QE縮小の余波はこれからだが・・・

ダウは上昇し、ゴールドは下落した。その後、ゴールドは持ち直し1200ドルを回復するに至った。しかし、わずかな縮小ではあったが、QE縮小の本当の余波が訪れるのはこれからだろう。FRBのバランスシートはすでに4兆ドルに届く。また、経済は依然として脆弱であり、力強さがあったわけではなかった。来年2月には再び債務上限問題に突き当たる。この判断で良かったかどうかは後にならないと分からない。むしろ再びQE拡大するようなことになるとメンツは丸つぶれである。今回の判断にはそういったリスクがあると思っている。
関連記事
スポンサーサイト

トラックバック一覧

コメント一覧

#39841 No title
ゴジラ様

我々は損をしてもお金を失うだけだけど、彼らは負けたら命を失いますからそりゃ必死でしょう。死物狂いのカルト信者(金融に於ける)ほど怖いものはない。
#39842 管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
#39843 No title
何も書いていないことと同じですが、何か大きな戦略の開始の合図ではないでしょうか?
 金は上がるよ。そうで無いと売りのチャンスが来ないという手前勝手な見方?
#39844 No title
みなさん、こんばんは。

今回のQE縮小は無理がある気がします。年明けには何か綻びるんじゃないでしょうか。そんな気がしています。
#39845 【皆さん強気で、頼もしい】
コレより下だと、産金コスト割れするので鉱山会社自身も
ヘッジでショートし始めるやも知れん。ダダ下がりになる。

QEテーパについては、なにやらゾロゾロ但し書きがついてて、
経済状況次第で臨機応変に対応するとある。この市場重視・
対話路線が好感されて、本来は縮小でダウが下がるところを
逆に上げているらしい。

さらに米はシェール資源業界が活況で、原油価格を下げてる
始末。来年はサウジを抜いて世界一らしい。とにかく地面を
掘れば本当の富が出てくるんだから、一部のビンボー人達の
惨状を見るだけだと米国の本当の姿は理解できない。

未来の日本国民に課せられた異次元の弩借金を、さらに積み
増すらしい。強烈な円キャリーがドライブされ、縮小の米国
の高い金利に吸い寄せられるハズ。(日本が米国債を買増し)


なんか、とてもGOLDの出番となる必要性を感じられない。
チャートもダマシを入れて、落ちるナイフ状態。
値ごろ感で買うシロートがまだまだ多くいる。

私はチョーチョー弱気です。しばらく様子見で何もしません。
チキンで御免なさい。


#39846 いつもいつも超弱気で暴言に近い事を書いている人がいますが
そんなに黄色い石ころなんか落ちる落ちるとばかり言うくらいなら、先物で全力売り仕掛けてればいいのに。
#39847 インフレ~
 日銀の本音はインフレですね
 あの借金を、イギリスみたいに何年もかけてインフレで実質減らす
 ただ、イギリスはそれなりの経済成長をしていましたからね
 これからの日本は人口は減るし、経済成長は見込めない
 いきつくところは、多くの人が、経済的余裕がなく蓄財もゼロに近
 いといったところになりますね
 ガイトナーはこのシナリオの第一段階が実行された(311人工地震)
 のを知り、あのような言葉が出たのでしょう
 確かにもはやどうしようもない~私が財務省の役人でも、インフレと
 増税を基本にソフトランディングをめざします
 アメリカ資本は、日本より冨をどんどん吸い上げていますが、仮にこ
 れを止めれたとしても、根本の問題は同じままです
 ただ、我が家では、今後現収入の30%ダウンがくるぞという理解が得
 られています(妻と子供たち)
 まあ、運が良ければ買い込んだゴールドが守ってくれるでしょうが、
 みなさんはいかがですか ?





