重要な1年となるゴールド

今年はゴールドにとって極めて重要な1年である。今年さらに下落するようだと長期低迷の予感が頭をよぎる。今年は反発することが絶対条件とも言える。そんな中で大手銀達の予想は極めてネガティブである。いわゆるゴールドバクと呼ばれる私たちは強気の意見も多いが、正直リスクと隣り合わせのようにも映る。だが、危険だと思い込まされているところが最も安全だということも多いのが投資の世界である。さて、今回はいかがなものだろうか?
関連記事
スポンサーサイト

トラックバック一覧

コメント一覧

#40153 金融抑圧という収奪
   MINI COLUMN安倍政権のメインシナリオか 金利を強引に抑え込む「金融抑圧」  12/28 週刊ダイヤモンド

内閣府が2013年8月に発表した経済財政試算における「経済再生ケース」、いわば安倍政権の今後のメインシナリオで、合点のいかない見通しが示されている。
 消費税率の2度の引き上げを行っても、財政には大穴が開いた状態が続く。
 その一方で、政府債務の名目GDP比は15年度以降、逓減していく。
 大がかりな財政構造改革は一切想定されていないにもかかわらず、である。

その鍵は、長期金利が名目成長率を大幅に下回る前提にある。
 大きな税収増の恩恵を受ける一方、利払い費の増加はごく少額にとどまるという、極めて政府に都合のよい見通しなのだ。
 これは安倍政権が少なくとも今後数年間、日本銀行を通じて、「金融抑圧」を行うつもりであるように受け取れる。

金融抑圧とは、名目金利を人為的に抑制し、実質金利をマイナスに抑え込むことを意味する。
 第2次世界大戦後の約30年間には、わが国をはじめ多くの国が行っていたが、可能なのはあくまで国内金利についてのみで、国際間で厳格な資本移動規制が敷かれている場合に限られる。
 今日では、海外への資本流出が始まった時点でついえることとなろう。

金融抑圧は重債務国にとって誘惑的な政策手段かもしれないが、現在のわが国の特効薬たり得ず、失敗したときの代償はあまりにも大きい。
 ーーーーーーーーーーーーーーー
   金融緩和と量的緩和は全く違う 「金融抑圧」は回避すべき 1/7 闇株新聞

 (挨拶省略)
 表題の「金融抑圧」とは、公的債務負担の圧縮を目的として人為的に長期金利を低めに押さえこむことであり、マイナスの実質金利となる債券(主に国債)を保有する金融機関を通じて、最終的な負担を預金者・年金受給者・保険契約者などに押しつけることです。

 つまり「増税」と同じです。民間から政府に巨額の富(金利収入)が移転するからです。

 それでは「金融抑圧」の結果、景気はよくなるのでしょうか?

 よくなるはずがありません。

 もっと正確にいうと、長期金利を低めに押さえることによる景気刺激効果と、民間が失う巨額の金利収入によるマイナス効果のどちらが大きいかということですが、教科書的にはマイナス効果の方が大きいと考えられています。

 日銀の「異次元」量的緩和とは、この「金融抑圧」に外なりません。

 黒田日銀総裁も、はっきりと「国債を異次元に買い続けてマイナスの実質金利を実現する」と表明しており、まさに「金融抑圧」を行っていることを認めています。

 確かに「異次元」量的緩和で、デフレマインドの払しょくや日本経済の本格的回復への「期待」が盛り上がり、円安と株高が進んだことは事実です。

 ただ「期待」に反応するのは株式や不動産や為替などの資産価格だけです。

 つまり「異次元」量的緩和とは、あくまでも景気回復への起爆剤ではあるものの、長く続ければ続けるほど日本経済に悪影響が出ると考えるべきです。

 だからFRBは「さっさと」量的緩和の縮小に踏み切ったのです。

 そもそもFRBの現在の量的緩和(QE3)とは、実質国有化していたFNMAとFHLMCの保有資産を前倒しで縮小する際に市場に出てくるMBSを吸収するためと、2012年12月まで続けていたツイストオペで売却対象の3年未満のFRB保有国債がなくなったため長期国債買入れだけを続けていたもので、最初から「応急措置だった」はずです。

