今どこにいるのか?

Dennis.jpg

テーパリングは始まったが、本当に経済は上向いたのだろうか?否定的な見方はそれなりに存在する。バーナンキは自分の任期中にテーパリングを開始したかったのかもしれない。経済指標はマチマチで完全な回復を示してはいないが、一部では良く見えるものもある。今回のテーパリングの地点を1987年当時と準える見方があるが、似ているということだろう。そしてFRB議長の交代期にそういったことが起こりやすいというトラウマもある。さて、我々はどこに立っているのだろうか?
関連記事
スポンサーサイト

トラックバック一覧

コメント一覧

#39831 管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
#39832 No title
○○さん、おはようございます。

私も方向性としては同じです。
#39833 紙幣の死 を待ちます。ヾ(@⌒ー⌒@)ノ
1984年ですか?

そうではないでしょうネ。
1971年になるか1970年かでしょうが、
1984年はもう金融の混乱は収束して新し秩序が
できた年ですから、そうはいかないでしょう。

小生が妄想しているのは紙幣の死ですから、
1984年はそのようなことはどこの国にも起きませんでした。

なにか一つでもFrbの思いどうりに行かなければ
紙幣の死ですから・・・。

Frbが先延ばしすればするほど、そして金銀の
市場介入をすればするほど、小生は大きな利益が
手に入るとゆうことですから、じっくりと
現物をため、来るべき日に備えます。

ハイエナ・ハートで行きます。(((o(*゚▽゚*)o)))

金と銀、いつ貯めるの、今でしょ。
#39838 No title
picachu1234さん、こんばんは。

紙幣の死待ちですか。完全に死ぬかな?とも思っていますが、ゴールドバグの一部にはこの論者はいる。
#39839 No title
ゴールドマンによると金相場が来年末までに1050ドル
まで下がるらしいのでその辺が底でしょうか、さらに
底があるのでしょうか。
こうなりゃ一気に下がってもらって買い場を提供していただきたいもんです。

http://www.bloomberg.co.jp/news/123-MY2LGH6VDKJI01.html
#39840 No title
ジェットジャガーコガネムシさん、こんばんは。

そこまでショートするという宣言のような感じもしますが、動じるわけにはいきません。もしそこまで行くのならバリックは死んでいるかもしれませんね。誰が屍を拾うのか興味深いが。
#39851 No title
ゴジラさん

バリックが死ぬような状況で生き残れる金鉱山会社はあるのでしょうか?ニューモントやゴールドコープあたりでしょうか?

業界の雄であるバリックが死んだ時に生き残れる金鉱山会社が想像がつきません。財務面等含めて生き残れそうな金鉱会社を教えてください。
#39855 No title
川崎さん、こんばんは。

ちょっと言いすぎましたね。最初は産金コストの高い南アフリカやオーストラリアの鉱山が干上がるでしょう。バリックの耐性はもう少しあると思います。ご心配なく。
#39857 No title
ゴジラさん
ありがとうございました。

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する