#39848 No title
こんにちは、皆さん、ゴジラさん。

こちらアメリカは皆クリスマスで盛り上がっていますが、たぶん皆クレジットカードで借金をして2008年以前のようにお金を遣いまくっている事のように思われます。
先日、私の知人が非常に体の容態が悪く緊急病院に行ったら彼に保険〔先日彼は健康保険会社からキャンセルされたため)がないことと支払いをできるだけの能力があるかどうか確認できないために薬の処方箋だけをもらい追い返され、病院側に”保険がないのに二度とここに来るな!”と忠告されたそうです。これからも(特に来年から)アメリカではこういった
人が予想では9200万人ほどになると言われています。それでも、アメリカのメディアでは”経済は上向き、金融危機は去った!だからもう大丈夫”とQE縮小の話題性もあってかテレビで言っています。本当にそうなのでしょうか?先日あることを思ったのですが、15年ぐらい前の世界の金融資産(テリバディブ市場も含めて)1京円(100兆ドル)だったのがいまでは10京円(1000兆ドル)ぐらいに膨らみました。それはたぶんラリー、サマー氏とティムシー、ガイトナー氏がテリバディブのレバレッジ規制を排除したからだと思いますが、今回したに添付した記事のようにBISのバーゼル3規制のビックバンクのレバレッジ規制(バンクの持っている本資本金に対しての倍率)などにより急激に縮小されると思われます。でもこれだけ大膨張したでデリバディブ市場に規制をかければ莫大なリスクが生じると思います。今までのバンクの収益(デリバディブ市場からの)が激変すればもう10京円に近い資金が吹っ飛べばリーマンショックの比ではないでしょう。特にこれからQE縮小によりアメリカの10年国債の金利が上昇することになるでしょう。金利のデリバディブ市場は441兆ドル。デリバディブ市場は取引をしている間は架空のお金と同じですがそのお金を現金化して収益にしたりそれによって損失が出た場合は当たり前の事ですが実際の資金と変わるので本当に世界の国々の実物資産など資金を集めてもまかなえないでしょうね。本当に金融の原子爆弾です。

アメリカでも最近は乱射事件や凶悪犯罪が前よりも多発しています。

オバマケアが始まる来年からはいろんな意味でもっと悪化すると考えられます。

日本でもあのレストラン業界1のマクドナルドが営業利益を200億円予想から115億円へ、純益を117億円予想から50億円へ、それぞれ引き下げているみたいで、アベノミックスと言って騒いでいましたが、来年からの消費税の増税、政府のきちがいじみた法律、秘密保護法などでいろいろと不信を抱く人達が出てきて消費を押さえ込むのではないでしょうか?
とにかく世界中、不安定になってきた今、2014年はいろいろな面でもっと不安定かつ危険のなってくると思われます。

私はそれに備えて待つだけです。

http://www.bloomberg.com/news/2013-12-18/fed-said-to-delay-bank-leverage-cap-until-basel-completed.html
#39849 No title
みなさん、おはようございます。

コメントは建設的であることが望ましいのは正直なところです。弱気すぎると見ている人もめげますからね。

スーさんの引用は興味深いですね。バーゼルⅢをすっかり忘れていたが、果たして現実に引き戻せるのか疑問はある。
#39850 限界はどこか
例えば、サラ金から30万借りた、利子が一割ついたが返せないので、別のサラ金から40万借りて33万返し、7万小遣いに。この程度は可能だけど、コレを繰り返して、一億と利子が返せないので、別のサラ金から一億二千万借りて、一億一千万返して一千万は懐に、ということは普通の人には無理でそれまでに限界が来るでしょう。
自転車操業のアメリカ経済がいつ破綻するのか、サラ金にはまった人と同じで自己破産以外にのこされた手は無いけど、なまじ頭がよくて権力を持っているばかりに、とことんまで行くんじゃないかと思ってます。
#39854 No title
nozomingさん、こんばんは。

限界はどこだろうと言いながらここまで来た。この奥の深さには敬服する。

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する