 ECBの量的緩和とは、2011年12月と2012年2月に合計1兆ユーロの資金を域内の銀行に供給した信用不安対策で、その残高も直近では5600億ユーロまで減少しています。

 つまりECBは今まで景気対策のための量的緩和は行っておらず、これからも行いません。

 FRBは「量的緩和が終了しても、短期金利をゼロ近辺に維持する金融緩和は相当期間続ける」と強調しており、ECBも昨年11月に利下げ(政策金利を0.25%)は行っています。

 つまりFRBはこれから、ECBはもとより、政策金利(短期金利)を低めにする「本来の金融緩和」に集中し、経済に悪影響のある「金融抑圧」を回避するため長期資産の購入(量的緩和)を控えるのです。

 つまり金融緩和と量的緩和は全く別の概念です。

 金融緩和で短期金利をゼロ近辺にして長期金利を「自然体」にしてこそ、利ザヤが確保されて経済に好影響を与えます。

 その中で日銀だけが「異次元」量的緩和を続け、さらに追加量的緩和にまで踏み切り、「金融抑圧」を維持・強化するのです。

 ここからの量的緩和(金融抑圧)は日本経済にマイナス効果しか与えないはずです。

 しかし聡明な元大蔵官僚である黒田日銀総裁が、その矛盾を認識していないはずがありません。

 ここまで考えると、そもそも昨年4月に導入された日銀の「異次元」量的緩和とは、「金融抑圧」を長期間続けて民間から政府に巨額の富を移転させ、増税と同じ効果を上げるための財務省の深謀遠慮だったとまで考えたくなります。

 

 純粋な安倍首相を焚き付けて、見事に消費増税に加えて「実質大増税」を実施していたことになります。

 本日の日経平均の大幅下落は、その辺りを暗示しているような気がします。

 ーーーーーーーーーーーーーー

 この国内経済に限定すれば闇株新聞氏のいうとおりだ。

 ただ、国際間資本移動を考えると、さらに非常に危険な政策である。

 上に引用した週刊ダイヤモンドのMINI COLUMNが述べているが、名目金利を強引に抑制して実質金利をマイナスにすると諸外国(欧米)の金利動向によって大規模な資本流出を引き起こす。

 実は既に始まっていますが。今のところは欧米からも入っているので柔らかく相殺されています。

 戦後の世界経済とは全く異なり、現代世界は各国の資本異動にはほぼ制限がありません。

 そして、米国はこれから、EUはすでに長期金利を自然体に戻すわけですから、日本の「金融抑圧」は格好の餌食となるわけです。

 欧米のエコノミストが黒田を褒めるのは、無理もありません。
#40154 既報ですが
バークレイズは2014年度の金価格を1オンス1310ドルと珍しくポジティブに予想価格を設定しています。スイス国立銀行はフラン建てゴールドの値下がりで150億フランの評価損を抱え、90億スイスフラン、約1兆400億円の赤字に転落しています。産金会社も採算割れの産金価格。この歪は何れ思わぬ価格の修正となるはずです。個人的にも既にゴールドの現物不足は始まっているとの考えです。
#40155 トーキョーゴルドフェスティバル
2月11日火曜祝日 品川にて 定員480名参加無料 事前申込制

重要な一年の年のはじめに如何でしょう。
#40158 No title
大事なコピペさん、マザーアースさん、おはようございます。

大事なコピペさん、正論ですね。だが、金利を通常の状態に戻すのは簡単な事ではない。どうなるかね。

マザーアースさん、イマイチ強気と言えるレベルではないですね。残念ながら今年もゴールドフェスティバルは欠席です。
#40160 銀行は自分だちが詐欺師だと説明したくない。
金価格ですか?
銀行さんとか株屋さんは金が上昇するなど
口が裂けても言いたくないでしょうネ。
理由を説明したら自分たちは詐欺師だと説明する
ことになりますから・・・・・。

