銀行による2014年金価格予想

銀行による2014年金価格予想は渋い。今に始まったことではないが、相変わらず弱気のままである。シティバンクは2014年の平均価格を1255ドルとしている。現状レベルで推移するということのようだ。UBSも1200ドル前後のようだ。スタンダードチャータードも1200ドル予想で米国の金利上昇の圧迫を受けると言う。バンクオブアメリカは1294ドルで少し良いがしれてますね。コメルツはちょっと良くて1400ドルに達することがあるかもと言ってます。ゴールドマン·サックスは1275ドルですが、1050ドルへの暴落の可能性を示唆している。総じて弱気と捉えてよいと思いますが、現状レベルに留めるのが限界なのではなかろうか?私は需給的に見てポジティブと思います。また、2月に米債務問題再燃もあります。世界的な金融緩和の行き先は何処か?不透明な世の中になりましたね。
関連記事
スポンサーサイト

トラックバック一覧

コメント一覧

#39751
総悲観の予想はとてもいい状況だと思ってます。

だって、あとは好転するしかないのだから。買える余力だっていっぱい残してるだろうし。

総楽観の時が怖いんだけどね。
#39757 No title
ゆうすけさん、こんばんは。

確かに総楽観時の怖さはない。

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する