価値はないイコールドルの瓦解でしょう。
#40241 No title
マザーアースさん、○○さん、Steinさん、こんばんは。

恐らくドル対ユーロの結果がゴールドに関係していると思います。これどっちが勝つと思う?
#40242 管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
#40243 シャルル・ド・ゴール
1960年代からシャルル・ド・ゴールによって仕掛けられたゴールドウォーズが結果として1971年8月15日のニクソンショック(ドルショック)となったことは有名。当時、新聞の一面を大々的に飾ったこのニュースがどのような意味を持つかもわからないながらも、世界的重大ニュースであることは中学生の私でも分かった記憶がある。これが、今でもドル対ユーロの戦いとなって続いているのかも知れないね。
#40244 No title
ゴジラ様

どっちもヘトヘトですが、プレイヤー(政治家、経済人)の質を考えるとユーロかなと思います。

吉田繁治氏のイタリアの銀行の金塊の話が真実味を帯びてくるかなと。
#40245 No title
○○さん、マザーアースさん、Steinさん、こんばんは。

これは次の主導権争いの戦いだ。だが、結果的にお互いに弱っている。これでは意味がない。
#40246 No title
昨年12月18日のFRBによるtapering発表でも米株価は下がらず、金曜日の低調な雇用統計でもドル指数は低下、10年米債は上昇(金利低下)したのに株価は下げず。 FRBによる無理やりの株価操作も限界に近いか? 株価下落でgreat rotation? それとも株価救済でtapering撤回、更なる経済指標悪化ならQE拡大? 変曲点に近いような予感がします。
#40247 No title
あがっているときはアホンダラとかブレブレコガネムシとかキングギドラとかショーターの書き込みが減るなw
#40248 No title
TANKOBUさん、あほんだらのあほんだらさん、おはようございます。

矛盾の調整が難しくなって来た感じがします。今後の対応は注目。

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する