ドルの崩壊までは下落傾向でしょうネ。
市場介入していますので・・・。
崩壊すればすべてがご破算なので上昇でしょう。

ドルの崩壊はあります。
なぜか? 果てしなく市場介入することは不可能です。
また現在のように世界の実態経済の3倍の量の
紙幣が行き来するのも異常です。
果てしなく紙幣を発行し続けて紙幣の価値が
そのままとゆうこともありえません。

アメリカは200年分の紙幣発行量と同等の量を
2年または1年半で発行しています。
ですので、
アメリカのインフレが進行すると破綻。
サウジアラビアが金でしか石油を売らないと言えば破綻。
もう数カ国がアメリカに預けてある金を返してくれと言えば破綻。
現在のようにNYダウが何年も好調を続けるのは異常ですが、
なにかの拍子に下落すれば、暴落して破綻。
米国債の金利が上昇すれば破綻。
中国が大量に米国債を売れば破綻。
金の現物がなくなり、comexで現物が手配できなくなれば破綻。
米国予算が執行されなければ破綻。
まあざっと見てもこれだけ破綻のきっかけがあるので、
じっくりまちます。

今年かどうかはわかりませんが、2年半以内と妄想しています。
今年の最安値を6月後半から7月前半と読んでいるので、
とりあえずそれに向けての準備をします。

今年の一番の破綻月は9月と読んでいますが、
カンですので・・・。
#40162 通貨発行権を民間銀行から剥奪すべき。
株にしても商品にしても、国際金融資本の都合のいいように動かされていると考えます。化けの皮が剥がれないように必死に取り繕っているのでしょうが、そのうち剥がれます。子供銀行のようにお札を輪転機でジャブジャブに刷り誤魔化しているのでしょうが、信用構造で成り立っている現在の貨幣制度の矛盾に気づき始めている人も多いと思います。いつ崩壊するか、それだけです。
#40165 No title
picachu1234さん、KUROOさん、こんばんは。

つまるところが通貨発行権を中央銀行から剥奪せよと言うところに行き着く。この世界がどういうところに落ち着くのか実に興味深い。
#40166 No title
 今年は政治的事件でいろいろなものが動くと判断している。
中東はサウジとイランでしょう。それにイスラエルが絡む。極東は朝鮮問題でしょう。
 日銀は腹をくくって、国債を買い上げると決めたと見ている。問題は事件が起きた時、金は上昇するか下落するか?
リーマンのときは下落した。今回はいかが展開するか?
 我国の上層部は常識を失っているとkenjiは判断している。
困った時は常識にかえることだがその常識が頭の中から失われているが、実際はそれが存在して、それにもとずいて、物事は動く。起きることしか起きず、できることしかできない。
 その昔、排水をしなければならなくなり、事前にその排水路を考えて、行ったが、水は自ら見て低いところしか流れず、予定した排水路へはいかず、<おれって、ほんとにあたまがわるいなあ>と思い、水は低いところへ最初に行くということが実際にはわかっていなかった。
 この手の誤判はおおく、起きることしか起きず、できることしかできないということを理解することは難しいがそこには法則がある。水は低いところへ最初に流れて、排水路と名前を付けられているところへはいかない。水は低いところへ流れるということを前提につくた排水路が排水路という名前二値する。
 皆さん、気をつけるように。
一月5万円を稼ぐことが今年の目標です。
#40168 No title
中東情勢、特にイラン情勢に関してはイスラエル、サウジアラビアがアメリカを裏切る可能性もあると思います。イランに対する攻撃に消極的なアメリカ、軍事費の問題もあるのでしょうが、反イランのサウジアラビアが石油代金ドル決済拒否ということもありえるのでは?となれば金はブルなんですがね。
#40171 No title
kenjiさん、Steinさん、こんばんは。

相場をいつも思わぬ方向に動いてきた。そして世も思わぬ方向へと動くかも知れない。不透明な世の中ほど住み心地の悪いものはない。

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する