追い剥ぎ行為だな

ゴールドマン・サックスとバンク・オブ・アメリカを含むウォール街の金融機関は外貨準備 不足に直面するベネズエラに対して米ドル確保を支援する取引を提案しているようだ。ゴールドマンがベネズエラに提案したスワップ取引では中央銀行が保有する18億5000万ドル(約1880億円)相当のゴールドを担保に16億8000万ドルの現金を融資する。ベネズエラは消費するモノのほぼ4分の3を輸入に頼っているためドル不足は致命的だ。そこで米銀がゴールドを担保にしたスワップ取引を提案している。あからさまに追い剥ぎ行為だと思われるが、根こそぎ持っていかれる可能性があるな。ギリシャの二の舞になったりはしないだろうか?
関連記事
スポンサーサイト

トラックバック一覧

コメント一覧

#39578 No title
こんばんは
その件はよく確認はしてないのですが、ベネズエラの中央銀行の総裁が否定したようです。
ベネズエラはなんといっても原油輸出の経常黒字国ですからね。
実際、外貨準備のドルが減ったとしても、他でいくらでもドルは工面できるようですよ。
中国が貸してくれるでしょうし、ハイエナのようなGSやバンカメに借りるほど落ちぶれてないでしょう。
ドルの強さと金の弱さを演出するためのデマゴーグにすぎないと思います。
#39579 No title
緑の蛙さん、こんばんは。

デカデカと出ていましたが、ハッタリですか。手が込んでるね。
#39580 No title
東南アジアの某国が出てきそうな雰囲気ですね。あとB...が出てきそうな。まだ役不足ということもあるかも。でも、メヒコは㌦が通用しないそうです。アナーキーでは有るそうですが。
#39581 No title
東南アジアの某国が出てきそうな雰囲気ですね。あとB...が出てきそうな。まだ役不足ということもあるかも。でも、メヒコはどるが通用しないそうです。しちゃかめっちゃかでは有るそうですが。ついでに。コメント拒否がありました。
#39583 No title
pontaさん、おはようございます。

このエントリーははじかれるんだな。触れちゃいけない話題なんだね。

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する